知らなかったカーボベルデ

2012.7.28

ロンドンオリンピックが始まった。
けさテレビで開会式を見た。
選手入場はいろんな国が現れるので地理のお勉強には役に立つ。
「えーーっとどこにあったかなぁ・・・アフリカだったかなぁカリブ海だったかなぁ」と自信のない国も結構あったが,いずれも名前だけは聞いたことがあった。

しかしその中で1つ,カボベルデというのは聞いたことがなくショックだった。
テレビ画面では Cape Verde と書いてあった。

ロンドンオリンピック入場シーン
カーボベルデ選手団の入場 (NHKテレビから)

Cape はケープで「岬」という意味だろうけど、なんでこの綴りで「カボ」ベルデとなるのか。
実況アナウンサーは「アフリカ沖,大西洋上の島国」と言っていた。
そんな国があったこと、知らなかったことが恥ずかしい。

さっそく調べてみると独立は1975年とかなり古い。人口は52万人で決して少なくない。
日本語表記はカボベルデじゃなくて「カーボベルデ」と書くという。
Cape はケープなのになぜカーボと濁るのか。
調べてみると英語では「Cape Verde」だが現地語(ポルトガル語)では「Cabo Verde」。
それをカタカナにして「カーボベルデ」となるらしい。

なお調べていくうちに別のうんちくも分かってきた。
まず、「ベルデ岬」という岬はこの国(カーボベルデ)には存在しない。
実際には 570km も東のアフリカ大陸にある。
そのアフリカ大陸最西端は、岬の名前は「アルマディ岬」(Pointe des Almadies)と言って「ベルデ岬」ではない。
じゃー「ベルデ岬」はと探してみたら「アルマディ岬」から僅か 4km ほど南東の海岸にやや突き出た岩のかたまりだった。
そこがほんとの「ベルデ岬」だ。
本当にややこしい。
アフリカ最南端はバスコ・ダ・ガマの航海で有名な「喜望峰」ではないのと似た話か。
(本当の最南端はアガラス岬という。)

ポルトガル語の Verde は緑という意味。15世紀の大航海時代、ポルトガルのエンリケ航海王子の船団がアフリカ沿岸に沿って遠征していたときサハラ砂漠沿岸は緑がなかったのにここに至って初めて植物の茂る岬を見て「緑の岬」と名付けたというが、岩の塊のベルデ岬を見るとマユツバな話だなぁと思った。

話が脱線したが、ロンドンオリンピックの入場式に話を戻す。

その他の国名では「コンゴ共和国」と「コンゴ民主共和国」,「ドミニカ」「ドミニカ共和国」と並立しているのも面白い。
お互い名前を譲らなかったなのだろうか。
入場の順は国名のABC順だが,北朝鮮は North Korea でなく Democratic People's Republic of Korea で D のところだった。まぁこれは Korea (韓国)と区別する意味で仕方ないか。
マケドニアは M ではなく Former Yugoslav Republic of Macedonia で F のところだった。なぜか分からない。調べてみたら隣国ギリシアがマケドニアという国名を認めず、国名が定まらないらしい。これも勉強になった。

参加 205 か国・地域(実際は204か国・地域 + 個人 Independent of Olympic Athletes)と聞いて,なんでそんなに多いのかおかしいと思っていたら Hong Kong や Taiwan(Chinese Taipei)、さらにプエルトリコやパレスチナも1つの国・地域として登場していた。Taiwan の旗は国旗ではないと思うが、デザインが資生堂の花椿マークに似ていた。

最後に選手入場(入場式)は英語でなんて言うのかなと調べてみたら Athletes Parade というらしい。ま,そうなんだけどなんかしっくりこないなぁ。

2012.7.28











新種のオノマトペ

2012.7.21

きょう京浜東北線の車内で面白い広告を見つけた。
モノクロ写真にカタカナで
ペターンコハッタラ
ズッコンピー

Hisamitsu のロゴがあるので、貼り薬で有名な九州の製薬会社の新しい貼り薬の宣伝広告だとスグわかった。

ペターンコハッタラ ズッコンピー
こちらは2週間前、2015.7.12 16:00 PMズッコンピーは新種のオノマトペか
広告効果のほどはどうなんだろ

ペターンコは「貼る」という行為のオノマトペだと分かるがズッコンピーはちょっと意味不明だ。
日本人として長らく生きてきたがズッコンピーというオノマトペは聞いたことがない。
広告主が故意に意味不明のオノマトペを発明して世間の注目を浴びようとしたのか。
意味としては <すぐに効いて(痛みが)スーッとする> ようなところか。

広告学はシロウトの私には、この新種のオノマトペによる広告効果のほどはよくわからない。
日本語には実に無数のオノマトペが存在し、それが表現豊かな日本語のひとつの特徴になっている。
オノマトペなくして日本語は成り立たない。
でも、もっと他にマシなオノマトペ或いは形容詞を発明してもよかったのではないかと思った。

いろいろ考えさせられた広告だった。
乗車中の退屈しのぎにはよかった。

2012.7.21












富士山見えた

2012.7.16

私の住んでいる埼玉東部からでも富士山は冬ならよく見える。
冬,天気がいいと朝の通勤のとき伊勢崎線の車窓から雪をいただいた富士山,夕方はシルエットの富士山が見えることがある。
でも夏場は非常に珍しいと思う。

けさ8時頃新見沼大橋バイパス(越谷市と浦和区をむすぶ)を通ったときに正面に見えた。カメラを持ち合わせていなかったのでケータイ電話のカメラで片手運転で急いで撮ったのであまりうまく撮れてないが,道路真正面のやや右に見えるのが富士山だ。
(カメラのレンズが広角なので遠くのものはかなり小さく写る)

富士山見えた
富士山が見えるとなぜかうれしくなる

残雪が数本の白い縦線で見られた程度なので,雪をいただいた冬姿と比べると神々しさが少し足りない気がする。
でもうれしかった。

江戸時代以前,この辺りは利根川と荒川が数年おきに流路を変える二大河川の氾濫原だったろう。
江戸時代になって利根川を銚子方面に流し,荒川を整備して一面田んぼの穀倉地帯となった。
従って山がなくて殺風景だったが見晴らしはよかったはずだ。
南西に富士山,西に秩父連山,北に日光連山,北東に筑波山。
特に富士山と筑波山は独立峰なので目立っただろう。
江戸(いまの東京)には「富士見坂」「富士見町」という地名がいまも数多く残っている。
富士見は「不死身」に通じるので縁起がいいとされたらしい。
豊臣秀吉が京都伏見に伏見城を築いたのも伏見が「不死身」に通じるからだと聞いたことがある。

富士山は形がいいうえに縁起もいい,ありがたい存在だ。
進駐軍は日本の象徴をフジヤマ・ゲイシャと呼んで親しんだ。
古橋が優勝したとき 【注】 彼はフジヤマのトビウオといわれたが,最近ではナデシコジャパンにサムライジャパンだ。フジヤマもあまり大事にされなくなってきたのか。淋しい。
【注】 終戦直後の1949年(昭和24年)アメリカ・ロサンゼルスの全米水上選手権大会で日本人の古橋広之進が1500メートル自由型で世界新記録をだして優勝した。

2012.7.16













不思議な言い間違い

2012.7.10

私の名は岡本だが「岡村さん」と言い間違えられる経験が年に1~2回はある。
下はきょう私宛てに来たEメールだ。

岡村さん宛てのEメール
よくある間違い
またきょうもあった
なぜ起こるのか不思議だ

以前から経験しているがどうして言い間違えられるのがいまだに原因不明だ。
尤も私のカゲがそれだけ薄いということなら納得だが(笑)。

年に1~2回何度もあるということは何か原因(法則)がありそうだ。
両方とも「岡」で始まっているから似ていると言えば似ているが,それなら福山さんと福島さん,大下さんと大村さんなど他にも例はいくらでもある。福山さんや大下さん或いは福島さんや大村さんに言い間違えられたことがあるか一度聞いてみたい。

「岡」の次の音が「ま行」で「二音」という共通点はある。
どうもその辺がキーのようだ。
余談だか「おかもとさん」と発音しないで「おかもっさん」という人も10人に一人ぐらいはある。
岡本が発音しにくいのかもわからない。
岡村の方が言い易いので”つい”「岡村さん」となるのかもわからない。
岡村さんが逆に「岡本さん」と言い間違えられていないなら,岡村が言い易く,岡本が発音しにくいということになりそうだ。

◆◆◆◆◆◆◆◆

なお「おかもっさん」と発音されるのは言い間違いじゃなくて音便変化という現象と思われる。
例えば「58分」を「ごじゅーはちふん」ではなく「ごじゅーはっぷん」と促音になる現象だ。

◆◆◆◆◆◆◆◆

ついでに,いまテレビで「ごじゅーはっぷん」となまるアナウンサーは多い。おそらく10人中8~9人のように思う。
アナウンサーを職業にする人は正しい日本語で「ごじゅーはちふん」とキッチリ言ってほしい。
「おかもとさん」を「おかもっさん」と言われても別にどうとも思わないが,「ごじゅーはっぷん」と言われるとすごく気になる。
この間違いを正す同僚や上司もいまの放送局にはいないのか。
嘆かわしい。

2012.7.10














レジはセルフで

2012.7.5

ウチの近くのスーパー。
3年ほど前にオープンしたときからセルフレジはあった。

きょう行ったらセルフレジが倍増されていて驚いた。
1コーナーにセルフレジは6端末あるが、今回もう1コーナー増えてセルフレジは合計12端末になった。
お蔭で6レーンあった有人レジは4レーンとなってしまった。

従来のセルフ6:有人6 が セルフ12:有人4となったのだ。

レジはセルフで
時代の流れだなぁ
レジも自分でやる時代。長生きしたもんだ。

昔はナショナル金銭登録機という会社名でもわかるとおり人間が金額を打ち込んでいた。
ガチャガチャ・・・チーンという音もなつかしい。
そもそもスーパーなんてのもなかった。
それがいつの頃からかバーコードで金額を(品名も)読み込むようになり,いまやお客がレジをしてお金も自分で精算する時代。
今後は,商品をカートに入れただけで計算してくれるようになるらしい。
人生わずか70年の間にえらい変わりようだ。

店員の給料を減らして,代わりにレジ機を購入か。
世知辛い世の中になったもんだ。

◆◆◆◆◆◆◆◆

余談だがこの店のセルフレジには「くまさんレジ」「ぞうさんレジ」「キリンさんレジ」と名前がついている。
今回一挙に6端末増えたので動物がなくなり「イルカさん」と魚(?)まで総動員されていた。
面白くて 思わず笑いがこみあげてきた。

2012.7.5













筆者のプロフィール ↓

shochan31

Author:shochan31
名前が しょうじ なので障子が背景となっている。ペンネームはアルファベットで shochan(しょうじの愛称)だが数字 31 の由来は不明だ。

最近書いた記事 ↓
月別アーカイブ ↓
このブログ内を検索できます ↓
管理者専用 ↓