常磐線に乗る

2013.5.27

きょうは仕事で茨城県土浦市へ行った。
最寄りの駅はJR常磐線神立(かんだつ)駅。
訪問先の会社の人も、往く道を電話で私に説明いただいたとき「神立は“かんだつ”と読みます」とわざわざ言っておられた。
駅から乗ったタクシーの運転手さんも「神立」は読めないでしょと言っておられた。
神立は読み方が難しいというので有名なのか。
確かにちょっと読みにくい。


常磐線・神立駅

ついでに言うと、私の住んでいる京都からJR東海道線で大阪に向かう途中「神足」という、難読駅名では必ず引き合いに出される駅がある。答えは“こうたり”。
でも最近余り聞かないなと思って調べてみたら、駅の名前が変わっていまは「長岡京」になっているとのこと。
そう言えば最近余り聞かないと思ったわ。惜しい !

私にとって常磐線はホントに久し振りだった。
途中で「ひたちのうしく」という駅にでくわした。

h_ushiku48.jpg
常磐線・ひたちのうしく駅に停車中

常磐線でも「日立」はまだずっと先なのに「日立の牛久」ってなんかおかしいなぁ、どんな漢字を書くんだろ、と思っていたら「ひたち野うしく」なんだそうだ。
あ、そうか。ここ茨城県は常陸(ひたち)の国だ。
「ひたち野」は多分この辺りを都市開発してニュータウンを作ったときにつけた名前だろうなぁと想像した。
牛久までひらがなにすることもなかったと思う。
でも「ひたち」がひらがなで「牛久」が漢字じゃバランスがとれないんだろう。・・・・・。

その次の駅名が「荒川沖」。
陸地の中なのに「沖」とはちょっと怪訝な感じ。
その上、この辺に荒川は流れていない。あれは埼玉から東京方面だ。
でも荒川沖は非常に個性的な名前で印象に残る名前だ。なにか(いわ)れがあるんだろ。
最近「東」だの「西」だのと投げやりな感じでつけた没個性的な名前が横行している。
その最たるものが、北浦和、南浦和、西浦和、東浦和(そして武蔵浦和)だ。
みごとに東西南北そろってる。うっかりすると間違えてしまう。
以前私が越谷に住んでいたときも困惑した記憶がある。
そんな中で荒川沖は一段と輝いている。
好感が持てた。

そもそも、名前は他と区別するためにある。
しかるに個性的であるべきだ !!

・・・そんなとりとめもないことを考えているうちに、2駅で目的の「神立」に着いた。

ウチに帰ってこのブログを書くためパソコンで「かんだつ」と入力したら、一発で「神立」が出てきた。
さすが Microsoft IMEだ。

2013.5.27












多い外人

2013.5.26

京都の北の郊外に鞍馬(くらま)というところがある。
牛若丸が天狗に武術を教えてもらったところだ。
そこに温泉があるという。
ひらがなで書いて「くらま温泉」
昔、私が子供の頃はなかったと思うが、評判がよさそうなので行ってみた。

朝10時オープン早々に行ったら「すでに4人入っておられます」とのこと。
浴槽にいた若者に「朝早いと空いてていいですね」と声をかけたが返事がなく行ってしまった。
話し声を聞いていると韓国人らしい。
日本語ができないから逃げて行ったのか、若者3人組は向うの別の浴槽で韓国語で雑笑している。

くらま温泉
2013.5.26
フレッシュな若葉の色も目に優しい

先日も京都・東山に花見に出かけたとき、カメラのシャッターを押してもらおうと声を掛けたら中国人だった。
東洋系は顔立ちだけではよく分からないので、うっかり話しかけられない。
尤も、中国人とは英語でコミュニケートできたが、今回はダメだった。
最近の京都は外人がヤタラと多い。

温泉で一風呂浴びてバスを待っていたら外人(こちらは西洋系)4人組がいた。
聞いてみたら、この温泉宿(くらま温泉)に3泊しているという。
へー、そんなに見るモノもないこんなところで3連泊!
驚くやら感心するやら。

彼らは、きのうは鞍馬の隣の(電車の)駅から山に入った貴船(きぶね)に行ったというし、きょうは鞍馬から貴船まで山越えのハイキングだそうだ。

2013.5.26






買わなきゃ当たらない

2013.5.17

きょう、仕事で東京へ行った。
昼休みの時間帯、有楽町の駅前を通ったら黄色のジャンパーに黄色のホットパンツの若い女性が「本日発売」と書いた黄色い箱の上に立ってマイク片手に「きょうは大安吉日です(注)」「きょうドリームジャンボ(宝くじ)が発売されました」「1等、1億円が161本!」「是非お買い求めください」と宝くじを宣伝していた。
注)ウチに帰ってカレンダーで確かめたら本当にきょうは大安だった。

きょうドリームジャンボの発売日で~す
JR山手線 有楽町駅前で

続々と人が窓口に集まっていった。(よくは見なかったが多分宝くじを買ったんだと思う)
なかなか人気のある宝くじ売り場だ。

宝くじは私も人に勧められて1~2回買ったことがあるが、いつも最下等だった。(10枚に1枚は当たるようになっていた。)
宝くじはお金集めのために行われているものと聞いている。
販売額の半分は主催者(地方自治体?)の収入になるらしい。
ということは、こちらがもらう賞金は残りの半分ということになる。

当選金額1億円』 は大した金額だ。
「庶民の夢」という言葉がぴったりだ。
1億円はまさに “射幸心” を煽り立てるフレーズだ。
それが161本!
そんなに出るんなら当たりそうだ。
買わなきゃ当たらないから買う。・・・という訳だが・・・

でも主催者(地方自治体?)に貢いでいるようなもんだ。
私はついそんな冷めた見方をしてしまうので、勧められても余り買う気になれない。

お店の看板を見てたら黄色と赤の原色で 「3億円×3本、9億円見事大的中!」 などとでかでか書き出されている。
この売り場からそんな当たりくじが出たのか。
普通なら「スゴイなぁ」と思うが、たくさんの枚数を売りさばくから当選の確率も高くなる。当選の確率も高くなるからたくさんの枚数が売れるという好循環になるので、有楽町であろうともどんな片田舎であろうとも、1枚当たりの当選確率は全く平等のはずである。
きょうドリームジャンボの発売日で~す
などといくら講釈を垂れようが、とにかく買わなきゃ当たらない。
だから私はいつまでたっても1億円を手にすることができない。(泣)

◆◆◆◆◆◆◆◆◆


宝くじ売り場を去ろうとしたとき、路上に出されたテーブルの上で、カードに塗られた灰色の塗料をコインか何かでにごしごし削っている人を見かけた。すごく熱心に集中されているようだったが、思い切って聞いてみた。
「これですか。これスクラッチですよ。1枚200円ですよ」と私にもやってみたらどうかと勧める口ぶりだった。ルールも分からないし「あーそーですか」と言って、看板の写真だけ撮ってその場を立ち去った。
そんなに熱中することがあってうらやましい。

スクラッチというゲーム(これも宝くじ?)があるのは知らなかった。

2013.5.17







錯覚した粋(いき)なドア

2013.5.16

きょう、がん検診のため病院に行った。
その入口のドアを見て一瞬錯覚した。

の写真を見てほしい。
左右の格子状のところが壁で、真ん中の透明な所が出入口だと思った。
でもそれは私の錯覚で、格子状のところが出入口なのだ。

よく見れば、格子は京都の風情(ふぜい)にマッチするよう凝ってつけられたデザインだ。
私はその風情を理解できず、一瞬「通行止め」を想像して(ここは通れないんだ)と思ってしまったのだった。

と思ってしばらく立ち止まって、その凝ったドアのデザインを鑑賞していた。
そしたら女性が来て真ん中の透明な所から入ろうとされた。
ほほー、錯覚するのは私だけじゃぁなかったのだ !!


2013.5.16

よく見れば、格子ドアの前には足ふきマットが敷かれているし、格子がデザインだという感性があれば、間違いなくドアから入れる。
下の男性は間違っていない。
尤もこの男性はいつもこの病院に通っている常連かもわからないが・・・。


2013.5.16

格子の(いき)なデザインを一瞬に感じられなかった私が恥ずかしかった。

2013.5.16






葵祭

2013.5.15

先日、京都・今宮神社のお祭りを見たことを書いた。 (こちら、2013.5.12

きょうは下鴨神社・上賀茂神社のお祭り 「葵祭(あおい・まつり)」 を見に行った。


2013.5.15

今宮神社のお祭りは、氏神さまが神輿(みこし)にかつがれて街を練り歩くというものだった。
きょうの 「葵祭」 は賀茂の神々の(たた)りを鎮めるために勅使(ちょくし)(天皇の使い)が賀茂の神社に捧げものを届ける行列だそうだ。

「葵祭」 を見るのは初めてだ。
よく 『王朝絵巻』 と形容されるが、確かに見ごたえはある。
今宮神社のお祭りは庶民のお祭りだが、こちらはおごそかで威厳があった。

紫式部が書いた小説「源氏物語」に車争(くるまあらそ)いのエピソードがある。
「葵祭」(当時は賀茂の祭といったらしい)の行列に加わっている光源氏を見ようと、正妻と愛人が見物席の場所取りで争うという面白い場面だ。 【注:葵の上、六条の御息所】
正確には、葵祭の行列ではなく、葵祭の斎院(さいいん)御禊(ごけい)(みそぎ)に行く行列のときのハプニングらしいが)

当時は人口も少なく、見物に押し合いへし合いという混雑もなかったと思うが、恋のさや当てが高じてけんかになったのだろう。
今日では当時とは比べ物にならない位の見物人の数だが、押し合いへし合いということもなく、椅子に座ってゆっくり鑑賞できた。

2013.5.15






氏神さん

2013.5.12

きょうは私の住んでいる京都・西陣(にしじん)地区の氏神(うじがみ)さん、今宮(いまみや)神社のお祭り、正確には「還幸祭(かんこうさい)」だった。
神輿(みこし)に乗って「お旅所(たびしょ)」に出張されていたご神体が「本社」(今宮神社)に戻られる日だ。(※注: 出張されたのは5月5日で、それは神幸祭という。)
還幸祭は伝統的には毎年5月15日と決まっていて、私の子供のころは5月15日に剣(ほこ)・山鉾・獅子舞・子供神輿・牛車(ぎっしゃ)の祭列のあとにお神輿(みこ)っさんが巡行したものだ。
その後いつの頃からか斎行が5月15日に近い日曜に変わったらしい。
子供のころから50年ほど京都をルスにしていたので、還幸祭の巡行、普通は「今宮さんのお祭り」というが、これを見るのは久しぶりだった。

神輿は3基あって、大きいのは重さ2トン。京都の神輿の中では一番大きくて重いといわれている。
余り重いのでかつぐわけにもいかないので台車に載せて引っ張っている。
ただし道中で1箇所、ウチの近くの『千本中立売』という交差点では神輿をかつぎあげるというので見に行った。

まず最初の神輿。台車を外してかつぎあげ、交差点ではワッショワッショと振って一周した。

お神輿のかつぎあげ
京都市上京区千本中立売の辻で

神さんが乗っておられるという神輿を乱暴にあつかう祭りは日本全国でみられる。
中には海に放り投げるとか、ぶつけるとか、あがめてるのか遊んでるのかよくわからない。
でも不思議なモンで、しずしずとお通りいただくよりずっと親しみがわく。

きょうの“神輿かつぎ”はまだ穏やかだった。
神輿が重すぎて勝手気ままに扱えないのかもわからない。
次の2基めの神輿はどうなるんだろと見ていたら、台車に載せたまま通過していった。
3基めも同じだった。
聞いてみると2基め3基めはさきほどの1基めよりずっと重くて大きく、かつげないらしい。
一体中に何が詰まっているんだろ。

地元の見物人の話だと、伝統のお祭りも結構変化があるらしい。
お稚児さんの舞を道中で披露していたが、それはほんの2~3年前からするようになったのだという。
陽が落ちたあとの神輿には提灯を飾って火を入れ,松明(たいまつ)を先頭に進んでいったが、松明は去年、80年ぶりに復活したのだという。
そういえば宮司さんは行列の最後に衣冠束帯姿でオープンカーに乗っておられた。

何百年も歴史のあるお祭りだが、変化を恐れずいろいろな取り組みがされているらしい。
それが伝統を継承する秘訣かも分からない。
そんなことを思いながら神輿を見送った。
辺りが暗くなり、松明の火が遠ざかっていった。

2013.5.12











夢のある話

2013.5.7

きょうの夕刊を開いたら「伝説のアトランティスついに!?」という記事が目に飛びこんできた。
子供のころからアトランティス大陸の話は幾度となく聞かされ、夢をかきたてられてきた。
我々のいまの科学では説明できない超古代文明の話であり、何かの文明の痕跡が伝わったのかもわからないと思っていた。
日本経済新聞 2013.5.7 夕刊 p.14とはいうものの、海没したというのは人類の記憶に残っている出来事だから、エジプト・ギザのピラミッドが4,500年前だから、単純に2倍して、古くても1万年をさかのぼることはないだろう。

夕刊の記事【写真・右】 によると、大西洋の海底(水深910メートル)で『陸地でしか組成されない花崗岩(かこうがん)が大量に見つかった』ので、この場所に陸地があったことが分かった。というもの。通過した船が落した可能性もあったが今回の調査で見つかったのは『高さ・幅それぞれ約10メートルの岩の崖』というから調査は慎重だったようだ。

ただ、今回の調査ではこの花崗岩の崖は数千年前のものと推定されるという。

いまでは誰でも知っている『大陸移動説』。
南アメリカ大陸の右側の海岸線とアフリカ大陸の左側の海岸線を寄せるとくっつく。
両方の大陸が別れたのは1億年以上前といわれるらしいので、数千年前というなら、何かの事情で海没が遅れたのだろう。
実際そこは大西洋の真ん中で「リオグランデ海膨(かいぼう)」(台地の形をした海底)と呼ばれる浅い部分だった。

せっかくの夢のある話に水を差すようで申し訳ないが、今回発見の『陸地の痕跡』は恐らくそういった状況でできたんだろう。

「伝説のアトランティスついに!?」の見出しにつられて読んだが、記事(共同電)も抑えた書き方をしてあった。
マスコミはとかくセンセーショナルになりがちだが、共同通信記者の観点に感心した。

しかし超古代文明の話はいつも興味を惹く。
夕食後の格好の話題だった。

2013.5.7













つつじの名所

2013.5.5

『きょうのわたし』は京都市の東山のふもとにある蹴上(けあげ)浄水場のつつじ見物。

普段は一般公開しない公共施設を花の季節に限って公開して花を楽しんでもらうというイベントでは、桜の頃の大阪・造幣局の“通り抜け”が有名だが、京都ではつつじの頃に蹴上浄水場を一般公開してつつじを見てもらおうというのが年中行事として有名だ。
だから蹴上浄水場は京都ではつつじの名所として有名だ。

ゴールデンウイークの5月3日から6日まで4日間だけ一般公開されるというので出かけてみた。

つつじの見ごろにはまだ早かった
滋賀県の琵琶湖から取り込んだ水はこの浄水場で浄化され、京都市民の水道の水となる

東山の斜面にある貯水槽や浄化槽(沈殿槽)のまわりなど、施設内にはつつじが 4,600 本もあるという。
しかし余り咲いていないのでがっかりした。
近づいてよくみるとほとんどつぼみか、全くつぼみの付いてないものまである。
一般公開が早すぎたようだ。
今年は咲くのが例年より遅いのか。

ちょうど去年の今頃、当時埼玉にいた私は東京・文京区にある根津(ねづ)神社のつつじを見に行ったことがある。
斜面に一面つつじが植えられている光景はこの蹴上浄水場とよく似ているのでつい思い出したが、根津神社のつつじは見ごたえがあった。
楽しみに来たのに残念だった。

帰りに、蹴上浄水場の近くの老舗(しにせ)のおうどん屋さんに寄ってみた。

行列のできるうどん屋さん
行列のできるうどん屋さん

私のお目当てのおうどん屋さんに行ったら、なんとその隣にもう一軒おうどん屋さんがあって、おうどん屋さんが2軒隣り合っているのにおどろいた。
しかも、午後3時半というオフの時間なのに2軒ともこの行列。
私が入ったお目当てのおうどん屋さんは「うどん」「そば」を出していた。まあこれが普通だ。
帰りがけに隣の店頭を見たら「当店はうどんのみでそばはありません」との張り紙。
そしてまだ長い行列が続いていた。
どこで誰から評判を聞いてきたのか、この店はどんなにウマイおうどんを出すのか。
こんどはお隣のおうどん屋さんに来てみたくなった。
『きょうのわたし』でした。

2013.5.5














筆者のプロフィール ↓

shochan31

Author:shochan31
名前が しょうじ なので障子が背景となっている。ペンネームはアルファベットで shochan(しょうじの愛称)だが数字 31 の由来は不明だ。

最近書いた記事 ↓
月別アーカイブ ↓
このブログ内を検索できます ↓
管理者専用 ↓