心なごむ美術館

2014.1.30

きょう東京へ行った。
ちょっと時間が余ったのでインターネットでどこかいいとこないか探した。

すると「(さと)さくら美術館」というところで『桜の饗宴』という展覧会をやっているのが目に留まった。
春の満開のころは心穏やかならずウキウキしてしまう私なので、『 の饗宴』というのがえらく気になった。
しかも美術館の名前まで「郷 さくら 美術館」というではないか。

さらに、場所は地下鉄中目黒駅からスグのようだ。(地名では(かみ)目黒となるのだが)
きょうのようにちょっと時間が余ったときには便利だ。
そこでさっそく行ってみた。

郷さくら美術館
郷さくら美術館 2階 『桜の饗宴』展示フロア

館主(コレクター)はどなたか存じ上げないが、現代日本画、具体的には昭和生まれの画家の作品(日本画)を収集されているコレクターのようだ。
その収蔵品(コレクション)の中から桜にちなむ作品を常設展示されているらしい。

券桜の絵は全部で11点あり、大作ぞろいだった。
それぞれ画材(対象)や画風(描き方)はまちまちだが、いずれも桜を題材にしており、どれも心なごむ絵ばかりだった。

ちょうど絵を鑑賞中の女性 がおられたので聞いてみると、茨城県から来られた母娘(おやこ)で、お母さんの方がいま日本画の勉強中だという。
師事されている先生の絵が展示されているので見に来られたという。
私は絵はシロートだが、しばし絵画談義に花が咲き楽しいひとときを過ごさせてもらった。

※ 美術館では「神仏が宿る(とき)」というテーマで、宗教の祈りや祭やなどをテーマにした日本画も多数展示されていた。(1階と3階の展示室で)
こちらもみなそれぞれいい(穏やかな)絵で心がなごんだ。

館主(コレクター)の人柄がにじみ出たすばらしい『私設』美術館だった。
果たしてどういう方なのか。美術館パンフレットにもインターネットのホームページにも書かれていない。
(美術館の受付の方とも話したが、そのときは聞きそびれた)
どんな方が館主(コレクター)なのか知りたくなった。
ひょっとしてお名前が(さと)さんだったりして・・・

2014.1.30
---------------------------------------

追記 2014.2.7

コレクターが分かった。
残念ながら(さと)さんではなかった。
四家雄二さんという方だ。
読み方は「しけ」さんか「よつや」さんのどちらかだろうと思うが今のところ断定はできない。
四家さんはホンダベルノ郡山 〔ホンダ車のディーラー〕 やコマツ福島 〔コマツの建設機械を販売・サポートする会社〕 の社長を務められた実業家だそうだ。
いつ頃から日本画の収集を始められたか分からないか、2006年に地元郡山に「郷さくら美術館」を、2012年にこの目黒に「郷さくら美術館」東京館をオープンされたという。

2014.2.7









日本の誇るシステム

2014.1.30

きょう新幹線で東京へ行った。
終着の東京駅で下車した隣りのホームには後続の列車の到着を待つピンクの上衣をまとった女性職員がズラーと並んで待っていた。
到着した列車内の椅子の向きを変え、枕カバーを替え、社内のごみを片付けて清掃し、折り返しの列車に仕立て直すスタッフだ。
あぁこれが『日本の誇るシステム』だと思って写真を撮ろうとしていたら、ちょうどそこに列車が滑り込んできた。
そこですかさずパチリ。

終着駅東京に列車が到着する
到着する列車を待つ職員さんたち
クリックすると別の画面で拡大画像が見られます

私の乗ってきた車両には、このような職員が待っていなかったので「車庫入り」するのかと思うが、こちらは「折り返し車両」なんだろう。
この場合は時間が限られているのでテキパキ作業する必要がある。
人数も多からず少なからず、適切配置されているんだろう。
経験を積み重ねた結果の貴重なノウハウだ。

このシステムは海外からとても注目されているらしい。
日本の新幹線を海外に輸出するとき、車両運行システムだけでなく、このような車内清掃システムも輸出してほしいと先方から言われたというような話も聞く。
果たして外人にこんな芸当はできるだろうか。

日本の誇るべきシステムだ。
感激する。

2014.1.30





日本の新聞は

2014.1.28

きょうの京都新聞朝刊トップ記事で、「文部科学省は、中高生向け教科書の『解説書』で尖閣・竹島は我が国の領土だと明記することを決め、きょう全国に通知する」との報道があった。

我が国政府は、竹島を李承晩ライン以来62年間も放置してきた。
政府の不作為は責められるべきだし、遅きに失している。
何をいまさら・・・の思いだ。

しかし、遅きに失したとは言え頑張ってほしい。
そんな気持ちで紙面に目をやった。

記事を読んでいくうちに
「『解説書』の変更は10年ごとで、次は2016年の予定なのに、その前に変更するのは異例だ」
「中国と韓国の反発は必至だ」
という表現があった。

けさの新聞トップ記事

こんなこと書かれたら政府もやりにくいだろうな・・・ と可哀そうになった。

新聞でこういう批判的な書き方はよく見る。
しかしこんなことを書くのは一体どこの国の新聞か なぁーと思う。
日本の新聞は不偏不党、公正を旨とすると言われている。
そのせいか常に両方の意見を併記する。
しかし「中国と韓国の反発は必至だ」と書くことはないと思う。
まるで反発を歓迎しているような口ぶりだ。
敵を利するとはこのことだ。
こんなことを書くから、彼の国では「あ、日本は反発を覚悟している」「反発してやれ !」と思ってしまう。

記事はまた、安倍政権は領土問題に「強硬姿勢」と書いている。
「強硬姿勢」は悪いという書き方だ。
私も安倍政権は「強硬姿勢」だとは思うが、蔭から「強硬姿勢」を温かく見守るくらいの度量がほしい。
新聞トップ記事で声高に叫ぶことはないだろう。
どこの国の新聞記事かと思う。
頑張っている政府が可哀そうだ。

不偏不党、公正を旨とする日本の新聞論調はいまに始まったことではないが、なんとかならないか。
こういう風潮に失望した。
---------------------------------------

追記
日本に大和政権が確立する前は出雲、備前、九州などの国々が乱立していた。
(同じ「国」という表現でもいまの「国」の概念とは異なる)
その頃は朝鮮半島と本州、九州は「一衣帯水」で国境もあるやなしやの状態だったと思う。
だから竹島も日本のものとも朝鮮のものとも定まっていなかったと思う。
しかし国境がはっきりしてきたのちは、竹島は日本人漁師の基地になってきたいきさつがある。
だから、素直に考えたら、竹島は日本に属する。
朝鮮人は竹島に飽き足らず対馬まで自分たちの領土だと主張しているという。
『言ったもん勝ち』の世の中か。
まったく常軌を逸している。

2014.1.28












釣られて入ってしまいそう

2014.1.22

きょう東京・大森駅近くで 『一軒め酒場』 という名前の飲み屋さんを見つけた。

つい釣られて入ってしまいそうな名前だ。
うまい命名だなと感心して思わずニヤリとした。
記念に写真を1枚撮らせてもらった。

釣られて入ってしまいそうな飲み屋さん
2014.1.22 12:58 PM

駅前なので夕方勤め帰りの人たちが名前に釣られてついフラフラと入ってしまうんだろうなぁと想像した。
いまはまだ真っ昼間なのに、見ればもう 「営業中」 の札が出ていた。
気が早い。
でも今はまだ釣られる人もなさそうだった。

2014.1.22















解体された 渋谷 東急東横店

2014.1.22

東京の繁華街のひとつ 『渋谷』。
渋谷駅(JR、東急、地下鉄)が再開発されているのは知っているし、ヒカリエに行ったこともあった。

きょう東京に行く用事があって、久しぶりに、電車を乗り継ぐので渋谷駅を通ったら工事の板囲いがしてあった。
東急東横店のあった場所なので、多分取り壊されたんだろうな・・・と思って回り道して見てみた。

東急百貨店東横店東館 東北コーナーで
2014.1.22 12:14 PM
2027年完了予定らしいが私はそれまで生きているかどうか

やっぱり東急百貨店東横店東館は完全に姿を消していた。
東横のれん街もなくなったようだ。
ヒカリエに登って確認した。
東急渋谷駅の、特徴あるアーチ形の屋根もなくなっていた。

ヒカリエ 4F から
2014.1.22 14:36 PM ヒカリエ 4F から

私は1960年から2年間、1969年から2年間東京に住んでいたことがあり、渋谷もちょくちょく行くことがあった。
渋谷駅は“(地下を走るはずの)地下鉄が高架で走る” “鉄道がビルの中を走る”といった複雑な構造をしているので、私にとって『渋谷』はとても印象深い存在だった。

この再開発で渋谷駅独特の複雑な構造がスッキリするプランも聞いている。
再開発はいいことに違いないが、昔が失われる淋しさはある。
・・・な~んてことを言うと「歳やなぁ」と笑われる。

といっても、私が東京に来た1960年にはすでに 「恋文横丁」 はなかった。
童謡 「春の小川」 は大正時代の渋谷川を歌ったものだそうだが私が東京に来た1960年にはすでにドブ川だった。
東京は変化が激しいな・・・と改めて思った。

2014.1.22














雪だるま

2014.1.19


未明に起きたとき、聞こえてくる音の気配で 「外は雨かな」 と思っていたが、外は見なかった。
起きてみると庭に雪が積っていた。
大したことはないが、この冬初めての積雪だ。

有名な 『北越(ほくえつ)雪譜(せっぷ)』 には、雪国の人々が雪との厳しい闘いに耐えながら生活している様子が描かれており、そのような地方の方には申し訳ないいい方だが、私にとってはなぜか積雪を見るとうれしくなる。

珍しいということもあろう。
雪の白さが≪清潔≫≪潔白≫を表わしているせいかもわからない。

とりあえずカメラを持って京都御苑(きょうとぎょえん)に行ってみた。

モミジの枝
2014.1.19 8:10 AM

これは御苑内にある近衛邸跡地の風景。
やや薄日が射してきた。

積雪
2014.1.19 8:28 AM

一方こちらは建礼門の前、向うに京都・東山連峰の大文字(もんじ)山がみえる。
静かな朝である。

近くでは雪だるまを作る父娘(?夫婦かも) がいた。
聞いてみたら 「博多から出張で来た」 という。

雪だるまが出来あがった
2014.1.19 08:31 AM

男性の方は短ずぼん姿だったので私が驚いたら 「寒さは平気です」 と笑っていた。
「(出来あがりが)なんか宇宙人みたいだなぁ」 と言いながら作品をスマートフォンで写真を撮って行かれた。

そのうちまたちらちらと雪が降ってきた。
写真を撮る私の手がかじかんできて指先の感覚がなくなってきた。
「かじかむ」 って英語でなんていうんかなぁ と思いながらウチに帰った。

2014.1.19





節分そば

2014.1.16

きょうウチの近くのスーパーでショッピングしていたら 「節分(せつぶん)そば」 というコトバが耳に留まり、おやッと思った。
それは店内の天井からつるしたディスプレーモニターで節分の由来や節分に食べる食材を説明していて、その中に「節分そば」が出てきたのだった。 (

よく聞き取れなかったので、モニターのところに戻り一人最初からじっくり聞きなおしてみた。
熱心に聞いているのは私一人で、他のお客は素知らぬ顔(の様子)だった。

節分の由来や節分に食べる食材を説明していた
店内のディスプレーでは節分の由来や節分に食べる食材を説明していた

節分とは ・・・ の説明に続き、いわしと(ひいらぎ)、豆まき、巻きずし(恵方(えほう)巻き)ときた次にお待ちかね「節分そば」というのが出てきた。
立春の前日が節分で、年越しに当るから、ちょうど「年越しそば」のようなものだという説明。
う~ん、なるほど。
でも「節分そば」って聞いたことないなぁ~

かつてこのブログで「年明けうどん」のことを書いた。
    【⇒ こちら 2012.12.27 をクリックすると別の画面で開きます。】
あれは日本冷凍めん協会と年明けうどん普及委員会という二つの団体が打ち出した新しい年中行事だった。

「節分そば」 も多分これと同様にそば業者の拡販キャンペーンかもわからない。
でも、節分とは ・・・ の説明といっしょにやんわりと訴えている。
これは面白いと思い、ウチにカメラを取りに帰って撮ったのがこの写真。

ディスプレーに映る節分そばの説明
ディスプレーに映る節分そばの説明

しかしウチに帰って調べてみたら、なんと今の風習つまり12月31日に食べる「年越しそば」より歴史は古く、江戸時代には「年越しそば」は節分に食べるそばだったという。
へぇ~ 意外だったが、よく考えたら当たり前だ。

スーパーで流している情報も意外にタメになる。

2014.1.16



【過去の関連記事】 スーパー「ライフ」の店内で
ほほえましい誤り(2022.7.28) 土用の期間
節分そば(2014.1.16) 節分そば







大腸内視鏡検査 体験記

2014.1.15

きょうウチの近くの病院で大腸内視鏡検査(+ポリープ切除)を受けた。
肛門から内視鏡(ファイバースコープ)を大腸まで入れていくのだが、とにかくかった

実は私は大腸内視鏡検査(+ポリープ切除)は2回目。
前回は3年前に当時住んでいた埼玉県の病院でしてもらったたが、記憶としては、やや痛くて違和感はあったがそんなではなかったように思う。
ただしそのときは2泊3日の入院で、さらに出血のため(ポリープ切除の影響)3泊4日入院した。

今回は、腸の洗浄剤や下剤の準備は自宅でやればよく、検査予約時間(午後2時半)に行けばOKでとても楽だった。
大腸内視鏡検査を受けられる皆さんへ
しかし今回私がかなり痛い思いをしたので、他の人はどうなんだろうとインターネットを見てみたら、いろいろな体験談があった。

◆ 「トータル2時間半以上も、はらわたをかき回され激痛悶絶を味わった」「じっさいのところ痛いの苦しいの、出産以上の近年最大な修羅場だった」
※ 途中で体温と血圧が低下し悪寒と震えがき、3人の医師が奮闘した体験記。文章の書きぶりからみると筆者は男性のように思った。だから出産の痛みと比較できるのかなぁ~と思ったが・・・。

◆ 「(出産のような)痛みはなくても、ヘンな引き攣れ感とかあってとにかく苦しいね」「体内をかき回されるってうっかりした出産より嫌な汗出るよ しかも痛みも加わるんじゃ自分の体験より数段キツイ」
※ こちらの筆者は女性らしい。

◆ 「最初は痛みも感じないまま曲がり角に差し掛かったときにかなりの痛さを感じました。看護婦さんもお腹を抑えたりゆっくり息をしてはいてと繰り返し言ってくれますが痛さは強烈です。そしてもう一つの曲がり角も同じ状態でした。」
※ この筆者はかなりの痛さ、痛さは強烈、と書いている。

◆ 「痛くなかったのは始めの5~10分間位で、あとの1時間はまさに激痛の繰り返しでした」「もう二度と受けたくありません」

私は30~40分くらいだったかと思うが、私もけっこう痛くて思わず痛い!とかイテテ!とかウッ~!!とか言葉にならない声を出してしまった。
鎮静剤を点滴してもらっているにも拘らずだ。
私が余り痛がると医師が手を止めて「いま何もやってないんですが痛いですか?腸の方が勝手に動くんでしょうね」と。
私の腸も困ったもんだが・・・。
「息を静かに」と言われても自然に息は荒くなる。
足の指をバタバタさせて痛みを紛らわそうとしてもほとんど効果なし。
看護婦さんが脚をさすってくれても効果なし。

私の感想も上の人と同じで、もう二度と受けたくない。
全身麻酔して行う方法もあるらしいから、次回は(もしするなら)それを希望してみようかな・・・ と思った。

---------------------------------------

でもこういった記事は少数派で、体験記の大部分は「楽だった」というもの。例えば・・・
◆ 「確かに角にくると『イテテ・・・』となったけど、看護婦さんがお腹を押しながら無事終点まで到着」「そこから少し空気を入れながら、そして内視鏡を抜きながら見て行く」「また小さなポリープ発見 そのまま切除 何も感じなかった」
◆ 「あっという間でした 先生が上手だったのか、鎮静剤が良かったのか」
◆ 「麻酔は使用しないため、いつ痛くなるか、いつ痛くなるかと構えていましたが、いっこうに痛くなりません」「特に何も感じないまま『はい、難関を超えました」と言われ、え?と拍子抜けしてしまいました」「少しお腹が張るようなポコポコしたような感じがあっただけで 特に痛くはありませんでした」「こんなに痛くないなら毎年受けてもよいと思いました」
腸管洗浄剤ムーベン
むしろ多くの体験談では「検査数日前くらいから繊維質の多いものを食べないように」配慮するなどの苦労や「腸管洗浄剤【写真 】が飲みにくかった」とこぼしていた。

私の場合は食事(食材)の制限や特別食の指定もなく、ただ前日夕方7時以降絶食する(ただし飴や蜂蜜などOK)だけ。
都合で前日の午後3時くらいから何も食べなかったがまぁ大丈夫だった。
私は飢餓には強いのかも。
腸管洗浄剤(ムーベン2リットル)も別にどーってことなくスイスイ飲めた。
検査開始までは何の問題もナシ。

---------------------------------------

う~ん、言いたくはないけどやっぱり医師の手技が下手だったのか。
体験記に「(検査後)ガスが出なくてお腹が痛かった」というのがあったが私はおならが出なかった。
ということは、ひょっとしてガスなして内視鏡を突っ込まれたのか。
前回3年前のときはテレビモニターを見られたが今回はそれもなし。
最後に「ポリープをとりました」とだけ聞かされた。(検査と聞いていたので、写真を「撮りました」なのかと思って医師に聞き直したら、切除で「取りました」の意味だった)

検査後やっと食事にありつけたところで疲れが出たので、少し休んだ(寝た)。
それでこんな遅い時間にこのブログを書いている。
書きながらでも痛かったあのときが思いだされる・・・ あ~つらかった。
まあ、大腸がんで死ぬよりはましか、ってとこ。

2014.1.15








戯(ざ)れ事じゃ

2014.1.12

きょう所用があって京都市内に自転車を走らせていたら人だかりがあった。
鳥居があるから神社だとわかった。

へぇー こんなとこに神社があったかなぁ・・・
私は結構京都市内を知っているつもりだったが、こんな神社があるとは知らなかった。
『御金神社』 とあるからピーンと来た。
(かね)の神さんや !!
人だかりの理由もスグわかった。

金ピカの鳥居から境内に入る
初詣客で賑わう御金神社は京都市内の閑静な住宅街 マンションの谷間にある

まぁどんな神社なのかハナシの種に自転車を止めて入ってみた。
鳥居からして金ピカだ。
社殿の屋根瓦ひとつひとつにも「金」マーク。
提灯にも「金」マーク。

社殿の屋根瓦の「金」マークもお見事
社殿の屋根瓦ひとつひとつにも「金」マーク
提灯にも「金」マーク

こりゃ まじめを通り越して、()(ごと)の世界だ。
思わず吹き出してしまった。

参拝者に聞いてみたら 「テレビでやっていた」 からという。
パワースポットとでも紹介されたんだろうか。
それで野次馬が駆け付けたという図らしい。

絵馬も面白い。(絵馬がイチョウの葉の形をしているのは社殿奥にあるイチョウの巨木にちなむらしい)
『宝くじ 1等が当たりますように』
その他お(かね)のお願いごとばかり。
でもまぁ、願い事としては順当だが、願うほうだってマジメじゃなくて、()(ごと)だろう。

誰でもお金に不自由はしたくないが・・・
お金の願いごとを書いた絵馬

ところで 『御金神社』 は 「おかねじんじゃ」 じゃなくて 「みかねじんじゃ」 と読むんだそうだ。
そりゃそうだろう。
お金お金じゃ息がつまりそうだ。
ここはちょっと外して 「みかね」 ときた。
な~るほどね。

2014.1.12














行儀の悪い食べ残し

2014.1.10

私は戦前生まれで、食べ残したらあかんと教えられて育ったし、実際のところ身についているので無意識のうちに実践している。
これは道徳であり倫理の問題だ。

家内がきょう病院で栄養相談を受けてもらってきた説明書をみてびっくりした。
『(外食のとき)丼物 ご飯を 1/3 程度残すのが コツ

食べ残す量を加減するよう勧めている
食べ残す量を加減するよう勧めている
クリックすると別の画面で拡大画像が見られます

説明書には他にもこんなことが書いてある。
『中華麺(を食べるときは) 2/3 まで』
『定食のご飯を 1/2 にしたり・・・』

ご飯を 1/3 程度残すのがコツと書いてある
ご飯を 1/3 程度残すのがコツと書いてある

そういえば食堂なんかで食べ残しているお皿をよくみる。
それを見るといつも 『行儀悪い食べ方やなぁ』 と思っていた。
食べ残した人の人格・品性まで疑いたくなる。

一方で、栄養士の先生方は食べ残しを推奨していたんだ !!
知らなかった。

まぁ、カロリーの()りすぎは肥満のもとだから、食事の量を控えるのは分からんでもない。
でも、食べ残しを推奨するのはよくない。

今後、世界は食糧不足になると言われている。
いまでも世界人口の3分の1は飢えているという報道もある。
賞味期限切れで捨てられる食品、食堂で作ったけど売れなかった食品・・・ どれ位廃棄されてるのか
考えただけでゾーっとする。
そのうえ食べ残しか。
やりきれない気持ちだ。

ときどき食堂なんかで 「 ご飯 半分でいいです 」 とか注文している人がいるが、栄養士の先生方が推奨するとしたらこういう方法じゃないかな。
(要するに、よそうてもろたものを残すんじゃなく、最初から少なくよそってもらう、ってことです。)

あるいは食事を提供する側も 「ご飯半分でいいです」 とかいう注文しても恥ずかしくない雰囲気をつくるべきじゃないかな。

2014.1.10








神さんのお告げ

2014.1.5

きょう京都の平安神宮というお宮に初詣にでかけ、おみくじを引いたら『凶』と出た。

もとより私はおみくじなんか信用していないし、買う(おみくじを引く)気もないが、「大吉」と出た家内の勧めで買って(引いて)みたものだ。

もともと“お遊び”だから『凶』が出たからといって気にしないし、文面を読む気にもならなかったが、ふと文面に目を落とすと「思い上がり」や「過信」を戒めるという内容だった。

自分自身「思い上がり」や「過信」はないものと信じるが、人間は弱いもので、ときとして私が「思い上が」ったり「過信」したりすることがあるかも分からない。

神さんのありがたいお告げと受け止めた。
きょうのわたしでした。

2014.1.5










筆者のプロフィール ↓

shochan31

Author:shochan31
名前が しょうじ なので障子が背景となっている。ペンネームはアルファベットで shochan(しょうじの愛称)だが数字 31 の由来は不明だ。

最近書いた記事 ↓
月別アーカイブ ↓
このブログ内を検索できます ↓
管理者専用 ↓