一番地味な「世界遺産」

2014.6.29

きょう、京都市郊外の宇治市に行った。
ちょっと時間があったので「世界文化遺産」となっている宇治(うじ)(がみ)神社に寄ってみた。

なぜこの神社に行ったかというと・・・

去年、同じ宇治市にある 三室戸寺(みむろどじ) (2013.6.16) にアジサイを見に行ったとき、近くに世界遺産の宇治上神社という神社があることを知った。 
宇治上神社と言われても私自身余りよく知らないし、もちろん行ったこともなかった。
でも世界遺産というからには、一体どんなところなんだろう、とちょっとは興味があった。
それで行ってみる気がした、という訳だ。

宇治駅でもらった観光パンフレットによれば、本殿と拝殿の2棟が国宝で、本殿の方は日本に現存する最古の神社建築物(平安時代)だという。

(なぁんだそれだけか)と思いつつ・・・ 着いたらまず ド でかい石標に驚かされた。

宇治上神社ドでかい石標
石標の裏に「平成九年建之」とあった
世界遺産に決まってから建てられたものらしい

中を進むと小さな石橋があり、その先が神域だ。

宇治上神社に入る石橋

拝殿【写真: 左の建物】は見られたが、本殿は修理中(?)だった。

修理中の本殿
修理中(?)の本殿


国宝と言われるから、へぇーそうか、と思うが、国宝といわれなければ建築史に詳しくない者(=筆者)にとって、どこがいいのかよく分からない。
猫に小判。
やっぱり来るほどの価値はなかった。(と思った)

『古都京都の文化財』として世界遺産になっているのは以下の17か所ある。
  ◆ 上賀茂神社 
  ◆ 下鴨神社
  ◆ 東寺
  ◆ 清水寺
  ◆ 延暦寺
  ◆ 醍醐寺
  ◆ 仁和寺
  ◆ 平等院
  ◆ 宇治上神社      きょう行ったのはここ
  ◆ 高山寺
  ◆ 苔寺
  ◆ 天龍寺
  ◆ 金閣寺
  ◆ 銀閣寺
  ◆ 龍安寺 
  ◆ 西本願寺 
  ◆ 二条城 

これまで行ったことなかったのは宇治上神社と苔寺の2件だったが、これで、あと行ったことのない世界遺産は苔寺だけになった。

苔寺って、スギゴケがいっぱい生えている庭が有名だが、多分それだけだろう。
でもまぁ一見の価値があるのかなぁとも思う。

すると、この宇治上神社は京都の世界遺産 17件 の中では一番地味な物件だなぁ、と思った。

2014.6.29










これは珍品


2014.6.25

いま、「翠玉(すいぎょく)白菜」が日本に来ているという。
これと「肉形石(にくがたいし)」とは故宮(こきゅう)博物館の二大珍品として昔から聞いていた。

てっきり北京(ぺきん)にあると思っていたら、台湾・台北(たいぺー)の故宮博物院に保管されているのだそうだ。
日本画家の平山郁夫さんら日台の関係者が10年以上前から開催実現に奔走し、最終的には台湾の美術品を中国が押収しないような日本の法律を作り、日本に来たという。
「翠玉白菜」が国外に出るのは初めてだそうだ。

ただし、「翠玉白菜」は東京できのう(6月24日)から7月7日までの2週間だけの超 “限定” 公開。
(補足: 「肉形石」も日本に来るが、こちらは九州・福岡で今秋10月の2週間だけだそうだ。)

きょう、ちょうど東京に行くついでがあったので、「翠玉白菜」を見に行ってきた。

翠玉白菜は2週間の限定公開
「翠玉白菜」は東京国立博物館で公開

公開の場所は上野の東京国立博物館。
開館は9時半だけど、混むだろうと思ってその30分前に行ったら、すでにかなりの人が並んでいた。
私も最後尾について、並んで待った。
することないので、周りの人とすぐ話の輪が咲いた。
中には実際台北へ「翠玉白菜」を見に行ったけど、も一度見に来たという熱心な女性もあった。

翠玉白菜は2週間の限定公開
入場券を持ってひたすら待つ

館内に入ってからも延々長蛇の列で待たされ、その間繰り返し繰り返し「翠玉白菜」 の解説ビデオを見せられたので、実物を見る前に、もう「翠玉白菜」を見てしまったような感じになった。
あとは実物がビデオどおりになっているかの確認だけだ。(笑)

翠玉白菜は2週間の限定公開
館内に入ってからも長蛇の列
「翠玉白菜」の解説ビデオを見ながら待つ

そして待つこと1時間40分、やっと「翠玉白菜」にご対面。
高さ(長さ) 19cm の石(翡翠(ひすい)という石)の彫刻だ。

1912年、辛亥(しんがい)革命で清朝が滅び、空になった宮廷の建物(紫禁城)内の文物を調査・整理していたら、「永和宮」という建物からこの石の彫物が見つかったという。
「永和宮」は辛亥革命のときまで、先代の皇帝(光緒帝)の未亡人(瑾妃(きんひ))という人の住まいだったので、この彫刻は瑾妃の持ち物だったと分かるらしいが、作者(彫刻家)の名は分からないという。

白と緑の二色が混ざった大きな翡翠(ひすい)の原石から白菜と白菜に止まるキリギリスとイナゴを彫りだしている。
探しても容易に見つからない珍しい石をうまく利用している。
白菜の葉脈や葉っぱの様子、キリギリスやイナゴの細部にわたるまで彫りだした、非常に手の込んだ芸術品だ。

翡翠には硬い翡翠と軟らかい翡翠があるそうだが、これは硬い翡翠、いわゆる硬玉らしい。
そんな硬い石材にこのような細かい細工をほどこしたのは驚異だ。

解説では『天然素材と至高の技の結晶』と言っていた。

世界の珍品、翠玉白菜
これがあの名品

見終わって館外に出たら「170分待ちです」という表示が出ていた。

わぁ!! 170分待ちだって
「170分待ちです」の看板
・・・ということは2時間50分かぁ

やれやれ。
芸術鑑賞も体力勝負だ。

2014.6.25






聚楽第本丸の石垣 その後

2014.6.21

私は聚楽第(じゅらくてい)の跡地に住んでいる。(京都市上京区)

・・・と言っても、聚楽第のことは義務教育(小中学校)では社会(歴史)の教科書に出てこないので、歴史ファン以外には余り知られていないと思う。

聚楽第は豊臣秀吉が安土桃山時代に京都に作った自分の邸宅、兼迎賓館、兼政治を行ったところで、周りに濠と石垣をめぐらして「お城」みたいだったらしい。
しかし、竣工して僅か8年後に跡形もなく完全に取り壊されてしまって、何も残っていないから世に知られていないのも当然だ。

徹底的に破壊され何も残っていないと思われていた聚楽第だったのに、2012年12月に本丸の石垣が見つかった。
これはオドロキの大事件だった。(少なくとも私にとっては)
しかし、石垣は埋められ、その上に鉄筋コンクリートのアパート建設が始まった。
この辺のことは こちら に書かせてもらった。

きのう夜久しぶりにアパート建設の現場の横を通ったら、工事の覆いがはずされ、アパートには入も住んでいた。

そこできょう明るくなってからもう一度見に行った。
埋められた石垣の場所を示す線が表示されていた。
実際は花崗岩を4個並べて、場所が表示されていた。

この線が聚楽第本丸の石垣が埋まっているところ
この線が聚楽第本丸の石垣が埋まっているところ

アパートは京都府警の待機宿舎なので、土地の管理者たる京都府警の計らいで、この歴史的遺物の()()を表示してくれたようだ。
何もないよりはましだ。
ありがたい。

しかもその右隣りには京都府警の名前で「説明板」も設置されていた。
横に「協力: 京都府教育委員会」と添え書きがあった。

何十万円もすると思われる立派な「説明板」だ。
石垣発掘のときの様子や、聚楽第の平面図(推定)と石垣発見場所(この地点)を示す地図など簡潔に説明してあった。

埋め戻されて残念ではあったが、管理者たる京都府警はできるだけのことはしてくれたようだ。
満足して帰った。

説明板も設置された
聚楽第本丸の石垣が埋まっているところを表示する線の横に説明板も設置された

---------------------------------------

ところで、この土地は京都府警のもの。
説明板協力は京都府の教育委員会。
石垣を発掘したのは『京都府埋蔵文化財調査研究センター』という団体。

通常、京都市内の史跡の説明板(駒札という)は京都市が建てている。
史跡の発掘調査は『京都市埋蔵文化財研究所』が行う。
今回は、京都府に牛耳られて、京都市は出る幕がなかったみたいだ。
面白い。

面白いとばかりは言ってられないのかもわからない。
お隣の大阪府・大阪市は「二重行政」だとして、橋本さんが整理統合を進めようとしている。
ま、ほんとはソレが筋なんだろうなと思った。

2014.6.21









ブラックメール

2014.6.12

新聞報道で、フィッシング詐欺や偽メールなど、相手のアドレスやパスワードを盗む犯罪が横行していると聞く。

きょう私宛に届いたEメールの中に一見しておかしいEメールがあった。
開かないで、プレビューで見てみた。

きょう届いた偽メール
Eメールのプレビュー画面からコピーした

私宛に送っているんだから、私のEメールアドレスの確認なんて不必要のはずなのに・・・

そもそも私は三菱東京UFJ銀行に口座を持っていない。
不審に思って三菱東京UFJ銀行のサイトを見てみたら、6月10日付けで「金融犯罪にご注意ください」という警告が出ていた。
そのサイトに【偽メールの例】として挙がっている画面は 、私が受信したEメールと同じだった。

三菱東京UFJ銀行の警告
三菱東京UFJ銀行のサイトからコピー

そこで念のため三菱東京UFJ銀行に電話した。
対応した人は 『6月10日以来、同様のメールが届いているという報告が多いです』『(発信元の)サーバーの特定はまだできてません』とのことだった。

日本のヤフーだったら yahoo.co.jp となるはずだが、発信元が yahoo.com となっているので、外国からの発信と思われる。
外国だとすると、どこの国なんだろう。
銀行に口座を持ってないような人のEメールアドレスなんぞ確認してどうするんだろう。
私の想像の及ばない悪知恵の持ち主がいるのか。
わからない。

さわらぬ神にたたりなし。
届いたEメールはそっと削除させてもらった。

---------------------------------------

あとでわかったことだが、フィッシング詐欺対策の日本における業界団体である『フィッシング対策協議会』も、この件に関して、6月10日付けで警告を発していた。
警告といっても私を含めて広く行きわたらないから、もどかしい。

2014.6.12

---------------------------------------

追記 2014.6.24

けさ届いたEメールの中に「そな銀行」からEメールが届いていた。
こないだのは「メールアドレスの確認」だったが、今回は「本人認証サービス」。
発信元は、こないだは yahoo.com だったが、今回は yahoo.co.jp 。
でも、デザインは一緒だから、犯人も同一グループに違いない。
発信者の名前が<shin_mri@・・・・・>。

今回は【そな銀行】から
今回は【そな銀行】から


【そな銀行】には思わず噴き出してしまった。
これに引っかかる人はいないと思うが・・・

それにしても懲りずにせっせと送ってくるもんだ。
やっぱり引っかかる人もいるんだろうか。

2014.6.24










遊び心 ?

2014.6.7

きょう、京都市内を流れる鴨川沿いの道を歩いていたら、気になるベンチがあった。


場所は川端通り四条上ルの鴨川沿い

長方形に整形された御影石の上に、まるで座布団のような赤御影石が乱雑に置いてあるのだ。
もちろん置いてあるんではなくて、ちゃんと固定されているんだろうけど。

「気になる」というのは、乱雑に置かれたようになっているから、きれいに並べたくなったからだ。
座布団がこんな状態だったら、すぐ直したくなる。

ん?でもちょっと待てよ。
これは芸術なのだ。(だろう)

公道上なので、このベンチを設置したのは京都市なんだろうけど、発注者の意向か、設置者の芸術心(遊び心)なのか知らないが、こんなベンチをさりげなく置いておくなんぞ、京都らしいなと思った。

でも、ちょっと悪趣味な芸術ではある。

2014.6.7








筆者のプロフィール ↓

shochan31

Author:shochan31
名前が しょうじ なので障子が背景となっている。ペンネームはアルファベットで shochan(しょうじの愛称)だが数字 31 の由来は不明だ。

最近書いた記事 ↓
月別アーカイブ ↓
このブログ内を検索できます ↓
管理者専用 ↓