火事は江戸の華だが

2014.7.21

京都はいま祇園(ぎおん)祭が行われている。

疫病退散を祈願するため9世紀(平安時代)に始まった祭りで、以来1150年の伝統がある。
のちに京都の各町内が山鉾を建て、街中を巡行するようになった。
いまでは山鉾巡行が有名だが、本来は神輿(みこし)などの神事が祭りの中心だそうだ。

山鉾はもともと66基あったらしいが、去年までは32基しなかく、ことし1基増えて33基になったという。

その、ことし増えた1基というのが「大船鉾(おおふねほこ)」。

実はこの「大船鉾」は幕末の1864年(いまから150年前)に京都の大火災で焼けてしまったそうで、焼け残った遺品を保存していたが、ことしやっと復活したという。
このときの火災は、(はまぐり)御門の変のときに敗走する長州勢が放火したのではないかと言われており()、折からの強風にあおられ京都の町の大半を焼き尽くしたという。( 異説もある。)

それ以外にも、応仁の乱(15世紀)、天明の大火(江戸時代中ごろ)など、京都の町を焼き尽くす大火のたびごとに祇園祭の山鉾は焼失したという。
残りの33基は、そういった火災で失われたのだろうか。

よく「火事とけんかは江戸の華」というが、いやいやどうして、京都も火事は多かった。
早い話、皇居(当時は内裏(だいり)と言った)だけとってみてもしょっちゅう焼けている。
     ⇒ 内裏火災年表
原因は火の不始末か不審火かわからないが、京都は火事の町 といっても過言ではない。
でも「京の華」とは決して言えない。

焼けてもまたすぐ建てる。
日本人は根気強いなぁと思う。

閑話休題。
きょう、私は復興なった「大船鉾」を見にいってきた。

復興なった「大船鉾」
2014.7.21 14:30 PM

そして、そんなことを思った。

2014.7.21





【過去の関連記事】 お祭り
火事は江戸の華だが (2014.7.21) 祇園祭、大船鉾
葵祭 (2013.5.15) 葵祭
氏神さん (2013.5.12) 今宮神社













至極当たり前

2014.7.12

きょう午後、ウチにいたら外から絶え間なく大きな叫び声が聞こえてきた。
なんだろうと思って外に出たらデモだった。

ウチの前は路線バスも通るような広い道だが、デモのコースになることはめったにない。
珍しいのでなんのデモかと思った。

街宣車が「シュプレヒコール」「憲法を守ろう」「9条を守ろう」「ノーモアヒロシマ」「ノーモアナガサキ」「ノーモアフクシマ」「核兵器反対」と繰り返しており、それに続く人たちが唱和していた。


2014.7.12 16:00 PM

主張は至極当たり前。
中国人に見せてやりたい光景だ。

ただ、「ノーモアフクシマ」と言われても、大自然の猛威にはどうすることもできないのになー、と思った。
でもよく考えたら、それは「原発反対」という意味らしかった。

うーん、なるほど。
それなら分かる。

難しい問題だが、原発はないに越したことない。
これも至極当たり前の主張だ。
ただ、さしあたり電力をどうするかだ。
電力消費をさらに抑えていくしか当面解決策はなさそうだ。

デモを行っていたのは「京建労」(北支部)という団体の組合員さんたち。
フルネームは全京都建築労働組合。
暑い中をご苦労さんでした。

2014.7.12












たった3日の命

2014.7.12

きょうの朝刊に、鳥取市が決めた鳥取城跡のイメージキャラクターを、公表後たった3日で中止したという記事が載っていた。

そして、そのイラストに見入ってしまった。


日本経済新聞(大阪) 2014.7.10付け 朝刊 p.39

うーん、確かに 「飢餓をちゃかしていて不謹慎」 という意見もよくわかる。
地元の人にしてみれば、兵糧攻めさせられた郷土の歴史はできたら思い出したくもないだろう。

かつ江さんま、「中止」、事実上の 「廃止」 だろうが、穏当な判断だと思う。

ただ、「不謹慎」 かもわからないが、このイラストを描いたイラストレーターの腕はたいしたもんだと、このイラストを何度も見直した。

着古してつんつるてんになってしまった常着(つねぎ)(まと)った女の子。もうカエルしか食べるものがないのか、困窮しきっている。そのカエルも干からびているように見える。女の子は履くものもないらしい。( 左はカラー版)

頬は痩せこけ、顔の表情もゆがんで痛々しい。
正視できない有様だが、イラストにはつい引き込まれる不思議な魅力がある。

この創作性抜群のイラストレーターは鳥取市内の男性だという。(私の第一印象は、作者は女性かな、と思った)

たった3日の命で惜しかったが、このイラストレーターの方の再起を期待したい。

2014.7.12














筆者のプロフィール ↓

shochan31

Author:shochan31
名前が しょうじ なので障子が背景となっている。ペンネームはアルファベットで shochan(しょうじの愛称)だが数字 31 の由来は不明だ。

最近書いた記事 ↓
月別アーカイブ ↓
このブログ内を検索できます ↓
管理者専用 ↓