小田原探訪

2015.11.19

きょうは箱根の強羅(ごうら)に所用があったので、小田原で乗り継いだ。
少し時間の余裕があったので、小田原観光を試みた。
小田原は何度も通過しているが、市内を歩くのは生まれて初めてだった。

まずは駅から歩いて小田原城へ。
本丸へは常盤木(ときわぎ)門から入る。

常盤木門
常盤木門から入る

ところが天守はいま耐震工事中で足場が組まれてシートで覆われていた。
お城のシンボルである天守閣が見られないのは残念だが、これは1960年(昭和35年)にコンクリートで作られたレプリカだ と聞いて、まぁ仕方ないやと自分に言い聞かせた。

天守閣は耐震工事中だった
本丸広場

駅で貰ったパンフレットに 「人車鉄道 小田原駅跡」 というのがあった。
「人車鉄道」って初めて聞く鉄道なので 興味をそそられた。
それで、そちらまで足を延ばした。
明治29年に小田原~熱海間を走った鉄道だという。

当時の東海道線は国府津(こうず)から内陸に入って箱根の山を迂回し、御殿場、沼津というルートを取った。
1934年(昭和9年)に丹那トンネルが開通するまでは、湯河原、熱海といった保養地に行く鉄道がなかったのだ。
蒸気機関車が引く代わりに人が客車を押すというアイデアだ。
それで 「人車鉄道」 というのだが、このアイデアは 『世界でも珍しい鉄道だ』 とパンフレットに書いてある。

正式には「豆相(ずそう)人車鉄道」といったらしい。
「豆」 は伊豆(いず)で、熱海。 「相」 は相模(さがみ)で、小田原。
なるほど。納得。

でも、なぜ国府津から、としなかったのだろう。
東京から熱海へ行くのに不便だったろうな、と思った。

人車鉄道・軽便鉄道 小田原駅跡
人車鉄道・軽便鉄道 小田原駅跡

また、パンフレットには 『坂道にさしかかると乗客も降りて車夫と一緒に客車を押した』 というエピソードが紹介されていた。
まぁ、昔はそんな光景もあったのだろう。

小田原駅跡近くには そんな資料を展示しているお店があったので ちょっと立ち寄ってみた。

人車鉄道展示館
展示館

もうひとつ、小田原から熱海に向かって約4キロほど行ったところを片浦海岸というらしいが、パンフレットには、昭和初期に来日したブルーノ・タウトは 「ここは日本のリビエラだ」 と激賞したとも書いてあった。
へぇー、桂離宮だけじゃ なかったんだ。

「人車鉄道」 はその後明治41年に 「軽便鉄道」 (多分蒸気機関車が引っ張った) となったので、14年間の命だったことになる。

「小田原駅跡」 と言っても石碑があるだけなので、ここは適当に切り上げ、石垣山一夜城跡に向かった。
秀吉が小田原城を攻めたときの前線基地だ。

駅で貰ったパンフレットには、徒歩で上り約50分とあったが、もう余り時間の余裕がないので、タクシーを呼んだ。
運転手さんには駐車場で待っていてもらって、城址に駆け上った。

一夜城歴史公園へ
一夜城歴史公園へ

付近には 「石垣」 に使われていたであろう石の塊が散乱していたが、意外に少なかった。
関東大震災でほとんど崩れたという。
ちなみに、さきほど触れた 「人車鉄道(軽便鉄道)」 も関東大震災で軌道が寸断され、復旧が断念されたという。
関東大震災のスゴさに改めて思いをめぐらした。

石が意外に少ない
城址へ登る道には崩れた石の塊が

さて、小田原城下が見渡せる場所を求めて、とにかく天守台跡まで行ってみた。

天守台跡
天守台跡へ駆け上る

しかし視界がよくない。
出会った人に聞いてみたら、その先に見晴らしの利く場所があるという。

うーん、なるほどここからだと小田原の町がよく見える。
秀吉は家康と小田原城に向かって つれしょん をしながら 「この(いくさ)に勝てば、関東はお主にやろう」 と言った場所はここかな?

小田原方面展望
小田原城を見下ろす
上の写真の小田原方面を拡大すると ↓
小田原方面展望

この前線基地には大阪城から黄金の茶室を運んで来たり、淀君を呼んだり、戦場とは思えないふるまいだ。
そういう点では秀吉は超人だった。
晩年、二男(ひろ)い(秀頼)が生まれてから狂人になってしまったのが(まこと)に惜しい。

待たせてあったタクシーで入生田(いりうだ)へ降りた。

2015.11.19





【過去の関連記事】 見て歩る記 東京&関東編
普段行かない東京 (2015.10.11) 神宮外苑
男性向けのネイルサロン (2014.2.6) 市ヶ谷
心なごむ美術館 (2014.1.30) 目黒
釣られて入ってしまいそう (2014.1.22) 大森
八重洲口のランドマーク (2013.12.2)
常磐線に乗る (2013.5.27)













曲解しない日本人

2015.11.13

京都はいま秋の観光シーズン真っ盛り。
そして いよいよ紅葉の見頃となる。
紅葉の名所で有名な 清水(きよみず)(でら) は人気ナンバーワンなのだろう。

きょう、京都の市バスに乗ったとき、窓ガラスに貼ってあるビラにびっくりした。

あしたから、JR京都駅と清水寺を結ぶ 「シャトルバス」 が運行される。
その 「シャトルバス」 は、五条坂(清水寺の最寄りのバス停ノンストップだと書いてある。
私は 素直(すなお) にそう理解した。


五条坂(清水寺)ノンストップ!

でも それはあり得ない !!!
要するに、ビラに 『五条坂(清水寺)ノンストップ』 と書いてあっても、善良なる 「フツーの」 日本人は
     『五条坂(清水寺) まで ノンストップ』
と理解して、私のように
     『五条坂(清水寺) ノンストップ』
とは曲解しないのだろう。
こんなことでクレームつけるのは、へそ曲がりの私くらいなんだろうなー。

日本人はほんとに心優しい国民だ。

2015.11.13





【過去の関連記事】 ことばの話題、日本語編
曲解しない日本人 (2015.11.13) 清水寺ノンストップ!
「投」薬とは (2015.3.15) 投薬の語源
関西弁を東京で聞く (2013.12.19) おおきに
浅学を恥じる (2013.12.12) 宍粟市の読み方
岡村さん (2013.7.1) 岡本 vs 岡村、続き
森光子さん逝く (2012.11.15) でんぐり返し
後をひかないおいしさ ?(2012.9.17)
取水制限 ? 給水制限 ?(2012.9.12)
新種のオノマトペ (2012.7.21) ペターンコハッタラ ズッコンピー
不思議な言い間違い (2012.7.10) 岡本 vs 岡村
おどろいた (2012.1.8) 本太坂下(浦和の地名)

【過去の関連記事】 ことばの話題、英語編
グルジアがジョージアに(2015.6.15)
恥ずかしい思い(2015.3.28) black tea, Limited Exp.
「飛行速度」を英語でいうと (2012.12.27) Groud Speed
なんでやろ (2012.11.1) will be stopping

【過去の関連記事】 ことばの話題、その他の言語編
初めて見る字母 (2014.3.15)











紫野の義経と弁慶

2015.11.8

きょうはあいにくの雨だったが、義経・弁慶と一緒に紫野(むらさきの)を歩いた。
紫野というのは、いまでは住宅街となった京都市内だが、平安末期は京都(当時は平安京)の北の郊外だった。
義経が生まれ、弁慶と出会ったのがこの辺りだという伝承の地である。

地元のガイドさんに案内してもらった。

義経と弁慶
義経・弁慶は和歌山県田辺市(弁慶の出身地)から来られた
『安宅関』 と同様、ここでも義経役は女性だ


当時、源義朝の別邸がこの地にあり、牛若丸(源義経の幼名)はここで生まれたという。

牛若丸が産湯(うぶゆ)を使ったという井戸と胞衣(えな)を埋めたと伝わる 「胞衣塚」 が、住宅街の中、ここだけ畑が残されている中にあった。
歴史に関心がなければだれも振り返らないようなシロモノだ。

牛若丸産湯井
牛若丸が産湯を使ったという井戸
後ろの方、松の生えているところが胞衣塚

付近には常盤御前(義経の母)が(飲み水やお化粧に)使った井戸や、安産祈願をしたというお地蔵さんを祀ったお寺など、ゆかりのものもあった。

ハイライトは「五条の橋」。
牛若丸が弁慶に出会ったのが 「五条の橋」 (京都の鴨川に架かる橋) と、小さいころから聞かされてきた。
じかし、この話が広まったのは明治時代の童話作家巌谷(いわや)小波(さざなみ)が書いた童話からだという。
実際は、この付近に流れていた有栖川という川に架かっていた 「ごじょうの橋」 (五常とも御浄とも書くらしい) だというのだ。

     牛若丸が生まれたのがこの地だし、武術の稽古に通っていた鞍馬にも近い。
     (鴨川の) 「五条の橋」 だと遠すぎる。


この話は、私が数年前に京都に引っ越してきてから初めて聞いた。
そのときはふーん、そんな話も伝わっているのか・・・ なるほど 一理あるし、おもしろいな、と思った。
しかし、実際にその故地を見たこともなかった。

これが有栖川
これが有栖川

きょうガイドさんに 「これが有栖川です」 と説明してもらった。
なーんだ、大徳寺の横の川じゃないか。へぇー、知らなかった。これが「有栖川」か。

ずいぶと昔の話だし、当時は川幅も広かったのかもわからない。

近くに 「雲林(うりん)院」 というお寺もあった。
ガイドさんによれば、当時は天台宗のお寺だったので、弁慶が延暦寺からこちらに通っていたかもわからないという。
「ごじょうの橋」 もだんだん信憑性を帯びてきた。

弁慶の腰掛石
弁慶の腰掛石

近くの民家の庭には 「弁慶の腰掛石 」と呼ばれる石もあった。
家に上がって見せてもらった。
どういう謂れかわからないが、石のそばギリギリまで家が建てられ、せっかくの史跡も窮屈そうだった。

きょうは行かなかったが、近くには義経を奥州平泉に連れて行った金売吉次の屋敷跡もある。
この辺りは歴史と伝承に(いろど)られた地だった。

2015.11.8





【過去の関連記事】 見て歩る記 京都編(京都府も含む)
紫野の義経と弁慶(2015.11.8) 紫野地区
京都検定のお勉強(2015.11.1) 妙心寺
人気ナンバーワン (2015.10.4) 伏見稲荷大社
巨椋池跡を歩く (2015.9.27) 太閤堤、填島城跡
1年の折り返し(2015.6.30) 白峯神宮
「投」薬とは (2015.3.15) 東福寺
迷路の京都(2015.3.7) 『辻子』
雪で明けた新年の初詣 (2015.1.2) 上賀茂神社
クニッテルフェルド ってなんだ (2014.10.26) 亀岡
火事は江戸の華だが (2014.7.21) 祇園祭 大船鉾
一番地味な「世界遺産」 (2014.6.29) 宇治上神社
目にしみる緑(2014.5.6) 東福寺
濃いピンクの桜(2014.3.21) 一条戻橋
榧(カヤ)の巨木 (2014.3.16) 小野・隨心院
戯れ事じゃ (2014.1.12) 御金神社
向きを変える神さん (2013.12.31) 神泉苑
忠臣蔵 感激の場面(2013.12.14) 山科・岩屋寺
やっぱりカメラは日本メーカー (2013.12.1) 宝巌院
半夏生(はんげしょう) (2013.6.30) 建仁寺 両足院
史跡の再活用 (2013.6.29) 高瀬川一之船入
欲 まる出し (2013.6.16) 三室戸寺
多い外人 (2013.5.26) くらま温泉
つつじの名所 (2013.5.5) 蹴上浄水場
五葉の松 (2013.3.3)梅宮大社
糺の森 (2012.12.16) 河合神社 方丈の庵











ハイテク日本の珍事

2015.11.5

私の家内が1月にNTTドコモショップで買ったタブレットの充電がうまくいかないので、点検に出した。
きょう、NTTドコモショップから『点検が終わった』との連絡を受けて、充電器を取りに行った。 

スタンドのほうはどうもないが、ACアダプターの方がおかしかったので新品と無料交換してくれた。

修理結果票
新品と無料交換するという『修理結果票』

無料交換はありがたいが、メーカーだってそう無暗やたらに新品と交換はしてくれないだろう。
NTTドコモショップの窓口、メーカー(F社)と二重に診断してやっぱりおかしかったのだ。
ハイテク日本では珍しい出来事かもわからないが、製品不良はどこにでもある。

ac_adaptor_837.jpg
スタンドはどうもないのに、ACアダプターは不良品ばっかり

しかし、同じ事故、すなわちACアダプターの不良が10か月に3回となれば、やっぱり珍事と言わざるを得ない。
タブレットを買ったのが今年の1月。付属ACアダプターの不良による新品交換は、3月、4月、そして今回の 10月だ。

ACアダプターって、そんなハイテク製品じゃないと思うけど。

NTTドコモショップの窓口担当者も慎重な言い回しながら「めったにないことです」「他から こんなクレームは聞いたことありません」・・・ と平身低頭。

こんな珍しいことに遭遇する ってことはよっぽど運が悪いのか? 或いは よっぽどツイてる ?? のか。

このブログのタイトルにあるように、人生は短い。でも、不良品に遭遇したら付き合わざるを得ない。
時間のロスはもったいないが、まぁ これも人生だ。
珍事を報告しておく。

これが ハイテク日本の没落 の兆候でないことを祈る。

きょうの私でした。

2015.11.5

---------------------------

追記 2015.12.2

上で 『同じ事故、すなわちACアダプターの不良が10か月に3回となれば、やっぱり珍事と言わざるを得ない』 と書いた。

きのうの晩に充電しておいて けさ見てみたら充電できていなかった。
またもやACアダプターの不良かと思われた。
それで NTTドコモショップ に相談したら、やっぱりACアダプターの不良だという。
同じ事故が 11か月に4回 だ!
珍々事と言わざるを得ない
『よっぽどツイてる』 なんて呑気(のんき)なこと言ってられない !

いったい ハイテク日本 はどうなっているのか。
---------------------------
NTTドコモショップ に、返品と解約を申し出たところ 『返品は受けられない(無料交換しか対応できない)』、『1万円の解約金を支払えば解約できます』 との回答。

こんな不完全な製品を販売しておいて、『1万円の解約金を支払え』 とは何事か!と思ったが、契約なのでこれは仕方ないかも知れない。
それじゃ、解約金を払うけど その代わりに 慰謝料を払え と抗議した。
満足に使えなかったことへの精神的苦痛、および貴重な時間を費やして何度もNTTドコモショップに足を運んだロスタイムへの補償だ。

『そんなことできません』というから、私は 『前例はないだろうけど、こんな 超々 珍しいことなんだから、珍しいからこそ特例を認めてほしい』 と主張した。

NTTドコモショップの窓口担当者は、『上層部に伝えます』 というから、きょうのところは一応(ほこ)を収めた。

---------------------------

追記 2015.12.11

その後NTTドコモショップからは、『解約に応じます。10,260 円の解約金は免除します』、別のオプションとして 『機種変更に応じます』 との回答があった。
10,260 円の解約金を免除してもらっても、機器の分割払い(3,132 円/月)は1年以上残っていて、払い続けなければならないので、充電器(ACアダプター)をダマシダマシ使い続けることにした。
というのは、この “不良” 充電器も、ときには充電できることがわかった。(要は不安定な働きをするのだ)
また、この充電器はマイクロUSB接続なので、他の充電器でも充電できる。(NTTドコモショップは 『保証しません』 というけれど)

そんなわけで不安を抱えながら使い続けることにした ・・・

2015.12.11





【過去の関連記事】 珍しい話
まぎらわしい雲の珍現象 (2014.10.8)
12が並んだ (2012.12.12)
珍しい不思議な停電 (2012.11.22)












京都検定のお勉強

2015.11.1

私は京都に生まれたので京都のことはたいがい知っているつもりだった。
40年以上も留守していて、3年前に京都に帰ってきた私だが、歴史や文化などけっこう知らないことがあるなと思うことが多い。
歴史が幾重にも重なっていて、文化も複雑で、いろんな情報が錯綜し、京都は複雑極まりない。
そんな複雑な京都について、トリビア度をテストするという 『京都検定』 が来月ある。
受験を申し込んだが、情報が多すぎる上に、歳のせいで 覚えてもすぐ忘れる。

実際に見た方が身につくかと思ってきょうはお勉強に出かけた。
行ったのは妙心寺。
京都の西の方、花園の地にある禅宗(臨済宗)の名刹。
門前は子供のころからもう数えられないくらい何度も通っているが、境内に入るのは初めてだ。

ガイドさんに案内してもらった。
境内は三門、仏殿、法堂(はっとう)(おお)方丈が一列に並ぶ典型的な臨済宗の伽藍(がらん)配置だという。
なるほど~ ひとつ勉強になった。

三門、仏殿、法堂、大方丈が一列に並ぶ伽藍配置
なるほど、三門、仏殿、法堂、大方丈が一列に並んでいる

まず案内されたのが法堂(はっとう)の中。
天井に描かれているのが狩野(かのう)探幽の筆になる 「雲龍図」 。

雲龍図
「雲龍図」と法堂(はっとう)

狩野探幽は二条城二の丸御殿の障壁画を描くなど江戸時代初めに当代随一と言われた画家兼プロデューサー。
それが8年もの歳月をかけて描いたという。
ohjiki_cho_809.jpgどこから見てもこちらを向いているように見えることから 「八方にらみの龍」 とも言われるとのこと。
想像の動物を おどろどろしく、しかし一方で 厳粛な感じにも 描いた技量は大したもんだ。
国宝になっていないのがおかしい位だ。

ところが、この法堂の中に国宝があった。
それは、『黄鐘調(おうじきちょう)の鐘』。
記年銘のあるものとしては日本最古の鐘だという。
西暦698年というから飛鳥時代だ。
えらい古い。

よく見ると(にゅう)が4個取れていた。
(写真撮影禁止なので、右の 写真はお寺でもらった 説明書 から拝借した。この写真では乳は1個しか取れていないが・・・。)
ガイドさんの説明だと、1973年(昭和48年)までは毎年NHKの「行く年来る年」の冒頭でこの 鐘の() が全国放送されていたという。
乳が取れたので、これ以上()くと ヤバイ となったのか、いまは別に新しく鋳造した鐘に替えられているそうだ。

当時の 「行く年来る年」 で放送された鐘の()を録音したのを聞かせてもらった。
一同シーンとなって聞き入った。ゴワーン というより カーン といった感じの音色だった。

兼好法師が 『徒然草(つれづれぐさ)』 (220段) でこの鐘の音色をほめているそうだ。
     (およ)そ鐘の音は黄鐘調なるべし。これ無常の調子、祇園精舎の無常院の声なり。
黄鐘(おうじき)というのは、雅楽十二律の音階で、西洋音楽のA(ラ)に相当するという。
西洋音楽の基準音(A)が祇園精舎の鐘の声と音階が一緒だったとは・・・
いろいろ勉強になる。

次に案内されたのが浴室。
信長を討ったあと、ここ妙心寺に引き上げてきた明智光秀は、もう思い残すことはないから自害しようと仏殿に礼拝して辞世をしたためた。しかし、妙心寺の僧が自刃(じじん)を戒めた。光秀はその後(山崎の合戦ののち)小栗栖で討たれたのは有名な話。
明智光秀の叔父(密宗という妙心寺塔頭の僧)が光秀の菩提(ぼだい)を弔うために建てたのがこの浴室だという。
だから 『明智風呂』 と呼びならわされているが、光秀が使ったものではないという。

井戸、水槽、釜、浴室、洗い場、脱衣所等よく残っていて、当時のお風呂 (蒸し風呂) の構造がよくわかった。

外へ出て振り返ると、屋根の上に煙り出し (いわば煙突) が見えた。
鬼瓦と漆喰の立派な造りに感心した。

浴室
浴室、通称 「明智風呂」

とおりかかった団体のバスガイドさんは 「明智光秀が入浴したお風呂です」 と説明していた。
そりやーこの方が説明しやすいし、聞く方も理解しやすい。
これが 瓢鮎図変なところで感心した。

---------------------------

さて、妙心寺の塔頭に、瓢鮎(ひょうねん)図( )を所蔵する 退蔵院 がある。
昔から何度も聞かされてきたのでよく知ってはいるが、いざ来てみると、普通の塔頭で、へぇー こんなとこか、っていう感じ。

瓢鮎図は教科書にも載るくらい有名な絵だが、ちょっと変わった絵で 私には強く印象に残る1枚だ。
絵とは言っても半分は文字(と印鑑)。
(この部分は 「画賛」 で、もともと衝立の表裏だったのを1つの軸装にして、こうなったそうだ ヘェー)
ひょうたんを持つ男はイノシシみたいな風貌だ。
ナマズは、捕まえられるものなら捕まえてみろ、といわんばっかりに気持ちよく泳いで(?)いる。
現物は 京都国立博物館に寄託されていて、ここにないことは知っているし、実際 去年も同館で見ている

瓢鮎図はなくてもいいから どんなとこか拝観させてもらうことにした。

退蔵院の山門(薬医門)
退蔵院に入る

入るとすぐ庫裏(くり)の前にある夏椿(沙羅双樹)がきれいに色づいていた。

沙羅双樹の紅葉、退蔵院の庫裏前の庭
きれいに色づいた沙羅双樹の木4本

もらったパンフレットを見ると、退蔵院にはお庭が二つあり、四季折々の花や植物でも見ごたえがあるようだ。
枯山水庭園と、水を使った余香苑(よこうえん)
そうだ 京都、行こう キャンペーン退蔵院は瓢鮎図だけではなかったのだ。

余香苑(よこうえん) というお庭には入口の門をくぐると目の前に立派なしだれ桜があった。
満開の頃は見事で、2013年春のJR 「そうだ 京都、行こう」 キャンペーンのポスターで紹介されたそうだ。
しだれ桜が大きすぎて写真撮影には苦労しただろうなと思った。

余香苑には水琴窟もあった。
耳を澄ますとビーン、ピーンという音が聞こえた。

埼玉県から来たという男性は、こうしたらよく聞こえる、と言って柄杓(ひしゃく)で水をザーザーかけていた。
うーん、確かにピン、ピンと派手に鳴り響いていた。
まぁ、そこまでしなくても・・・ という感じだった。

水琴窟、退蔵院・余香苑で
水琴窟に柄杓で水を遣る

ま、人それぞれ楽しみ方があるというもんだ。

2015.11.1














筆者のプロフィール ↓

shochan31

Author:shochan31
名前が しょうじ なので障子が背景となっている。ペンネームはアルファベットで shochan(しょうじの愛称)だが数字 31 の由来は不明だ。

最近書いた記事 ↓
月別アーカイブ ↓
このブログ内を検索できます ↓
管理者専用 ↓