初公開の展望台

2016.8.28

『ばかと煙は高いところへ登りたがる』
私は生まれつき高いところに登って周辺(まわり)の景色を見るのが好きだ。

京都、東山のふもとにある高台寺(こうだいじ)。
その高台寺の奥に展望台があって、初めて公開されている、との情報を得たので行ってみた。

高台寺は豊臣秀吉(ひでよし)の正室「ねね」が 亡き秀吉の菩提(ぼだい)(とむら)うために建てたお寺で、出家したあとはにはこのお寺の西隣の屋敷に住まいしていて、そこで亡くなったそうだ。
高台寺が創建時には、秀吉の政敵である徳川家康(いえやす)も、ねねのために多額の寄進をしたという。
本来なら徳川家からは冷遇されるべき立場にありながら、逆に厚遇されたというのはねねの人柄だろうか。

拝観順路に従って、方丈を見たあと庭に出る。

庭園
東山山麓にある広大な庭園

庭園を鑑賞していたら和装をした一団が通り過ぎていった。
韓国人 かな と思ったら、話しことばからして 中国人 とわかった。
いまは、”レンタルきもの” が大流行(おおはやり)で、雰囲気作りとしては誠に結構(けっこ)なことだ。

中国人観光客の一団
開山堂に向かう中国人の観光客

秀吉は韓国占領を企図して2度も兵を出している。
それは「文禄の役」「慶長の役」で、日本史上の一大汚点だ。
だから、ここ(秀吉ゆかりの地)に韓国人が来たらなんと思うだろうか・・・ とハラハラしたが、中国人だと分かってホッと胸をなでおろした。

・・・ そして次は「霊屋(おたまや)」。
このお寺のコアとなる建物である。
外人(西洋人)のガイドさんが出迎えてくれたのには驚いたが、 
お寺も外人ガイドを手配するほど、国際化し、観光地化したんだなぁ と思いなおした。

外人のガイドさん
霊屋(おたまや)で出迎えてくれたガイドさん

霊屋(おたまや)、文字どおり秀吉とねねを霊を祀(まつ)ってある所だ。

ガイドさんによれば、ねねさんの木像の下には実際にねねさんが葬られているという。
へぇー っと思って聞いてみたら、ミイラや白骨になっているのではなく、火葬された ねねさん のお(こつ) が安置されているだけだそうだ。
まぁー そりゃそーだろうな。
そして、霊屋は秀吉のお墓がある 阿弥陀が峯 の方を向いて建てられている、という。
なるほど、そうか。
いまは木立(こだち)で見えないが、阿弥陀が峯 は指呼の間だから、創建当時はここから見えたのだろう。

ガイドさんと話をしていたら、(歴史の説明をするのに) 英語の方が日本語より簡単だという。
へぇー、そんなもんか ・・・ と思っていたが、あとで考えたら、このガイドさんの母国語が英語だから 「説明が簡単」 なのは、そりゃぁ当然だな、とあとで気づいた。(笑)

---------------------------------------

そして、いよいよきょうのハイライト、境内の奥にある展望台へ。

展望台へ
展望台へ

お寺の入口で聞いたときは 「最近整備されて 初公開です」 とのことだったが、その割には古びていた。
ま、普段は限られた人しか登れなかったが、今回は 『一般公開』 で、そういう意味では<初>なのかもわからない。
『(初の)一般公開』 を前に掃除するなどしてちょっときれいにした程度かナ と思った。

展望台へ
周りの巨木が伐採されているが最近伐採されたものではなさそうだった
しかしそのせいで視界が広がっていてありがたかった

あいにくの天気で見晴らしはよくなかった。
でも、京都市内の大きな建物や塔、山並みなど目立つものは確認できた。

展望台からの眺め
展望台から京都市内の眺め

話によれば、1615年(慶長20年) 大阪夏の陣で大阪城が落ちたとき、ここから煙(炎?)が見えたという。
ねねさんは豊臣家の滅亡を目(ま)の当たりして落涙(らくるい)した - よくできたストーリーである。

地理的にはここから大阪が見える位置にある。
昔は空気も澄んでいたし、夜間は周りに何の灯りもないから、見えたのかもわからない。
だって、親から聞いた話しでは、昭和20年の大阪大空襲のとき、夜間、京都から大阪方向の雲が赤く見えたというから。

---------------------------------------

それにしても、高台(●●)寺は東山山麓一帯に広がる広大(●●)境内(けいだい)のあるお寺だった。

2016.8.28



【過去の関連記事】 見て歩る記 京都編(京都府も含む)
ただし、2015年以降、2014年以前はこちら

初公開の展望台(2016.8.28) 高台寺
比叡山に登る(2016.8.11) 比叡山
千日詣(まいり)(2016.8.1) 愛宕神社
義満という人物(2016.7.9) 金閣寺(北山大塔の破片発見)
大徳寺を訪ねる(2016.5.21) 大徳寺(唐門・黄梅院)
伝統の行事(2)(2016.5.5) 下鴨神社(歩射神事)
伝統の行事(2016.5.3) 下鴨神社(流鏑馬)
国宝候補(2016.5.3) 相国寺
すわ大事件(2016.4.28) 蛤御門
京都・寺町を行く(2016.4.23) 本満寺、阿弥陀寺、天寧寺
花より団子か(2016.3.26) 本満寺
軒端の梅(2016.3.5) 東北院
紫野の義経と弁慶(2015.11.8) 紫野地区
京都検定のお勉強(2015.11.1) 妙心寺
人気ナンバーワン (2015.10.4) 伏見稲荷大社
巨椋池跡を歩く (2015.9.27) 太閤堤、填島城跡
1年の折り返し(2015.6.30) 白峯神宮
「投」薬とは (2015.3.15) 東福寺
迷路の京都(2015.3.7) 『辻子』
雪で明けた新年の初詣 (2015.1.2) 上賀茂神社








比叡山に登る

2016.8.11

京都の街から見たら鬼門の方角にある山で、いつも見慣れている比叡山(ひえいざん)。
最澄が開いた天台宗の総本山、延暦寺のある山であり、多くの名僧・高僧を輩出した山でもある。

比叡山
ウチの近くから見える比叡山の山容

長らく行ってないし、いちど行ってこようかなと ”ふ” と思った。
(調べてみたら、前に行ったのは1981年のことだから、実に35年も昔だった。)

そしたら家内が歩いて上ろう、と言い出した。
へぇー? 歩いて !?
(1981年のときはドライブウエーを車で行った。)

でも考え直したら、標高800余メートルで、先日の愛宕山より低いし、有名な 「雲母(きらら)坂」 という道もある。
じゃー 行ってみるか。
あとで気づいたが、きょうは 「山の日」 だった。
(今年から新しくできた国民の祝日)

さっそく登り始めたが、やはりキツイ。
登山道(雲母(きらら)坂)は切り立ったV字渓谷状になっていた。
思うに ・・・ 最澄が延暦寺を建てて以来、多くのお坊さんや僧兵、親鸞、日蓮、法然など多くの高僧、朝廷からの勅使、その他無数の人々が長年にわたって行き来した道なので、徐々にえぐられ、さらに雨水に削られ、こんなになってしまったのではないだろうか。

Kirara-Zaka
雲母(きらら)坂

そんな余計なことを考えながら、一歩一歩進んで行くとやがて 「ビュースポット」 という看板のあるところにたどり着いた。
眼下に京都市内が見え、ずっとその先の山の切れたところが大山崎で、その先は大阪なのだろう。

比叡ビュースポット
比叡ビュースポット、標高 660 m

比叡山は標高 848 m で、一等三角点があるらしいが、山頂には上らずに、標高 750 m 程度のわき道を巻ながら延暦寺に向かった。

延暦寺へは観光バスや自家用車でも来られる。
延暦寺の根本中堂は国宝で世界遺産なので、観光客が多かった。
世界遺産に登録された理由は 「日本の仏教文化を継承し、多くの人材を輩出した」 ことによるらしい。
なるほど ・・・
それだけの伝統があるんだ ・・・

根本中堂

そんな伝統の中で、『不滅(ふめつ)の法灯』 と言って、最澄の時代から絶えることなくともっているお灯明(とうみょう)があるというので拝見。
ひとつだけかと思ったら三つもある(つり)灯篭の中でかすかに灯っていた。
万が一消えたときのための保険だろうか。

不滅の法灯
不滅の法灯、天台宗のホームページから

年表で調べてみたら、最澄は1200年前の人だ。
だからこのお灯明も1200年続いていることになる。
すごいね。
(※ 実際は信長による比叡山焼打ちに遭ったとき一度途絶えたが、出羽 (いまの山形県) の立石寺(りっしゃくじ) (いわゆる「山寺(やまでら)」) に分けてあった(ともしび)を逆に分けてもらったとか)

帰りは、山の反対側にある坂本ケーブルで降りた。

坂本ケーブル

1927年(昭和2年)開通で、長さは 2 km あって日本一とのことだ。
目の前にびわ湖が広がっていい眺めだった。
カタコト ・・・ と11分かけて降りた。
下界は暑い夏だった。

きょうの私でした。

2016.8.11










千日詣(まいり)

2016.8.1

毎年7月31日は京都の行事、愛宕山(あたごやま、あたごさん)の千日(まいり) の日だ。

山頂には火伏せの神さんとして知られる愛宕神社があり、7月31日夜から8月1日早朝にかけて愛宕山を(もう)でると千日の功徳(くどく)をいただけるといわれている。
そこで私も家内とふたりでお(まい)りに行った。
といっても、実際は登山だが。

atago_275.jpg


年1回とあって登山者(参詣者)は多い、 きのう7月31日夕方の様子


atago_277.jpg
愛宕神社本殿に到着、 きのう7月31日 19:10 PM 撮影

私は京都生まれなので、小さいころに一度登ったかもわからないが記憶にない。
だから生まれて初めてかもわからない。
愛宕山は京都(市)で一番高い山で、市内にあるウチからでも山容はよく見える。

清滝にある登山口の標高は 80m、神社があるところは 920m あるので、標高差は 840 m。
74歳の私にとっては結構キツイ登山道だった。

明智光秀は、例の本能寺の変の直前、愛宕山で催された連歌(れんが)の会で、『時は今 (あめ)が下知る 五月(さつき)哉』 という句を詠んだのは とても有名な話で、光秀はこの句の中に 織田信長を討つ決意を秘かに詠み込んだとか言われている。
こんな近寄りがたい山の上で連歌会を催すなんて、昔の人は脚が強かったんだなぁ ・・・ と妙なところで感心した。

---------------------------------------

けさの新聞に千日(まいり)の記事が出ていて、しんどかった体験をもう一度思い返した。

京都新聞 2016.8.1 朝刊 p.28
京都新聞 2016.8.1 朝刊 p.28


2016.8.1





【過去の関連記事】 見て歩る記 京都編(京都府も含む)
ただし、2015年以降、2014年以前はこちら

千日詣(まいり)(2016.8.1) 愛宕神社
義満という人物(2016.7.9) 金閣寺(北山大塔の破片発見)
大徳寺を訪ねる(2016.5.21) 大徳寺(唐門・黄梅院)
伝統の行事(2)(2016.5.5) 下鴨神社(歩射神事)
伝統の行事(2016.5.3) 下鴨神社(流鏑馬)
国宝候補(2016.5.3) 相国寺
すわ大事件(2016.4.28) 蛤御門
京都・寺町を行く(2016.4.23) 本満寺、阿弥陀寺、天寧寺
花より団子か(2016.3.26) 本満寺
軒端の梅(2016.3.5) 東北院
紫野の義経と弁慶(2015.11.8) 紫野地区
京都検定のお勉強(2015.11.1) 妙心寺
人気ナンバーワン (2015.10.4) 伏見稲荷大社
巨椋池跡を歩く (2015.9.27) 太閤堤、填島城跡
1年の折り返し(2015.6.30) 白峯神宮
「投」薬とは (2015.3.15) 東福寺
迷路の京都(2015.3.7) 『辻子』
雪で明けた新年の初詣 (2015.1.2) 上賀茂神社






筆者のプロフィール ↓

shochan31

Author:shochan31
名前が しょうじ なので障子が背景となっている。ペンネームはアルファベットで shochan(しょうじの愛称)だが数字 31 の由来は不明だ。

最近書いた記事 ↓
月別アーカイブ ↓
このブログ内を検索できます ↓
管理者専用 ↓