感謝とお詫び

2016.11.10

旧聞に属するが、ことし5月19日に京大病院の泌尿器科を受診したとき、採血してもらった。
そのとき、採血室の壁に 「採血待ち時間」 が曜日別に示してあった。
病院側が患者への便宜のために示してくれたものだ。

曜日ごとの折れ線が色分けされただけ (2016.5.19)
曜日ごとの折れ線が色分けされただけ (2016.5.19)

ところが、曜日ごとの 折れ線が色分けだけだった ために 色弱の私にとってはよくわからなかった。
つまり、病院側の好意を十分にくみ取れなかったのだ。
(よく見れば色弱者を意識してか色の区別はつくように工夫してあったが、じーっと見つめなければならなかった。)

ちょうど、採血室の外に 『ご意見・ご要望をお書きください』 という投書箱があったので、私にとってはそんな切実な問題ではなかったが、一応 『気づいたこと』 として書かせていただいた。

---------------------------------------

さて、きょう半年後の診察のため再び採血室を訪れた。

壁には例によって採血待ち時間が曜日別に示してあった。
よくみると、曜日ごとの折れ線を 色分けのほか、実線や点線など線の種類を変えていただき、○や△のような記号まで 入れていただいていたので恐縮した。

実線や点線など線の種類と、○や△のような記号まで入れていただいた (2016.11.10)
曜日ごとの折れ線を色分けのほか
実線や点線など線の種類と、○や△のような記号まで入れていただいた (2016.11.10)

はっきりとは分からないが、別のところに掲示してある過去の月別グラフを見ると6月分からこのようになっていたので、私の5月19日の投書に対応してもらったものかと思えた。
マイノリティーである色覚異常者(色盲者)に配慮していただけてありがたく感謝した。
また、このような余計な作業を強いた病院職員の方々にお詫びしたい気持ちになった。

それで、この 感謝とお詫び の気持ちを書いて、再び投書箱に投函した。

2016.11.10










人生はいつも勉強

2016.11.9

私は地下鉄や市バスなどの公共交通機関を利用するとき交通系ICカードを使っている。
12月24日からICカードが使えます十分な金額さえチャージされていたら改札口(バスの場合は降車口)のセンサーを軽くタッチするだけで乗れ、乗車前にその都度切符を買う必要がなく、すこぶる便利である。

私の持っているカードは、以前埼玉に住んでいたときに通勤に使っていた 「pasmo」 カードだ。

京都に引っ越してきたとき(2012年10月)は、「pasmo」 は首都圏でだけしか使えなかった。
ところが、2013年3月23日から 交通系ICカードの全国相互利用 が始まり、関西圏でも使えるようになって便利になった。

京都市バスにも12月24日からICカードが使えますそして、翌年(2014年)12月24日からは京都の市バスにも使えるようになって利便性はますます高まった。

・・・ そしてきょうの私。

けさ、新幹線のJR京都駅で人を見送る機会があった。

入場券を買おうと思って自動券売機に 「pasmo」 カードをさし込んだらカードが入れられなかった。
挿入口には 「クレジットカード」 と書いてある。
へー、おかしいなぁ ・・・ 
と思って改札口の横に立っている職員に聞いたら 「そのカードは使えません」 「(入場券は)現金でお願いします」 との答え。

えー? なんで !?
「(新幹線の)切符は高いからですか?」 と聞いてみた。

通常、新幹線の切符は数千円から1万円を超えることも珍しくない。
交通系ICカードはプリペイドカードで、あまりたくさんの金額が入っていないことが多いからだろうか。
(早い話、私なんかはいつも 1,000 円位しか入れてない。)
そう思ったので聞いてみたのだ。
(但し、入場券は 120 円だけど。)

職員は 「pasmo は使えません」 の一点張りで、その理由については口ごもって答えてくれなかった。
私は、コンプレインにつもりで聞いたのではなく、単なる好奇心で、後学のためにその理由を知りたかっただけなのに、その職員の態度は 「うるさい客にはかかわりたくない」 と思っているふうに感じられた。
だから、あんまり迷惑をかけたくなかったので 「そーですか」 と引き下がった。

とにかく、交通系ICカードは (入場券であっても) 新幹線には使えないことを知った。
勉強になった。

新幹線入場券
新幹線の入場券は交通系ICカードで買えないことを知った

人生はいつも勉強だ。

2016.11.9










筆者のプロフィール ↓

shochan31

Author:shochan31
名前が しょうじ なので障子が背景となっている。ペンネームはアルファベットで shochan(しょうじの愛称)だが数字 31 の由来は不明だ。

最近書いた記事 ↓
月別アーカイブ ↓
このブログ内を検索できます ↓
管理者専用 ↓