国際化対応

2017.2.12

トリップアドバイザーが集計する 『外国人に人気の日本の観光スポット ランキング』 で 毎年 トップに選ばれている伏見稲荷大社。
きょう、その伏見稲荷大社で、8世紀から続く 初午(はつうま) という行事があるというので行ってみた。
毎年2月の初午の日に行われるというが、ことしはちょうど日曜に当たってラッキーだった。

伏見稲荷にお参りするのは1年半ぶりだ。 〔 そのとき(2015.10.4)のブログはこちら

お参りの前にまず手水(ちょうず)で 手と口を清める。

手水で 身を清める

と、目の前に 「手みずの使いかた」 という図解つきの説明があった。
よく見ると英語表記もある。
さすが、伏見稲荷は 『外国人に人気』 というだけあって 国際化対応 である。
尤も、日本人でも作法にうとい人は多いから、われわれ日本人にとってもありがたい。

手みずの使いかた

ふむふむ ・・・ A left hand is purified. か。  なぁるほど ・・・

ん? ちょっと待てよ

手みずの使いかた・拡大図

ま、ここは Purify your left hand. だろうな。
英語は 主語、動詞、目的語 (この場合は「左手を」) という語順で、目的語が最後にくるが、日本語は目的語が先にくるからこういった英語になったのだろう。
これを書いた人は恐らく日本人で、つい日本人のクセが出た、ということだろう。
でも、言わんとするところは分かるから、外国人も恐らく迷わないと思う。

以下、2.右手を清める、A right hand is purified.
3.左手に水を受け、Water is received in a left hand.
4.柄杓(ひしゃく)を立てて柄(え)に水を流す、A handle is stood, water is poured ...
柄杓を元の位置に戻す、It returns to the position ...
みな日本語式に 目的語 が先にきている。

身に()みついた日本人のクセはそう簡単には抜けないんだな、と感心した。
日本文化 はそれほど強烈なんだ !!
ま、私も日本文化にどっぷり浸かっているが。

---------------------------------------

身を清めたところで いよいよ伏見稲荷大社へお参り。

伏見稲荷大社へお参り

願い事を木に書いて焚きあげてもらう(願いが成就(じょうじゅ)するように祈ってもらう)ところには、願い事一覧があって、こちらも日英 二か国語の説明だ。
外国人に人気ナンバーワンの神社らしく、にくい心配りだ。

お願いごとの説明


本殿裏に 稲荷山 がある。
そこは稲荷神の降臨の地で、稲荷詣では、本殿にお参りするだけではなく、「お山めぐり」といってその峰々を巡拝するのがならわしとなっている。
その 4キロ、約2時間 のコースも歩いてみた。

千本鳥居
お山めぐりは千本鳥居から始まる

山道には外人も多かったが、お宮に参るのは日本人ばかりでラッシュアワーなみの混雑だ。

一ノ峰
稲荷山の最高峰、一ノ峰 (標高233メートル)

その山道のあちこちで見かけたのが イノシシ 出没を警告する掲示板。
これは命にかかわるから 日本語・英語・中国語 の3か国語だ。
英語は ・・・ と見ると Boars have been stopped in the precinct.

イノシシが出没していますの警告

ちょっと意味不明だが、 stop が「止まる」だから、その受身形で 「止められた」。
「仕留められた」 ということかなぁ。
すると、イノシシ は猟銃で射殺されたのか、高電圧の柵に触れて命を落としたのか ・・・ ?
おだやかでない。

出没なら appear だろうし、別に precinct (境内)に限らないだろうから、Boars appear around here. 程度でいいんじゃないか。
そんなことを思いながら山を下りた。
昼間だったので幸い イノシシ にはお目にかからなかった。

---------------------------------------

さて、初(うま)の行事として なにかあるのかな、と思っていたら、そうではなくて、初午に 伏見稲荷大社に お参りした “しるし(験)” として 『しるしの杉』 を(さず)かって帰るのだった。
ちょっと拍子抜けしたが、年一回、初(うま)大祭限定で与えられる縁起物 (商売繁盛や家内安全のお守り) で、昔から 霊験(れいげん)あらたか と言われるというので1ついただいてきた。

しるしの杉
霊験(れいげん)あらたかな 『しるしの杉』、¥1,000

きょうの私でした。

2017.2.12




【過去の関連記事】 見て歩る記 京都編(京都府も含む)
ただし、2015年以降、2014年以前はこちら

国際化対応(2017.2.12) 伏見稲荷大社
うれしい積雪(2017.1.15) 京都御苑
壬生狂言(2016.10.10) 壬生寺
初公開の展望台(2016.8.28) 高台寺
比叡山に登る(2016.8.11) 比叡山
千日詣(まいり)(2016.8.1) 愛宕神社
義満という人物(2016.7.9) 金閣寺(北山大塔の破片発見)
大徳寺を訪ねる(2016.5.21) 大徳寺(唐門・黄梅院)
伝統の行事(2)(2016.5.5) 下鴨神社(歩射神事)
伝統の行事(2016.5.3) 下鴨神社(流鏑馬)
国宝候補(2016.5.3) 相国寺
すわ大事件(2016.4.28) 蛤御門
京都・寺町を行く(2016.4.23) 本満寺、阿弥陀寺、天寧寺
花より団子か(2016.3.26) 本満寺
軒端の梅(2016.3.5) 東北院
紫野の義経と弁慶(2015.11.8) 紫野地区
京都検定のお勉強(2015.11.1) 妙心寺
人気ナンバーワン (2015.10.4) 伏見稲荷大社
巨椋池跡を歩く (2015.9.27) 太閤堤、填島城跡
1年の折り返し(2015.6.30) 白峯神宮
「投」薬とは (2015.3.15) 東福寺
迷路の京都(2015.3.7) 『辻子』
雪で明けた新年の初詣 (2015.1.2) 上賀茂神社







筆者のプロフィール ↓

shochan31

Author:shochan31
名前が しょうじ なので障子が背景となっている。ペンネームはアルファベットで shochan(しょうじの愛称)だが数字 31 の由来は不明だ。

最近書いた記事 ↓
月別アーカイブ ↓
このブログ内を検索できます ↓
管理者専用 ↓