京都で塩を焼く

2018.8.31

きょうの話は塩を焼くといっても買ってきた塩をコンロで焼く話ではありません。
むかしは塩を作るのにえらい苦労した。
わが国で塩を作る(採る)ときはまず、海の水をいろいろな方法で「かん水」という塩分の濃い水にして、それを火にかけて釜で煮詰めた。
その釜を「塩釜、塩竈」といい、その作業を「塩焼き」という。

京都には海がないから海の水はない。
しかし、平安時代、海から海の水を運んできて「塩焼き」をした、という話を聞いた。

しかも、塩を作る(採る)ためではなく、「塩焼き」の風情を楽しんだらしい。
「塩焼き」のどこが風流なのか全然理解できないし、そもそも海の水を運んでくるという(自動車もない平安時代に)とほうもない労力を使った(らしい)のにあきれた。

その話を詳しく調べてみたら、その人物は源融(みなもとのとおる)、場所は平安京の五条から六条あたりにあった源融の広い邸宅「河原院(かわらのいん)」の庭でのできごとだという。

その場所は図書館の近くにあるという。
きょう、借りた本を図書館に返しにいったついでに立ち寄ってみた。

河原院址
河原院(かわらのいん)址の石碑と駒札

なにしろ1000年も昔の話だし、その後京都は戦乱や大火で焼失し、街並みも大幅に改造されていまや何も残っていない。
でも、その記憶を残したいという気持ちから、石碑と駒札があった。

河原院跡
「坆付近源融河原院址」と読める

駒札には、この近くに「塩竈町(しおがまちょう)」「本塩竈町(もとしおがまちょう)」というところが残っていると書いてある。

河原院跡
駒札は「塩竈町」「本塩竈町」に言及している

で、探してみた。
「塩竈町」はなかなか見つからなかったが、やっと或るビルのプレートに「塩竈町」とあるのを見つけた。

塩竈町
或るビルのプレートに「塩竈町」とあった

「本塩竈町」の町名表示は簡単にみつかった。
駒札どおり、一応あるにはある。

本塩竈町
「本塩竈町」の町名表示

この辺りに塩竈(塩釜)があって、塩焼きの風情を楽しんだのだろうか。
町名はあっても、なにもない。

海の水はいまの兵庫県尼崎の海岸から毎月30石運んだと言われている。(一説には毎日30石)
1石=180リットル、10石=1.8トン、30石=5.4トン。
大した量だが、まぁその位なければ塩田をつくり塩焼きを楽しめなかっただろう。

話しは飛ぶが、いまから6年前、海の無い京都に水族館ができた。
3,000トンの水が使われ、そのうちの90%が海水だそうだ。(残りの10%は真水で淡水魚用)
海水 2,700 トンは海から運んでくるのかと思ったら、人工的に調整して「海水」を作っているという。
平安時代の源融(みなもとのとおる)が聞いたら目を回すか、そのやり方に理解できず 「あっ、そう」 で終わるかどちらかだろう。

---------------------------------------

この辺りは鴨川のそばに当たる。
平安時代の白河天皇は自分の意に沿わぬものとして 「賀茂河の水、双六の賽、山法師」 を挙げている。(平家物語巻一)
当時、鴨川(賀茂河)は暴れ川でよく氾濫したらしい。

河原院の庭は持ち主がちゃんと管理している間はいいが、持ち主がいなくなると荒れ果て、やがて洪水で失われたらしい。
しかし、その庭の一部がいまも残っているという。
「渉成園(しょうせいえん)」

渉成園
渉成園

行ってみたらたしかに水たまりがあった。
いまは庭園として整備され、水たまりは「印月池」と名づけられ、蓮がいっぱい浮かんでいた。

渉成園
渉成園

松がなければ、モネのジベルニーの邸宅の池のようでもある。
都会のなかのオアシスだ。

さて最後に、渉成園からバス停3つ先にあるという 『塩竈神社』 にも立ち寄ってみた。
なんで、海も塩田もない京都にこんな神社があるのか ?

塩竈神社
京都にある塩竈神社

京都はナゾ深い土地ではある。

2018.8.31




【過去の関連記事】 見て歩る記 京都編(京都府も含む)
ただし、2015年以降、2014年以前はこちら

京都で塩を焼く(2018.8.31) 河原院趾、渉成園、塩竈神社
異体字(2018.4.28) 金戒光明寺
現役の発電所(2018.4.2) 夷川ダム
堂本印象はスゴイ(2018.3.21) 堂本印象美術館
伝説の菅原道真(2018.3.18) 菅大臣神社
複雑な土地柄(2017.7.8) 西院駅
400年前のイベント(2017.5.18) 御霊神社・朔平門
国際化対応(2017.2.12) 伏見稲荷大社
うれしい積雪(2017.1.15) 京都御苑
壬生狂言(2016.10.10) 壬生寺
初公開の展望台(2016.8.28) 高台寺
比叡山に登る(2016.8.11) 比叡山
千日詣(まいり)(2016.8.1) 愛宕神社
義満という人物(2016.7.9) 金閣寺(北山大塔の破片発見)
大徳寺を訪ねる(2016.5.21) 大徳寺(唐門・黄梅院)
伝統の行事(2)(2016.5.5) 下鴨神社(歩射神事)
伝統の行事(2016.5.3) 下鴨神社(流鏑馬)
国宝候補(2016.5.3) 相国寺
すわ大事件(2016.4.28) 蛤御門
京都・寺町を行く(2016.4.23) 本満寺、阿弥陀寺、天寧寺
花より団子か(2016.3.26) 本満寺
軒端の梅(2016.3.5) 東北院
紫野の義経と弁慶(2015.11.8) 紫野地区
京都検定のお勉強(2015.11.1) 妙心寺
人気ナンバーワン (2015.10.4) 伏見稲荷大社
巨椋池跡を歩く (2015.9.27) 太閤堤、填島城跡
1年の折り返し(2015.6.30) 白峯神宮
「投」薬とは (2015.3.15) 東福寺
迷路の京都(2015.3.7) 『辻子』
雪で明けた新年の初詣 (2015.1.2) 上賀茂神社








サマータイムは愚策

2018.8.14

ことしの日本の夏は暑かった。
2年後に迫った東京オリンピックは真夏の8月に行われる。
なかでもマラソンにとって高温は過酷だから、サマータイムを導入して涼しい早朝にスタートしたらどうかと森元首相が言っているとのこと。

我が国でのサマータイム導入論は幾度となく現れては消えている。
またぞろ導入論か。
うんざりして ため息がでる。

サマータイムを導入しないとマラソンが早朝にスタートできないはずがない。
午前6時でも何時でもいい、日本標準時で早朝にスタートしたらいいだけの話だ。

そもそもサマータイムは<地球1周360°を24時間に振り分けた時差の秩序を乱だす>という理由で、私は反対意見だ。
それは過去のブログ( こちら )で述べたことがある。

---------------------------------------

ところできょうの夕刊に 『夏時間 EUで廃止論』 という記事が出ていで、我が意を得たり とニンマリした。

記事
きょうの夕刊記事 (© 日本経済新聞 夕刊)

欧州各国ではサマータイム制廃止論が抬頭しはじめているという。
ドイツ、フランス、オランダ、フィンランド、ラトビア、リトアニアでの実情が報告されている。
とくにドイツでの去年(2017年)の世論調査で74%が廃止が望ましいと回答したというし、さらにフィンランド政府はことし1月に欧州議会に対し廃止を提案し、採択されたという。

記事
きょうの夕刊記事 (© 日本経済新聞 夕刊)

すでに去年(2017年)10月、欧州議会がまとめたリポートでは 「夏時間が体内時計に及ぼす影響が従来考えられていたよりも深刻」 としていたらしい。
そもそも人間の体内時計は1日=23時間になっており、からだが自動的に調整しているというから、たった1時間位の夏時間変更で 人間の体内時計に影響があるとも思えないが、専門家の見解ならありがたい。

EU諸国でサマータイム制を廃止してくれたら世界の大きな潮流になると 私は大いに期待している。
でも、アメリカは最後まで残るかもね。
アメリカって結構保守的なところがあって、不思議な国だ。
(度量衡の)ヤードポンド制や(紙の)レターサイズなど、もはやアメリカは孤立状態だ。

ヨーロッパのサマーターム制は100年もの長い実績があるという。 (※ 日経の記事のよれば、EU加盟28か国の7割弱の国では1916年に初めて一時導入された記録があるという。)
そのヨーロッパが目覚めてくれたら画期的だ。
ヨーロッパに期待するところ大である。

2018.8.14







筆者のプロフィール ↓

shochan31

Author:shochan31
名前が しょうじ なので障子が背景となっている。ペンネームはアルファベットで shochan(しょうじの愛称)だが数字 31 の由来は不明だ。

最近書いた記事 ↓
月別アーカイブ ↓
このブログ内を検索できます ↓
管理者専用 ↓