猪はことしの干支

2019.1.6

所用から自転車で帰宅中、長い行列に遭遇した。
護王神社の横の道なので、同神社への参拝客らしいことはすぐにピーンときた。

行列
護王神社への長い行列

護王神社はうちの近くにあり、狛犬(こまいぬ)が猪(いのしし)になっている珍しい神社として、私はよく知っている。
猪(亥)はことしの干支(えと) なので人気があるらしいことは、すぐわかる。
しかし護王神社で こんな行列見たことない

自転車を置いて、神社の正面に様子を見に行った。

行列
続々と押しかける参拝客

道路の真ん中にロープを張ってガードマンまで出動しているではないか。

行列
境内に入るにも待ち行列

猪の威力はすごい
境内に入っても長い列は続く。
狭い境内は参拝客でいっぱいだ。

行列
参拝にも長蛇の列

正面入り口には有名な狛猪(こまいのしし)がある。

狛猪
正面入り口の狛猪

狛猪
その足元にはお賽銭

正面の拝殿にはジャンボ絵馬。
その前には元祖の狛猪(こまいのしし)も。

猪はこの神社のシンボルだ。
この神社の猪は戦前の十円札に描かれていて有名だった。

絵馬と狛猪
絵馬と狛猪

猪がこの神社のシンボルになったのには、祭神 和気清麻呂(わけのきよまろ)にまつわるエピソードがある。 (※ このエピソードは簡略化しています) (※ 道鏡についての評価には異説があります)

平城京のころ、皇位につこうとしていた道鏡に対し和気清麻呂が反対意見を主張して称徳天皇の勘気をこうむり、大隅の国(いまの鹿児島県)に流されたが、その道中を猪が守護した
なお、その後道鏡は失脚し、和気清麻呂は呼び戻されて桓武天皇に仕え、平安京への遷都に貢献した。

道鏡の邪心から皇統を守ったという功績が認められてお札になったのだろう。

エピソード
護王神社の外壁に描かれている和気清麻呂と猪のエピソード

手水舎(ちょうずや)では吐水口 (とすいこう)が猪になっている。
皆 おまじないのため頭をなぜるのでツルツルに光っている。
これは私にとってはおなじみの光景だ。

手水舎
ツルツルに光ったいのししの頭

猪図
神社が所蔵する猪図

少々道草を食ったが、再び自転車に乗ってウチに帰った。

2019.1.6

---------------------------------------

追記 2019.1.14
その数日後、護王神社に長い行列ができていたことを知人に話す機会があった。
そのとき 「(京都で) 猪にゆかりのあるのは護王神社だけやろか?」 と問いかけたら、知人は 「たしか 建仁寺の塔頭(たっちゅう)にもあった」 とのことだった。
その知人は京都の観光地に詳しい人だったが、私は へぇー っと思ったまま大して気にもとめないでいた。

きょう、家内と京都の七福神巡りをした。
洛北・赤山禅院にある福禄寿を振り出しに、大黒天(妙円寺)、寿老神(行願寺)、恵比須(恵美須神社)まで来て、次の弁財天(六波羅蜜寺)に行く途中でトイレに行きたくなったので、道端に 「摩利支尊天」 と書いたお寺があったので そこのトイレをお借りした。
トイレから出てくると、境内に猪の像があるのに気づいた。
狛猪(こまいのしし)みたいだ。

禅居庵
ここにも狛猪があった

考えてみると、ここは建仁寺の近くだ。
先日友人が 「たしか 建仁寺の塔頭 ・・・ 」 と言っていたのを思い出した。
ああ、 建仁寺の塔頭 というのはここのことだったのか

私がトイレを借りにたまたま入ったのは、このお寺の西側にある通用門で、入り口に 「摩利支尊天」(ふつう摩利支天と呼ばれている) と書いてあったのはこのお寺に祀られている神さまの名前だった。
お寺の名前は 「禅居庵(ぜんきょあん)」 といった。

七福神巡りの次、六波羅蜜寺(弁財天)のあるのは南の方向にあるので、禅居庵の南側にある正門から出て六波羅蜜寺に向かった。

禅居庵
禅居庵の正門

あとで調べたら、猪は摩利支尊天の眷属(けんぞく、いわば「従者」)とされているという。
きょうは 偶然だったが、意外と早く (京都でもうひとつの) ことしの干支・猪(亥)にゆかりのある社寺 に出会うことになったのだった。

2019.1.14





【過去の関連記事】 見て歩る記 京都編(京都府も含む)
ただし、2015年以降、2014年以前はこちら

猪はことしの干支(2019.1.6) 護王神社
デジタルサイネージ(2019.1.3) 伏見稲荷大社
カメラOKのお寺(2018.12.9) 建仁寺
京都で塩を焼く(2018.8.31) 河原院趾、渉成園、塩竈神社
異体字(2018.4.28) 金戒光明寺
現役の発電所(2018.4.2) 夷川ダム
堂本印象はスゴイ(2018.3.21) 堂本印象美術館
伝説の菅原道真(2018.3.18) 菅大臣神社
複雑な土地柄(2017.7.8) 西院駅
400年前のイベント(2017.5.18) 御霊神社・朔平門
国際化対応(2017.2.12) 伏見稲荷大社
うれしい積雪(2017.1.15) 京都御苑
壬生狂言(2016.10.10) 壬生寺
初公開の展望台(2016.8.28) 高台寺
比叡山に登る(2016.8.11) 比叡山
千日詣(まいり)(2016.8.1) 愛宕神社
義満という人物(2016.7.9) 金閣寺(北山大塔の破片発見)
大徳寺を訪ねる(2016.5.21) 大徳寺(唐門・黄梅院)
伝統の行事(2)(2016.5.5) 下鴨神社(歩射神事)
伝統の行事(2016.5.3) 下鴨神社(流鏑馬)
国宝候補(2016.5.3) 相国寺
すわ大事件(2016.4.28) 蛤御門
京都・寺町を行く(2016.4.23) 本満寺、阿弥陀寺、天寧寺
花より団子か(2016.3.26) 本満寺
軒端の梅(2016.3.5) 東北院
紫野の義経と弁慶(2015.11.8) 紫野地区
京都検定のお勉強(2015.11.1) 妙心寺
人気ナンバーワン (2015.10.4) 伏見稲荷大社
巨椋池跡を歩く (2015.9.27) 太閤堤、填島城跡
1年の折り返し(2015.6.30) 白峯神宮
「投」薬とは (2015.3.15) 東福寺
迷路の京都(2015.3.7) 『辻子』
雪で明けた新年の初詣 (2015.1.2) 上賀茂神社







デジタルサイネージ

2019.1.3

きょうは伏見稲荷大社へ初詣にでかけた。
伏見稲荷大社は初詣の参拝者数(三が日合計) が約270万人で、関西でナンバーワンだ。
もちろん京都で1位だ。

前にも書いたが伏見稲荷大社はインターネット上で世界最大級の 旅行口コミサイト トリップアドバイザー ® が選ぶ 「外国人に人気の日本の観光スポットランキング(2014年)」(2015発表) で第1位に選ばれた。 ( こちら、2015.10.4
その後、2018年度まで 『5年連続1位』 に選ばれているらしい。 ( こちら、2018.6.12

しかし、きょうは初詣のせいか 外人の姿は少ないなぁ ・・・ などと思いながら混雑する参道を進むと楼門を遮るように大きなスクリーンが出現していた。
(こりゃ 景色がだいなしやなぁ ・・・ ) と眉をしかめながら進んでいくと、やがて赤い鳥居をくぐる頃になって、楼門が見えてきた。
それで ホッ とした。

デジタルサイネージ
赤い鳥居をくぐる頃になって、楼門が見えてきた

スクリーン画面は本殿の参拝客の混雑状況を写している。
なるほど、これは便利だ。
見ていると、伏見稲荷大社の歴史、初詣のはなし、参拝順路の地図なども次々映し出していく。
おっ これはスグレモノだ

と、思っていると大音響とともにコマーシャルが始まった。
なるほど、これは世にいう 『デジタルサイネージ』、つまり電子看板ではないか。
うまいアイデアだ。
なにしろ大勢の参拝客の目に触れる。
さっさと通り過ぎようとしても混雑のためゆっくりしか進めない。
だから 目は自然と この巨大スクリーンに向く。
広告効果抜群だ。

この巨大スクリーンは 恒久施設として 今後も続くのかなぁ ・・・ と気になったのでスクリーンに近づいてみた。
すると、スクリーンの支柱に 『許可標識』 が貼ってあった。

許可証
許可期間は12月25日から1月8日まで

許可期間は12月25日から1月8日までと書かれている。
なるほど、初詣の期間だけの限定だ。

重量物だから支柱はしっかりしている。
雑踏の上にでも倒れてきたりしたら大惨事必至だから、これ位は必要なんだろうが、ご苦労なことだ。
ただし、支柱は土に埋めてあるだけだ。
1月8日が過ぎたら、支柱は引き抜かれてスクリーンは解体されるようだ。

支柱
スクリーンの支柱は土に埋めてあるだけ

さて、本殿はさきほどスクリーンに写っていたとおり大混雑で前へなかなか進みそうにない。

混雑
本殿前の雑踏

そこで拝殿から参拝して帰ってきた。

参拝
拝殿前から参拝する

---------------------------------------

なお、あとで調べたら川崎大師や浅草寺にも初詣の期間限定でデジタルサイネージが設置されているらしい。
とくに珍しいというほどのものでもなかったようだ。
ただし、この伏見稲荷のスクリーンは 6.6m × 4.2m で(初詣用としては)日本最大らしい。
東京の浅草寺の仲見世のものは 5.4m × 3.0m だそうだ。

2019.1.3





筆者のプロフィール ↓

shochan31

Author:shochan31
名前が しょうじ なので障子が背景となっている。ペンネームはアルファベットで shochan(しょうじの愛称)だが数字 31 の由来は不明だ。

最近書いた記事 ↓
月別アーカイブ ↓
このブログ内を検索できます ↓
管理者専用 ↓