戦後レジームの終焉

2019.8.22

余り書きたくないが、再び政治・外交ネタでご容赦を。

わが国と韓国は 『軍事情報包括保護協定』(GSOMIA、ジーソミア) を結び、北朝鮮、中国、ロシアの共産圏に対抗している。
とくにミサイルの発射などを繰り返す北朝鮮に対抗するために GSOMIA は重要だ。

ところが、韓国の文在寅大統領は南北に分断されている韓国を統一したいと考えている。
実際、ことしの8月15日には 「2045年までに南北統一する」 とまで一歩踏み込んで宣言した。
つまり北朝鮮と一緒になりたいのだ。
ちょうど30年前、東西ドイツが統一したようなのを夢見ているようだ。
だから、自由主義圏に属しているのに、北朝鮮に対抗したくないようだ。

その韓国がきょう、日本との GSOMIA を破棄すると決定した。
自由主義圏との決別だ。

発表
韓国大統領府は GSOMIA の破棄を決定したと発表する金有根国家安保室第1次長 関西テレビ

第二次世界大戦終了後成立した共産圏と自由主義圏の二大勢力圏。
東西冷戦と呼ばれた。
ところが東ヨーロッパはすでに崩壊した。
南北に分断されたベトナムは戦争で共産主義〔社会主義〕が勝ったが、ドイモイ政策によってかなり自由化〔資本主義化〕していると聞く。
ところが、朝鮮半島はいまだに東西冷戦という戦後レジームが続いている、という訳だ。

そこへ韓国が北朝鮮と一緒になるというのだ。
その象徴が GSOMIA の破棄だ。
まさに、戦後レジームの終焉 である。

フロントが対馬海峡まで後退し、勢力が拡大して喜ぶのは北朝鮮、中国、ロシアの共産圏だ。
自由主義圏に属している我々にとってはショックだ。

2019.8.22
---------------------------------------

追記 2019.8.23
京都新聞
© 京都新聞 2019.8.23 朝刊 p.1

韓国が日本との GSOMIA 破棄の決定を報じるけさの新聞。






【過去の関連記事】 時事ネタ
スコットランドの屈辱 (2014.9.19、スコットランド独立住民投票)
大陸と離島 (2016.6.24、英、EUから離脱)
落胆の日 (2017.6.2、米、パリ協定から離脱)
しかし現実は (2019.8.19、悪意に満ちた韓国)
戦後レジームの終焉 (2019.8.22、韓国、GSOMIA を破棄)







しかし現実は

2019.8.19

日韓関係は以前からぎくしゃくしていて、私は心を痛めている。

けさの京都新聞の 『凡語』 というコラムで、最近は 「両国とも自らの主張を繰り返すばかり」 だが、「互いに欺かず争わず、真実をもって交わるのが重要」 と書いてあるのを見て、一体これは誰に向かって書いているのか、と腹立たしくなった。

凡語
「凡語」 (© 京都新聞 2019.8.19 朝刊 )

「互いに欺かず争わず、真実をもって交わるのが重要」 ― まさにそのとおり。
『凡語』 の主張は正論である。
そうありたいものだ。

しかし現実は、韓国が一方的に日本を欺き、日本に嫌がらせを繰り返し、相手にならない。
まったく手がつけられない状況だ。
どうしたらいいのかわからない。

このブログ 「人生は短い - きょうのわたし」 は、私個人が見たり聞いたりしたことを書かせてもらうものなので、政治ネタはなるべく避けたいと思っている。
しかし、この京都新聞のコラム 『凡語』 を見た私は、一筆書かざるを得なくなった。
お許し願いたい。

去年の暮れに レーダー照射事件 というのがあった。
2018年12月20日15時ごろ、海上自衛隊機が能登半島沖、日本の排他的経済水域(EFZ)内を飛んでいたところ、韓国海軍の駆逐艦と警備救難艦を確認したため(怪しいな)と思って証拠写真を撮っていたところ、その駆逐艦から突然火器管制レーダーの照射を受けた、というものだ。
火器管制レーダーの照射はいうまでもなく敵対行為である。
その後のやりとりは色々あるが、韓国側の説明は虚偽と捏造に満ちている。
それは、当時の天候や無線受信の客観的状況や、瀬取り疑惑、韓国側ビデオ反論を見れば明らかである。
それがいまだに韓国側はシラを切っている(欺き続けている)。

北朝鮮の漁船と韓国船が瀬取りしているところを見られて、慌てたんだというのが最も説得力がある。
韓国船による瀬取りを日本側にみられるのは、韓国にとって都合が悪いが、文政権が北朝鮮との融和政策をとっているのは明らかだから、日本に対して欺かなくても(ウソをつかなくても)いいんじゃないか。

『凡語』 に 「欺かず争わず、真実をもって交わる」 と言われても、我々がこんなに欺かれて、しかも先方に反省のカケラもないようでは真実をもって交わるのは不可能である。

---------------------------------------

来年、東京でオリンピック大会は開かれる。
ところが、韓国が オリンピック不参加 を唱え始めている。
まぁ、韓国がオリンピックに来てくれなくても一向に構わない。

ところが オリンピックボイコット までエスカレートしている。
この 世界を巻き込んでの 『嫌がらせ』 はなんだ。

思い起こせば、2011年の東日本大震災のときは韓国人から 「日本の大地震をお祝います」 とのポスターを掲げられたことがあった。

アジアサッカー連盟(AFC)が主催するサッカーの第9回AFCチャンピオンズリーグのアジア大会で、全北現代モータース vs セレッソ大阪の試合のときのことだ。
これが人間のやることか。

ポスター
「日本の大地震をお祝います」のポスター
(2011年9月27日、韓国の全州ワールドカップ競技場で)

この事件は、一部の輩(やから)がやらかしたことになっているらしいが、韓国はいまだに日本産食品は原発事故で放射能に汚染されているというデマを拡散し続けているし、原発事故で放射能汚染された建材で建てられたオリンピック選手村にいると韓国選手が放射能汚染されるからオリンピックには不参加と唱え始めている。

これら韓国の態度をみるにつけ、東日本大震災と原発事故で嫌がらせを続けているのは一部の輩(やから)の仕業とは思えない。
韓国の国是 としかいいようがない。
さらに 「2020年東京オリンピックの聖火ランナーのスタート地点が福島だ」 と連発している。
どこまでやったら気がすむのか。
誠に悪意に満ちていると言わざるを得ない。

これじゃ、『凡語』 に 「欺かず争わず、真実をもって交わる」 と言われても、我々がこんなに欺かれて虐げられているようでは真実をもって交わるのは不可能である。

---------------------------------------

韓国は我々の国に仏教を伝えてくれ、陶芸技術を教えてくれた恩人である立派な国なのに、今ではこのように最低レベルにまで堕落してしまったのが 現実 だ。
我が国の隣にこのような国がいて、我々は誠に不幸である。
と嘆かざるを得ない。

2019.8.19







筆者のプロフィール ↓

shochan31

Author:shochan31
名前が しょうじ なので障子が背景となっている。ペンネームはアルファベットで shochan(しょうじの愛称)だが数字 31 の由来は不明だ。

最近書いた記事 ↓
月別アーカイブ ↓
このブログ内を検索できます ↓
管理者専用 ↓