さすがは紅葉の名所

2019.11.24

四季の変化が薄れたとはいえ、春の桜、秋の紅葉は私にとって欠かせない風物だ。
秋の紅葉は、もみじに限らず、色んな木々が赤から黄色に色づくので、街を歩いていても楽しみだ。

京都は紅葉の名所といわれる所が多いが、きょうは永観堂に行ってみた。

永観堂
御影堂(大殿)から

仏間以外は 〔フラッシュさえ使わなければ〕 撮影OKなので、いずこもカメラ、カメラだ。

永観堂
画仙堂で

きょうのブログに文章は不要だ。
とにかく画像を見ていただいて、京都を代表するもみじの名所を堪能していただきたい。

永観堂
放生池のもみじ、うしろは東山山麓に立つ多宝塔

雲っていた境内(👆)に一瞬薄日が差した。(👇)

永観堂
同上

みかえり阿弥陀
---------------------------------------

なお、永観堂といえば 「み返り阿弥陀」 が目玉だ。 写真は永観堂のホームページから
横を向いておられる仏さんは珍しい。

しかし、まだ拝ませていただいたことがなかった。
拝観料が¥1,000 と高いな、と思っていたら、堂内をずーっと見て回れるのだった。
多くの堂宇を見て回ったあとの最後、ひときわ高い所に阿弥陀堂(本堂)があり、そこに 「み返り阿弥陀」 はあった。
阿弥陀堂は江戸初期の古建築だそうだが、堂内の長押、柱などは極彩色の絵で飾られていた。
最近描かれたものらしく、こんな鮮やかな色彩は京都では珍しい。
その奥にご本尊、「み返り阿弥陀」(阿弥陀如来立像) は意外と小さく、金網のような厨子の中に安置されていた。
み仏は正面からではなく右側から近づけるようになっており、阿弥陀さんのお顔の部分だけ金網が切り取られていよく拝めるようになっていた。
なるほどね。

2019.11.24



【過去の関連記事】 見て歩る記 京都編(京都府も含む)
ただし、2015年以降。

さすがは紅葉の名所(2019.11.24) 永観堂
一服の清涼剤(2019.6.16) 東林院
サツキ 古寺染める(2019.6.8) 善峯寺
ラッキーなイメージ(2019.5.18) 切戸の文殊堂
明智藪はいま(2019.4.18) 明智藪
優美で豪華(2019.3.3) 京都御所
猪(亥)ゆかりのお寺(2019.1.14) 禅居庵
猪はことしの干支(2019.1.6) 護王神社
デジタルサイネージ(2019.1.3) 伏見稲荷大社
カメラOKのお寺(2018.12.9) 建仁寺
京都で塩を焼く(2018.8.31) 河原院趾、渉成園、塩竈神社
異体字(2018.4.28) 金戒光明寺
現役の発電所(2018.4.2) 夷川ダム
堂本印象はスゴイ(2018.3.21) 堂本印象美術館
伝説の菅原道真(2018.3.18) 菅大臣神社
複雑な土地柄(2017.7.8) 西院駅
400年前のイベント(2017.5.18) 御霊神社・朔平門
国際化対応(2017.2.12) 伏見稲荷大社
うれしい積雪(2017.1.15) 京都御苑
壬生狂言(2016.10.10) 壬生寺
初公開の展望台(2016.8.28) 高台寺
比叡山に登る(2016.8.11) 比叡山
千日詣(まいり)(2016.8.1) 愛宕神社
義満という人物(2016.7.9) 金閣寺(北山大塔の破片発見)
大徳寺を訪ねる(2016.5.21) 大徳寺(唐門・黄梅院)
伝統の行事(2)(2016.5.5) 下鴨神社(歩射神事)
伝統の行事(2016.5.3) 下鴨神社(流鏑馬)
国宝候補(2016.5.3) 相国寺
すわ大事件(2016.4.28) 蛤御門
京都・寺町を行く(2016.4.23) 本満寺、阿弥陀寺、天寧寺
花より団子か(2016.3.26) 本満寺
軒端の梅(2016.3.5) 東北院
紫野の義経と弁慶(2015.11.8) 紫野地区
京都検定のお勉強(2015.11.1) 妙心寺
人気ナンバーワン (2015.10.4) 伏見稲荷大社
巨椋池跡を歩く (2015.9.27) 太閤堤、填島城跡
1年の折り返し(2015.6.30) 白峯神宮
「投」薬とは (2015.3.15) 東福寺
迷路の京都(2015.3.7) 『辻子』
雪で明けた新年の初詣 (2015.1.2) 上賀茂神社

2014年以前はこちら







Uber Taxi 【続】

2019.11.11

先日、ウーバータクシーを初めて利用した。 ( こちら
そのときのプロモーションカードには 『2回無料』 と書いてあった。
運転手に確かめても 「はい、次回も、1,500円までは無料になります、但し15日までですよ」 と言っていた。

promotioncard
プロモーションの期限は11月15日

きょう、先日と同様、病院に行かねばならなかったので、またタクシーを呼んだ。
果たして、今回も 1,500円までは無料になるだろか?

taxi.jpg
ルーフには Uber の表示灯がついている

安くなるに越したことはない。
運転手さんに確かめてみたが、こんどの運転手さんよく分からないとのこと。
会社側が、Uber から無料提供された端末を 言われるままに設置しているだけだそうだ。

病院まで、先日は 1,570 円だったが、きょうのメーターは 1,330 円だった。
スマホアプリのどのボタンを押したらプロモーションが適用になるのか〔すなわち、1,500円までが無料になるのか〕 よく分からない。
records_280.jpg
運転手さんは、スマホ決済になります、というだけで自信なさそうだった。
仕方なく、そのまま下車した。

ま、1回目、1,500 円が只になったのだし、(今回は有料になっても) まぁいいか。

2019.11.11

---------------------------------------

追記 2019.11.12

Uber アプリには私のクレジットカード情報が入っているから、1,330 円はそのまま引かれたのかもわからない ・・・ と思っていた。

きょう、Uber アプリの「乗車情報」というところをタップすると過去の乗車履歴が表示され、きのうの乗車賃は¥0 となっていた。
「初回の2回は無料」 というのはウソではなかった。

---------------------------------------

ところで、この「Uber」。
ドイツ語の Über (英語の Over)から来ていると聞いたことがある。
だから発音は ウーバー ではなく ウ と ユ の間のややこしい音だ。

ところが調べてみると、英語で Uber は 「すばらしい!、すげー!」 といった俗語だそうだ。
Super に相当するという。
そんな俗語は知らなかったが、確かに Uber Taxi は便利で 「すばらしい!」







ありがたい対応

2019.11.9

きょうは或る会合のため 横浜・中華街 へ行った。
帰り、新横浜駅で新幹線に乗り継ぐとき、持ってきた〔カメラの〕三脚を忘れたのに気がついた。

(えーっと、どこで忘れたんだろ)
中華街からの行動をずーっと思い返した。
この歳になると、すぐ回顧できない。
・・・・・ うーん。 ???
JR石川町駅から電車に乗るとき、改札前で、お土産をバッグに詰め替える際、三脚を近くの物の上にちょっと置いた。
それを取るのを忘れて、改札を通ってきたのだった。
(あっ、そうだ あのときだ)

さっそく石川町駅に直接電話しようと、インターネットで電話番号を調べようとしたが、石川町駅の電話番号は公開されてない。
代わりに、「JR東日本お問い合わせセンター」 の電話番号が出ていた。
電話はこれしかないようだった。
050 で始まる番号だったので京都に帰ってから電話することにした。
電話の受付時間が 24時までなのは嬉しい。

---------------------------------------

「JR東日本お問い合わせセンター」 というからにはJR東日本全体をカバーしてるんだろうから、果たして一介の石川町駅〔根岸線〕での忘れものなんかわかるだろうか、との危惧があった。

京都の自宅に戻って 「JR東日本お問い合わせセンター」 に電話した。
聞かれるままに、駅名と場所(中華街口改札の手前)、忘れたもの(三脚) を告げたら ものの10秒も経たないうちに 「ありました」 とのこと。
この早さには驚くとともに、うれしくなって思わず 「あ、それそれ、それです。ありがとうございます」 と口走ってしまった。
「すんませんが、送料受取人払いで京都まで送ってもらえませんか」 と申し出ると、「メモの用意をしてください」 という。

そこで告げられたのは 「忘れもの番号(4桁の数字)」 と 「〔石川町駅の〕鉄道電話の番号(052 で始まる7桁の数字)」 で、
「お近くにJRの駅はありますか?」
「そこへ行って、その数字を告げて、〔忘れものの〕配送の手続きをしてください」
とのこと。
(鉄道電話なるものの存在を初めて知った。)

それで早速、私の最寄りのJR駅、〔山陰線〕二条駅へ行った。
記入させられたのは 「遺失物託送依頼書」 。

依頼書
記入した「遺失物託送依頼書」

JR東日本宛の規定フォームだ。
忘れものする人がそれだけ多い、ってことか。

電話だけでは済まず、駅まで出向かなければならないのは難点だが、人の財産のことだから、書面での依頼は致し方ないのだろう。
そう思って、駅をあとにした。

2019.11.9

---------------------------------------

追記 2019.11.11

JR二条駅で「遺失物託送依頼書」を書いたのが土曜の夜遅く。(9日)
そしたら、きょう月曜(11日)のお昼ごろ、忘れた三脚が宅配便で届いた。

宅配便
宅配便で届いた三脚

早い。
日曜にも拘らず、すぐに対応してくれたようだ。
迅速なJR東日本の対応に感謝・感謝 だ。

2019.11.11








Uber Taxi を試す

2019.11.8

きのう夕方から下腹部がなんか痛いような気がしてしんどくなったので布団に入ってちょっとまどろんだ。
夜遅く、家内が私の体を見て 「熱がある」 と言い出した。
測ってみたら 38.9℃ もあった。

家内は 「救急車を呼んで病院に行こう」 といいだした。
世間体もあるし、こんな熱程度で救急車を呼ぶのに抵抗があった。
「タクシー呼んだら?」 というので、不承不承決意した。

それで思い出したのが Uber Taxi だ。
というのも、最近自宅の郵便受けに Uber Taxi の 「11月15日まで、最初の2回、¥1,500 まで無料」 というプロモーションカードが入っていて、それにつられて Uber アプリを私のスマホにダウンロードしていたのだった。
(そんなにサービスして儲かるんやろか)
(でも ¥1,500 まで無料は魅力的やなぁ)

promotioncard
ウーバータクシーのプロモーションカード

ダウンロードすると、即会員登録させられる。
クレジットカード情報も入力させられた。
クレジットカード情報を入力するのには多少抵抗はあったが、いつかはタクシーに乗ることもあろうかと登録し、そのままになっていた。

さて、Uber アプリの操作だ。
スマホを手に取って、指示されるまま、現在地(GPSで自動入力)と行先を入力する。

すると、「あと5分で(乗車地点=現在地)の到着します」という表示と共に、地図上に迎えにくるタクシーの表示が教示され、「運賃は ¥1.200~¥1,550」「運転手は誰々(具体的な名前)、車種とナンバープレートは何々(例えばToyota ヴォクシー 京都 330 い 1230)」との表示される。

夜遅かったが、まもなく、タクシーが来る。
そのナンバープレートは、スマホに表示されたのと同じだ。
(あ、これが私が呼んだ Uber Taxi の車だ。)
確認のため、運転手に自分の名前を告げて乗る。

運転手は外人みたいなので聞いてみたら京都に14年住んでるという中国人だった。
(Uber だから外人なのか、単なる偶然かわからない)
「この病院は何度も来てますからよく知ってます」
へぇー、驚きだ。
先日、名古屋に行ったときタクシーに乗って「名古屋城・東門」までと言ったら、そんな有名地点なのに、ナビを入れてコースを見ていた若い日本人運転手とはえらい違いだ。

目的地の病院には 「到着予定時刻」 より1分早く着いた。
少し長めの予測表示をして、客からのクレームを予防してるのかもわからない。

さて、運賃は ・・・
メーターは¥1,570 と表示されている。
¥1,500 は無料なので、¥70 だけチャージします、とのこと。
降りるとき何もしなくていいのは拍子抜けだ。

すべてスムーズだったのにはいささか驚いた。
何よりたった 70円だったのは嬉しい。
(Uber はどこで儲けるのだろうか) と心配になった。

2019.11.8








筆者のプロフィール ↓

shochan31

Author:shochan31
名前が しょうじ なので障子が背景となっている。ペンネームはアルファベットで shochan(しょうじの愛称)だが数字 31 の由来は不明だ。

最近書いた記事 ↓
月別アーカイブ ↓
このブログ内を検索できます ↓
管理者専用 ↓