地元に恩返し

2020.2.29

けさの新聞に 「美人のすべて」 という題で、江戸時代から明治・大正、そして昭和までの美人画コレクションの展覧会が開かれている、との記事を見つけた。
『(京都画壇美人画の名手)上村松園の作品17点が並ぶ』 という。
中には、最初の師・鈴木松年との珍しい合作「加賀千代図」があり、『師が松を、本人は 「朝顔につるべ取られてもらひ水」 で知られる女性俳人を描いていて、絵を習い始めたころのうら若い(松園の)筆遣いが感じられる』 と書いてある。

新聞
© 京都新聞 2020.2.29 朝刊 p.9 美術面 から

へぇー、先日お墓を訪ねたり、雲龍図を見たりした鈴木松年かぁー ( お墓は こちら )( 雲龍図は こちら

新聞記事では 「3月1日まで」 とある。
3月1日とはあしたである。
なんでこんな切羽詰まったタイミングで記事を載せたんだろうと不思議に思った。(理由については下記)
でもあしたまでだそうだから、雨模様だったが行ってみようかな、という気になって出かけた。

場所は嵐山。
名前は福田美術館。
聞いたことない名前の美術館だ。

福田美術館

福田美術館

雨というのに結構盛況だ。
新聞記事が取りあげていた 「加賀千代図」 もあった。

展示室

「牡丹雪」 という題だが雪片はひとつだけ(鏑木清方)、「さくら狩・紅葉」 という題だが桜の花びらはほんの数片が舞い落ち、紅葉した葉が地面にひとつ(池田蕉園・池田輝方)。
さらに 「雨を聴く」 という題だが雨は描いてない(上村松園)、「美人観月」 という題ながら月を描いてない(上村松園)。
ほんとに こころ憎い なー、日本画は。

着物姿の女性図ばかり60点。
随分と目の保養になって、大満足。
すべてこの美術館の所蔵品だという。
『私設』 美術館なのにすごい

福田ってどんな人だ ?
聞けば、その人は福田吉孝氏。京都市出身で京都市で創業した消費者金融 「アイフル」 の創業社長だそうだ。
福田氏は17年ほど前、「何か社会に還元できないか」 と思っていたとき、嵐山の土地売買の話があり、また絵画120点ほど買わないかという話も偶然重なり、以来15年にわたり絵画を収集されたそうな。

地元に恩返し したい」 として、四季折々に美しい姿を見せる嵐山の景色と渡月橋を一望できる抜群の立地に、「美しい自然と日本美術の融和」 をコンセプトに 去年10月にオープンしたばかりだという。
そうだったのか。

消費者金融はとかく悪評高いが、社会に必要でもある。
罪滅ぼしではないと思うが、こういう 「 地元に恩返し」 は見上げたものだ。

しかも、美術館の音声ガイドはふつうは有料だが、ここは無料。
驚くべきことに 「撮影OK」 !
「SNSにどんどんアップしてください」 と。
そうなんだ、かつて建仁寺が 「撮影OK」 だと知ったとき、私は
撮って帰った写真を人に見せたらいい宣伝になる。
ほとんどの人はどうせ商業的に使えるようないい写真は撮れていないのだ。
と書いたことがあった。( こちら、2018.12.9
わが意を得たり。 美術館の方針に敬意を表したい。

福田美術館

なお、新聞記事に 「3月1日まで」(あしたまで) と書いてあった。
通常、そんな切羽詰まった紹介記事はありえない。
記事を見て、不思議に思った。 (上述)

美術館にきてその理由がわかった。
「美人のすべて」 展は3月8日までの予定で開催されていたが、昨今の新型コロナウイルス感染症の拡大防止策として、急遽 3月2日以降は臨時休館することになったのだという。

いい展示なのに、休館を余儀なくされるとはかわいそうだ。

2020.2.29





【過去の関連記事】 私設美術館
郷さくら美術館 (2014.1.30) 東京都目黒区上目黒
細見美術館 (2018.9.9) 京都市左京区岡崎
福田美術館 (2020.2.29) 京都市右京区嵯峨





黴が生えた食品広告

2020.2.24

けさの新聞に カビの生えたハンバーガーの写真 が出ていて、えっ ?! これなに? と思った。
いま流行(はや)りの イタズラ写真 かと思いきや、バーガーキングの広告だという。

われわれのハンバーガーは人工保存料を使ってないから 〔ちゃんと〕 腐る、ということを訴えたかったのだという。
よそのハンバーガーとの差別化を図っていることはすぐに分かった。
きわどい広告だが、目を引くので宣伝効果抜群だ。

朝刊

朝刊
© 京都新聞 2020.2.24 朝刊 p.5 国際面 から

新聞紙面では色がわからないが、インターネットでカラー写真を探してみたらすぐ見つかった。
よく撮れていて生々しい。

BK
カビが生えたハンバーガー カラー版

いま世の中は新型コロナウイルスによる肺炎騒動の話題でもちきりだ。
外出にはマスク、消毒が欠かせない。

ウイルスも細菌も生物だから当然増殖する。
ヒトの体に入れば感染するし、食品につけば腐食する。
腐敗ばかりでなく、発酵もある。
ペニシリンは青かびからできる。
悪い菌、よい菌は紙一重。
われわれは微妙な世界に住んでいる。

2020.2.24






皆が無視する表示灯

2020.2.19

きょう、ペースメーカーを埋め込んでいる家内に付き添って病院に行った。
心電図をとってもらう間、私は検査室の前のベンチに座って 所在なく 待っていた。
・・・ と、各ドアの上にある 「入室禁止」 の表示灯が気になった。

検査室

というのは、「入室禁止」 のランプがついたままなのに、検査士の呼びかけに応じて患者が次々と検査室に吸い込まれていくのだった。

関係者以外入室を禁止するのはわかる。
しかし、「入室禁止」 のランプがつきっぱなしはいただけない。
せっかく 「入室禁止」 の表示灯がありながら、検査士も患者も 誰も意に介していない のだ !!
無視しているのだ。

これじゃ何のために 表示灯 があるのか。
表示灯は不要なのだ。
もったいない。

検査室の前で待っているとヒマなもんだから、そんなつまらんことを思いながら待っている 「きょうのわたし」 だった ・・・。

2020.2.19







あれれ ・・・ ?!

2020.2.19

きょう、いつも行く病院に行って <あれれ ・・・ ?!> と思った。
扉がどことなくスッキリしている。

入口
すっきりした入口 (きょう撮影)

あ、そうだ。
思い出した。
以前、ここの扉は下の写真 のように格子のデザインになっていた。

入口
こちらは 2013年5月16日 撮影

そのときのブログ
格子状のところは一瞬「通行止め」を想像して(ここは通れないんだ)と思ってしまった
と書いた。しかし、すぐ
これは格子の粋(いき)なデザインなんだ
と思い直したのだった。

また、そのとき
錯覚するのは私だけじゃぁなかった
とも書いた。
しかし、〔私など少数な者が〕 粋なデザインを感じなかっただけだと思って、そんなに深くも考えてなかった。

そしたら、その粋な格子状のものが取り払われてしまったのだ。
あれから7年、いつのことかわからないが、私以外にも私と同じ錯覚する人がいて、誰かがクレームしたのだろうか。
でも、クレームぐらいじゃ 変更工事などしないだろう。
ひょっとしたら、格子のないところが出入り口だと思って 通ろうとして 頭を打って 血を流した人でもいたのだろうか。
そうだとしたら、病院としては看過できなくなる。

扉のデザインが変更されたのを見て、そんなことまで妄想してしまった。

2020.2.19







味覚は保守的なもの

2020.2.15

味覚からいって、薄い塩味はおいしい。
私はポテトチップスが好きだが、塩分が気になるので食べるのを少々控えている。

塩分はカラダによくないといわれている。
とくに私のような血圧が高い者には要注意だ。
ただでさえ、日本人の食塩摂取量は多く、WHOの基準は1日6kg だったが最近 5㎏ に下がったとも聞く。

最近テレビコマーシャルで、食塩を使わないポテトチップスが出たのを見た。
きょう近くのスーパーに行ったら、売っていたので、即、買ってみた。

ポテト
「食塩不使用」 はありがたい

買ってきたポテトチップスには コマーシャルどおり 『食塩不使用』 と大きく謳ってある。
その代わりに昆布の旨みでじゃがいも本来のおいしさを最大限に引き出した・・・ と。
ありがたい。

ポテト
その代わりに 「昆布の旨みで・・・ 」

企業努力に頭が下がる。
で、さっそくいただいた。

ポテト

たしかにポテト(じゃがいも)の味はうまいが、やはりパンチがいまいちだ。

食べなれたものが一番うまい。
味覚は保守的なものだ なぁ、と思った。

テレビの料理番組などでは、毎日目新しいものを放送しないといけないので、変わり種を紹介しているが、やっぱり 『定番』 がいちばんいい。
だって、おいしいから 『定番』 になったんだからなぁ。

でも、のんきなことは言ってられない。
食塩不使用のポテトチップスも慣れなくちゃ

2020.2.15







鈴木松年の絵

2020.2.13

きょう嵯峨野に行く用事があった。
雨上がりの朝で、大堰川の先の嵐山には雲が低くたなびいていた。
珍しい景色かなと思ってシャッターを切った。

渡月橋
雲がたなびく嵐山 08:40 AM

所用を済ませたあと、天龍寺に寄った。
というのは、先日、鈴木松年(すずき・しょうねん)画伯の墓に参ったが、彼の描いた 雲龍図 が天龍寺にあり、毎年2月だけ公開されていると聞いたからだ。

雲龍

表に 『旧「雲龍図」』 と書いてある。
鈴木松年は明治32年、この雲龍図を和紙に描き、法堂(はっとう)の天井に貼られた。
しかし傷みが激しく修復不能となったので取りはずされたのがこの雲龍図だという。
以前、この図が法堂にあったので 『旧』 と呼ばれている。

取りはずされた図は、今はそれをこのようにパネルに表装しなおして保存されているのだそうだ。、

雲龍
雄大な雲龍

鈴木松年は激情家で絵の描き方も豪放だったらしいが、これだけ傷んでいるとそのエネルギーを感じるのがむつかしい。
しかし、龍の眼だけはしっかりとこちらを向いていた。

雲龍
損傷が激しく痛々しい

聞くところによると、おととしが鈴木松年没後100年だったそうだ。
その記念展が香雪美術館(神戸市東灘区)であったというが、全く知らなかった。
惜しいことをした。

なお、取り外された鈴木松年の雲龍図のあとには、こんどは加山又造画伯が杉板に描いた雲龍図が法堂に掲げられているという。(平成9年)
きょうは公開されていなくて、見ることができなかった。

曹源池庭園(そうげんちていえん)を見て帰った。

あとで知ったのだが、庭園内には鈴木松年が雲龍図を描くときに使った硯石があったそうだが見落とした。


2020.2.13







鈴木松年の墓

2020.2.11

数日前、或る人から鈴木松年(すずき・しょうねん)という画家の一風変わった墓の話を聞いた。
画家は明治・大正に活躍した日本画家で、墓石は硯(すずり)の形をしている、という。

それで、きょう見に行くことにした。
場所は京都・円山公園の奥、東山のふもとにある長楽寺の中。

長楽寺
長楽寺に上る

長楽寺といえば、建礼門院が剃髪して入ったお寺として知られる。
門前には 「頼山陽先生墓所」 の石碑が立つ。 ↑ 写真
へぇー、鈴木松年のほかに頼山陽も眠っているいるのか。

受付で拝観料を払うと、「きょうはお善哉の接待をしています」 といわれ、庭の見える心地よい部屋 〔書院か?〕 に招かれた。
庭は相阿弥(祖阿弥)という人の作で、銀閣寺の庭や(清水寺)成就院の庭(「月の庭」)も作っているという。
相阿弥といえば能を集大成した観阿弥、世阿弥を連想するが、全く関係ないそうだ。

長楽寺
長楽寺庭園、写真は「おにわさん」<https://oniwa.garden/chorakuji-kyoto-garden-長楽寺庭園/>から

部屋に座ってお善哉を一杯いただいた。
同席していた女性は、建礼門院の遺品を見に来たという。
そりゃそうだろう。
長楽寺といえば、建礼門院だからなぁ。

室内には、わが子安徳天皇がいまわのきわまで召されていたと言う形見の直衣(のうし)を、自ら幡(ばん)に仕立て亡き子の菩提を弔われたという<安徳天皇御衣幡>がガラスケースに収められていた。
建礼門院の遺品というのは、これだ。

受付に戻り、鈴木松年のお墓に行きたいと言ったら地図を差し出された。

長楽寺
墓地の案内図

墓地へ向かう道、京都市街地を見下ろせる見晴らしのよいところに頼山陽の墓があった。
京都を 「山紫水明(さんしすいめい)」 の地と呼んだ人の眠る場所としてふさわしい場所だ。

そして目的の 鈴木家の墓地に出た。

お墓
左から二つ目が鈴木松年の墓

墓石は妻鶴栄(一番奥)、長男松僊(右端)と共にあった。
話に聞いたとおり、鈴木松年の墓石は硯(すずり)の形をしていた。
その墓石の裏には龍の図 〔雲龍図〕 が彫られているとも聞いていた。

お墓
硯(すずり)の形をした墓石、上には「老龍」の文字

それで裏を覗いてみると、確かに雲龍図ががあった。
ちょうど真横から日が差していたので、凹凸がよく見えてラッキーだった。

お墓
雲龍図


2020.2.11
---------------------------------------

追記

鈴木松年のことを調べていたら、去年秋、永観堂に紅葉を見に行ったとき、画仙堂があったが、その画仙堂は鈴木松年の発願によって建てられた建物だったと知った。
そのときの記事は こちら
そのときに現地でそんな説明を聞いたような気がするが、<画家の何某>というだけて、具体的な画家の名前は記憶していなかった。
その画家が鈴木松年だったのだ。
そうだったのか。

曰く
鈴木松年は信心深く、1914年(大正3年)、発願して永観堂境内に 「画仙堂」 を上棟、寄進した。〔松年 67歳〕
画仙堂の天井画 「天龍図」 は 松年の息子 鈴木松僊(すずきしょうせん)に託した。〔松年 43歳〕

そういえば画仙堂に 「天龍図」 もあったなぁ。




【過去の関連記事】 見て歩る記 京都編(京都府も含む)
ただし、2019年以降。

鈴木松年の墓(2020.2.11) 長楽寺
男山に登る(2019.12.19) 石清水八幡宮
さすがは紅葉の名所(2019.11.24) 永観堂
一服の清涼剤(2019.6.16) 東林院
サツキ 古寺染める(2019.6.8) 善峯寺
ラッキーなイメージ(2019.5.18) 切戸の文殊堂
明智藪はいま(2019.4.18) 明智藪
優美で豪華(2019.3.3) 京都御所
猪(亥)ゆかりのお寺(2019.1.14) 禅居庵
猪はことしの干支(2019.1.6) 護王神社
デジタルサイネージ(2019.1.3) 伏見稲荷大社

2018~2015年はこちら
2015年以前はこちら






Tパック

2020.2.4

きのう、おとといと地元の銀行が主宰するバス旅行で松山の道後温泉に行ってきた。
日本の旅館はどこでも、部屋のテーブルにお茶のセットが置いてあり、着いたら旅の疲れをいやしてほっこりするものだ。

ところが、きのうの旅館にあったティーバッグは「1ℓの沸騰したお湯で煮出してください」というものだったので、持って帰ってきた。
きょう封を切って、さて煮出そうとしたら、袋に書かれた「Tパック」の文字が目にとまった。

お茶
びわ葉茶だから「お茶」だ

お茶のバッグ(袋)だから「ティーバッグ」が正しいわけだが「Tパック」と書かれてあって、面白いと思った。
昔の日本人、例えば私の母なんかも、デパート(百貨店のこと)がうまく言えなくて「デバート」と言っていた。
だから、バッグが〔なんの気なしに〕パックになったのだろう。

お茶
お茶 は 「ティー」 なので 「T」 はちょっといただけない

インターネットで検索すると 「ティーバッグ」か「ティーパック」かどっちが正しいか というサイトがたくさんヒットする。
日本人的ネタなのだろう。

で、ティーバッグ(tea bag)が正しいとある。
でも私の感じでは、パック(pack)も「包み」だから、まぁ 「ティーバッグ」でも「ティーパック」 でも大差なさそうだ。

で、問題は「Tパック」の「 」だ。
お茶はティーだから、「ティーバッグ」または「ティーパック」 になるべきだ。
」となるのはおかしい。
察するに、短く書けるから「 」にしたんだろうけど、ちょっといただけないね。

〔でも、びわ葉茶はおいしかった。〕

2020.2.4











筆者のプロフィール ↓

shochan31

Author:shochan31
名前が しょうじ なので障子が背景となっている。ペンネームはアルファベットで shochan(しょうじの愛称)だが数字 31 の由来は不明だ。

最近書いた記事 ↓
月別アーカイブ ↓
このブログ内を検索できます ↓
管理者専用 ↓