強気と人気の共存

三宝院 | 桜 | 醍醐寺2021.3.26

世界遺産の醍醐寺は桜の名所として知られている。
醍醐寺は何度か行っているが、桜の頃に行ったことはない。
けさの新聞、桜だより には 「醍醐寺、満開近し」 と出ていた。

桜便り
© 京都新聞 2021.3.26 朝刊 p.27 社会3面 から

そこで、さっそく 花見 にでかけてみた。
コロナ禍のせいか 朝早いせいか 人影も少ない。
ここ、総門前の桜はまだ早いみたいだ。

総門
総門

拝観料は 1,500 円。
なかなか強気の設定だ。

拝観券
拝観券

尤も、三宝院エリア、伽藍エリア、霊宝館エリア併せての額だから、1箇所 500円と考えたら妥当なのかもわからないが ・・・。

早速三宝院から拝見。
大玄関前の枝垂桜が見ごろだった。

醍醐寺
三宝院大玄関前の枝垂桜

大玄関から三宝院に入ると、また 500円。
三宝院では表書院や有名な 『三宝院庭園』 を一巡できる。
でも、庭園に桜の木はなかった。

庭園
三宝院庭園

三宝院を見終わって出てきたら、1,500円の拝観券を買い求める長蛇の列ができていて驚いた。
大した人気だ。
さっきは 空いていて 並ばずにすぐ買えたのに。

行列1

行列2

去年から猛威をふるっているコロナ禍はなかなか終息を見せない。
京都府も引き続き 不要不急の外出を自粛するよう求めている。
なのにこの人出だ。
醍醐の桜は 絶大な人気があるようだ。

ここでは 〔お寺の〕強気(つよき)と〔人々の〕人気(にんき)が共存している。
お寺が強気に出られるのは 絶大な人気に支えられている、という訳だ。

2021.3.26




【過去の関連記事】 見て歩る記 京都編(京都府も含む)
ただし、2019年以降。

強気と人気の共存(2021.3.26) 醍醐寺
ホテイアオイの寺?(2020.10.30) 両足院
古の京都を偲ぶ(2020.6.7) 蛇塚古墳
地元に恩返し(2020.2.29) 福田美術館
鈴木松年の絵(2020.2.13) 天龍寺
鈴木松年の墓(2020.2.11) 長楽寺
男山に登る(2019.12.19) 石清水八幡宮
さすがは紅葉の名所(2019.11.24) 永観堂
一服の清涼剤(2019.6.16) 東林院
サツキ 古寺染める(2019.6.8) 善峯寺
ラッキーなイメージ(2019.5.18) 切戸の文殊堂
明智藪はいま(2019.4.18) 明智藪
優美で豪華(2019.3.3) 京都御所
猪(亥)ゆかりのお寺(2019.1.14) 禅居庵
猪はことしの干支(2019.1.6) 護王神社
デジタルサイネージ(2019.1.3) 伏見稲荷大社

2018~2015年はこちら
2015年以前はこちら








充電式はあかんのか

単三電池 | 充電式電池 | ニッケル水素電池2021.3.23

置時計を買った。
単三電池 1本 で動くとのことで買った。

時計

単三電池ならわが家にたくさんある。
わが家で単三電池といえば充電式電池(ニッケル水素電池)で、リモコン、スピーカー、照明などに重宝しているからだ。
しかも、たくさんある手持ちのなかから1本を使えばいい。
〔ふつうの電池だと4本セットなどとして売られていて、1本だけ買うことができず、残り3本は放電してしまうので困る。〕

電池
わが家で重宝している充電式電池は「ニッケル水素電池」

だから 充電式の単三電池(ニッケル水素電池)を置時計に入れた。
ところが、置時計の取扱説明書に 『充電式電池は使用しないでください』 との警告があるではないか。

時計

えぇっー、愛用している 充電式はあかんのか ? !
なんであかんのか。

調べてみると、充電式電池は 1.2v なのだそうだ。
子どもの頃から、単一、単二、単三、単四電池はいずれも 1.5V と決まっているものと思いこんでいた。
※ 仕様によると、1.5V ・ 1.2v というのは初期電圧だという。

電圧が低いと、時刻が正しく表示されない、アラーム音が鳴らないなど、時計全般に適していないことが多いという。
そりゃそうだろうな。
しかし、パナソニックのウエブサイトに 「なぜニッケル水素電池は1.2ボルトで機器に使用できるのですか?PZ18089」 というページがあり、このようなグラフ ( 👇 )とともに説明が載っていた。

電池
パナソニックのウエブサイトから

その説明は、要するに ―
  • ふつうの乾電池は 〔機器が作動する領域の間〕 電池を使用(放電)するに従って電圧が徐々に下がっていき、電池の容量がなくると電圧が一気に低下する。
  • 充電式電池(ニッケル水素電池)は 〔機器が作動する領域の間〕 1.2V付近で電圧が一定となり、電池の容量がなくると電圧が一気に低下する。
ということらしい。

それなら、ふつうの乾電池も充電式電池(ニッケル水素電池)も一緒だし、何も問題ないではないか。
充電式電池(ニッケル水素電池)の方が長持ちして、むしろ有利だ。
だから、ニッケル水素電池を入れたままにしとこうと思った。

ただ、この説明の後に
「機器メーカーが取扱説明書などでニッケル水素電池使用不可の指定がある場合はご使用にならないでください」
との但し書きがあった。

うーん、やっぱりあかんのか。
びびって、負けた。
ふつうの単三電池を買い求めることにした。
※ マンガン電池でもアルカリ電池でもいいらしい。

2021.3.23






えぇー ?! 赤字転落

2021.3.11

よく利用する近所のバス停。
毎年3月には時刻が改正(変更)になる。
きょう見たら、新しい時刻表が正式に掲示され、現行のものは、別の板の上に貼られてワイヤーで足下に留めてあった。

バス停

両方見比べて、この路線の令和元年度の 『営業係数』 が “109” となっていたことが気になった。(👇)
『営業係数』 というのは、100円の収入を得るために掛る費用のことだ。

その前年、平成30年度 〔2018年4月~2019年3月〕 は 94(円)だったそうだ。
だから 前年度は 儲かっていたことになる。
それが、令和元年度、すなわち 2019年 4月から 2020年3月までは 109(円)になったというのだ。
えぇー ?! 赤字転落 やんか。

係数
令和元年度の営業係数は “109”

足下に留めてある時刻表には、更に昔の期間の 『営業係数』 が出ていた。
平成29年度は 91(円)だったという。

係数
平成29年度は 91(円)だったという

ということは、営業係数は “91” → “94” → “109” と毎年悪化し、令和元年度についに赤字になったということらしい。

ま、新型コロナウイルス蔓延の影響で人々が外出を控えたのがその原因かな、と思う。
しかし、新型コロナウイルスの感染がほんとに拡大したのは、2020年4月以降だ。〔註: 令和2年4月以降〕
つまり、令和2年度 〔2020年4月~2021年3月〕 はコロナの影響をもっと受けているに違いない。
去年の春 〔2020年4月~5月頃〕、最初の緊急事態宣言がでたとき、乗客を一人も乗せないで走っているバスを何度も目撃している。

それを見た私は、
(路線バスやから走らせなあかんけど、マイクロバスにするとかしたら経費がうかせるんちゃうかな)と思ったことがあった。
(しかし、マイクロバスにするには、新たにマイクロバスを調達せなあかんやろなぁ)、
(調達せんと、レンタルという方法もあるんかなぁ)、
(でも運転手の人件費は変わらへんしなぁ) ・・・ などと考えたこともあった。

バスは市民の足として欠かせないインフラなので、廃止するわけにもいかない。
走る間隔を開けて、走行便数を減らせば、不便になり市民の足はますます遠のく。
頭の痛い問題だ。

2021.3.11










これでも“松竹梅”か

2021.3.4

近所の京都御苑に『黒木の梅(くろきのうめ)』と名づけられた銘木がある。
明治になる前、この辺りに九条家のお屋敷があり、その邸内にあった梅の木〔の子孫〕という。
遅咲きの梅だが、豪華絢爛たる花をつけるので知られている。

きょう通りかかったら、もう結構咲いていた。
通りかかる人はみな足を止め、多くはカメラに収めていく。

梅

「八分咲きかなぁ」 などと言いあっている。

梅

濃いピンクの花だ。

梅
絢爛豪華

普通、梅のイメージは上品で楚々と咲く平安京のイメージだ。
ところがこれは安土桃山時代だね。

梅
隣に松の緑、下には竹垣

その右隣に松の木があって、緑が鮮やかだった。
近づいてきた男女二人組の会話が聞こえてきた。

男 「ほれ、これ松と梅や。これに竹があったら “松竹梅” でめでたいんやけどなぁ」
女 〔下の方にある四ツ目垣を指さして〕 「ここに竹があるけど、あかんやろか」

生えている竹ではないが、これでも “松竹梅” 揃ってるわ。
普通は気がつかないけど、女性はよく気がつく。

2021.3.4








筆者のプロフィール ↓

shochan31

Author:shochan31
名前が しょうじ なので障子が背景となっている。ペンネームはアルファベットで shochan(しょうじの愛称)だが数字 31 の由来は不明だ。

最近書いた記事 ↓
月別アーカイブ ↓
このブログ内を検索できます ↓
管理者専用 ↓