小野道風の柳

小野道風 | 柳 | 東寺2021.4.23

きょう東寺に行ったら、境内に 「小野道風(おののとうふう)ゆかりの柳」 というのがあった。
なかなか立派な木だ。
枝が春風にそよいでいた。

柳
小野道風ゆかりの柳

小野道風といえば、子供のころ聞いた 柳と蛙(かえる)の話を思い出す。
小野道風は三蹟(※)の一人に数えられる能書家だが、最初から字が上手だったのではない。
あるとき、蛙が柳の葉に何べんも跳びつこうと失敗していた。
しかし、蛙は何度もやっているうちに遂に柳の葉に跳びつくことができた。
これを見た小野道風は、何度も努力を繰り返せば目的を達成できることを学んだ。
それで、精進と努力を重ねて書が上手になった。

(※) 私は三筆と思っていたが、実際は三蹟というのだそうだ。

人は努力せなあかん、という教訓だ。

「ああ、あの柳か !
へぇー。
こんなものがあるのが京都なのだ。
だから京都は面白い。

しかし、思えば、小野道風は1000年以上も昔の人で、彼が見た蛙の柳がいまも残っているとは考えにくい。
よくあるのは、元の木は枯れたが親の木を挿し木などして、或いは親の木から採れた種から育てるなどして、いまに伝わるというものだ。
まぁ、多分そんなところかと思った。

はて、その柳の木があったのは東寺の境内だったのか??
立て札には 「歌舞伎 小野道風青龍硯 『柳ヶ池蛙飛の場』の舞台より」 とある。(※)
ふーん、そんな歌舞伎の演目があるとは知らなかった。

※ その演目、正しくは小野道風青柳硯(おののとうふうあおやぎすずり)といい、江戸時代の中頃(宝暦4年、1754年)に初演された人形浄瑠璃の演目だそうで、いまではほとんど演じられないという。

柳


調べてみると、小野道風と蛙の話はその劇の中での創作だという。
小野道風が見たのは 東寺の門前 〔或いは境内にある柳ヶ池畔?〕 でのことだ という設定になっているらしい。
それにちなんで、東寺の方が気ぃ利かして、柳の木を 〔門前ではないが境内の〕 水のそばに植えられたようだ。
面白い発想だ。
似たような話、熱海の寛一お宮の像、五条大橋の牛若丸と弁慶の像 ・・・ みたいなもんか。
創作だといって、別に目くじらを立てることもない。
小野道風が能書家なのは事実なんだし。
「ははは」と笑って楽しむのがよろしいようだ。
或いは、この柳の木を見て小野道風を思い出し(小野道風のように精進しなくちゃ)と思いなおすのもいいだろう。

このエピソードは、昔よく遊んだ花札にも描かれていた。
引き出しの奥にしまわれているはずだ ・・・ と思って探したらすぐ出てきた。( 👇 )
おお、なつかしい。

花札
昔よく遊んだ 花札 の一枚


2021.4.23










さわったらあかん

立砂 | 清めの社 | 車折神社2021.4.6

きょう所用で京都・嵯峨にある車折(くるまざき)神社に行った。
境内にはいろんな社(やしろ)がひしめきあっていた。
そのうちのひとつに、立砂(たてずな)がご神体かと思わせる社(やしろ)があって思わず足を止めた。

立砂
清めの社(きよめのやしろ)という。立砂がご神体のようだ

ご近所の方とおぼしき方が深く頭を下げて通り過ぎていく。
地元の崇敬をあつめているらしい。

ふつう、京都で立砂といえば、上賀茂神社にある立砂だ。

立砂
上賀茂神社の立砂

賀茂の神さん、賀茂別雷神 (かもわけいかづちのかみ) はこの山に降り立たれるのだそうな。
ご神体の象徴だ。

ところがこちら〔車折神社〕の立砂はえらい急角度だ。
変だなと思って、近づいてよく見ると、小石をコンクリートで固めてあった。

なーるほど、そうだったのか。
そりゃそーだろ。
こんな急角度に砂を積んだら、乾いたらすぐ瓦解してしまう。
コンクリートだから、こんな急角度でも崩れないのだ。
不謹慎にも笑ってしまった。

しかも、立砂の横には 『さわるとご利益(りやく)が受けられません』 との立札があり、また笑ってしまった。

そう書いてある ということは、さわる人が多い、ということの証(あかし)である。

立砂
さわったらあかん

ご神体にさわるなどしたら罰(ばち)があたるのは当然なのに、そうは書かずに 「ご利益が受けられません」 とは控えめな言い方だ。
でも、それを知らんと 〔或いは、知っていながら好奇心から〕 さわる若者がいる、ってことか。

2021.4.6





【過去の関連記事】 見て歩る記 京都編(京都府も含む)
ただし、2019年以降。

さわったらあかん(2021.4.6) 車折神社
強気と人気の共存(2021.3.26) 醍醐寺
ホテイアオイの寺?(2020.10.30) 両足院
古の京都を偲ぶ(2020.6.7) 蛇塚古墳
地元に恩返し(2020.2.29) 福田美術館
鈴木松年の絵(2020.2.13) 天龍寺
鈴木松年の墓(2020.2.11) 長楽寺
男山に登る(2019.12.19) 石清水八幡宮
さすがは紅葉の名所(2019.11.24) 永観堂
一服の清涼剤(2019.6.16) 東林院
サツキ 古寺染める(2019.6.8) 善峯寺
ラッキーなイメージ(2019.5.18) 切戸の文殊堂
明智藪はいま(2019.4.18) 明智藪
優美で豪華(2019.3.3) 京都御所
猪(亥)ゆかりのお寺(2019.1.14) 禅居庵
猪はことしの干支(2019.1.6) 護王神社
デジタルサイネージ(2019.1.3) 伏見稲荷大社

2018~2015年はこちら
2015年以前はこちら







筆者のプロフィール ↓

shochan31

Author:shochan31
名前が しょうじ なので障子が背景となっている。ペンネームはアルファベットで shochan(しょうじの愛称)だが数字 31 の由来は不明だ。

最近書いた記事 ↓
月別アーカイブ ↓
このブログ内を検索できます ↓
管理者専用 ↓