語呂合わせ大国

語呂合わせ | 猫の日 | スーパー猫の日2022.2.23

きのうは2月22日。
2をニャンと読んで、“ニャンニャンニャン” で 「猫の日」
それを2022年と繋げると、2が5つ並ぶので 「スーパー猫の日」 だという。
2をにんと読めば “にんにんにん” となって 「忍者の日」 にもなるという。

2が5つ並ぶのが「スーパー猫の日」だったら、午後10時(22時)22分22秒なら2が11も並ぶので 「ウルトラスーパー猫の日」 になるんだろうか。

豆

数字をこのように読み替える 『語呂合わせ』 は外国にもあるのか。

インターネットで調べてみると、わずかながらあるようだ。
● 8はマンダリン(北京中国語)で “バ” と発音し、“ババ” は父親を意味する言葉なので、8月8日は “ババ” になり、台湾/中国の父の日は8月8日だそうだ。
● 5はタイ語で “ハ” と発音し、笑い声に似ているので、チャットで “555555” と書いて笑い声を表現する。

しかし、我が国は 語呂合わせ大国 だ。
昔は 「6月4日、虫歯予防デー」 程度だったが、いまや 「3月3日、耳の日」「11月22日、いい夫婦の日」 など枚挙にいとまがない。

再びインターネットで調べてみると、「今日は何の日・雑学ネタ帳」「今日は何の日・365日雑学カレンダー」「今日は何の日・なぞなぞや雑学クイズ!」など、あるわあるわ ・・・

ちなみにきょう 2月23日は
● 「ツー(2)ツー(2)み(3)」(包み)の語呂合わせで ➡ 「ふろしきの日」(「京都ふろしき会」と「日本風呂敷連合会」が制定)
● 「ふ(2)じ(2)さん(3)」と読んで ➡ 「富士山の日」(「山の展望と地図のフォーラム」、山梨県河口湖町、静岡県が制定)
● 「ふ(2)じ(2)み(3)」と読んで ➡ 「富士見の日」(長野県富士見町観光協会が制定)
などがあるという。

公式の認定機関として、一般社団法人・日本記念日協会というのまである。
いやはや。
これは立派な日本文化だ。
それにしてもユニークで豊かな文化だなぁ。

2022.2.23

---------------------------------------

追記 2022.3.13
きょう行われたマラソンで 2時間22分22秒 というタイムでゴールした人がいるという。

安藤友香
「名古屋ウィメンズマラソン」 3位でゴールする安藤友香選手

安藤友香

西暦2022年に 「2並び」 を狙ったわけじゃないだろうし、狙ったからといって出来るものでもない。
しかし偶然といっては出来過ぎじゃないか。





【過去の関連記事】 数字が並ぶ
12が6つ並ぶ (2012.12.12)



えっ 厄を拾ったの?!

厄落し | 厄落とし | 節分 | 大洲2022.2.6

紙に包んだ豆と五円硬貨が道に落ちていたので、お金は警察に届けた話を書いた。( こちら

落ちているのを見つけたのが ちょうど 立春の朝だったので、私は思わず 「こいつぁ 春から縁起がいいわぇ」 とほくそ笑んだのだったが、その後インターネットで調べていたら、「厄落しとして道の角に五円硬貨を置き去る(捨てる)」という風習があるのを見つけた。

例えば ―
「厄年の人は、お餅と5円玉を白紙に包み、家から角ごとの道端に振り返らず置いてくる。翌日に置いてきたものがなくなっていたならば厄落しとなる。」(静岡県)

「節分の豆(年の数分)と、穴のあいた硬貨(たいてい五円玉)を、ティッシュにくるんで、四つ角の道に捨ててくる。これまた、一言も話さず、後ろをふり向かないよう、後戻りもせず、ぐるっとそこらへんをまわって帰ってくる。」(愛媛県)

愛媛県大洲市在住の人が運営している「生まれも育ちも大洲です」という YouTube があって、そこにはおととい〔2月4日〕投稿したて ホヤホヤのレポート 「節分の謎を調査 交差点の段ボールにお金は幾らあるの」 というのがあった。

それによるよ、大洲市の、特に肱南地区の節分の夜は独特で、四つ辻ごとに段ボール箱が置かれるという。

大洲
© YouTube「生まれも育ちも大洲です」2022年2月4日投稿から

翌朝、段ボール箱の中を調べてみると ・・・

大洲
紙に包まれた豆の中からお金を拾い出す(上記の YouTube 動画から)

包みは 69 もあって、大豆と一緒にお金が入っていた。
数えてみたら、合計 85円あったという。

大洲
(上記の YouTube 動画から)

ふーん、そんな地方もあるのか。

そういえば、私が 落ちているのを見つけた場所は信号機のある四つ辻の角だった。
京都にはこんな「厄落し」の風習はないと思うが、もしそうだとしたら ―
五円は(福との)「ご縁」じゃなくて、人が落とした「厄」を拾った ことになる。

「こいつぁ 春から縁起がいいわぇ」 と浮かれている場合じゃないよ。
えらいこっちゃ。
(尤も、その「厄」はいま警察署にあるが ・・・)

---------------------------------------

じゃぁ、私が立春の朝に見つけたのは何だったか。
  • 前夜(節分の夜)どこかの神社かお寺で貰ろてきたものなのか、或いは授与されたものなのか。(ふつう、そんなにたくさん貰えるはずない)
  • 不覚にも落としたものなのか。(こんなにカサのあるものを落として気づかないはずはないだろう)
  • 上記の大洲のように、厄除けとして置いたものなのか。(そもそも京都にこんな風習はなさそうだし、仮にそんな風習があったとしても7包みは多すぎる。7人家族の各人分の厄落しか?)
うーん、まったく解明できない。

2022.2.6







春から縁起がいいわ

拾得物 | 遺失物2022.2.4

けさ外に出たら、うちの横の道に 白い紙くず が落ちていた。
一瞬、犬がうんこでもしたんかなと思ってよくみると豆のようなものが見えた。

豆

ははーん、節分の豆まきの豆だな !!
きのうは2月3日で節分だったので ピーン ときた。
すぐウチからカメラを取ってきて、人に踏まれないうちに 「決定的瞬間」 を素早く撮ったのがこれ( 👆 )。

豆を包んでいる半紙を開くと豆があり、その中に五円硬貨が混じっている。
五円硬貨は 『ご縁がありますように』 とお賽銭に使ったりする。
その伝か。

豆

半紙包みをひとつひとつ開けてみると、包みのすべてに五円硬貨が入っていた。
どこの神社 (或いはお寺) の豆まきか?

五円硬貨は豆の中から摘まみだして、全部で7枚。
(つまり、7つの包みがあったということ)

豆

きょうは 『立春』 。
こいつぁ 春から縁起がいいわぇ

---------------------------------------

不思議なのは、この豆、落としたのか、故意に路上に捨てたのか。
縁起物を捨てるとは考えられないので、ま、多分、不覚にも落とされたもんだろう。
しかし、こんなカサのあるもんを落として気づかないとは ・・・

こぼれた豆は汚いけど、半紙の中のは食べられそうだ。
でも、もったいないとけど、〔お金だけ摘まみだして〕 豆は半紙と一緒に掃いて捨てた。

でも、そのあとで、(五円硬貨も一緒にあったので、警察に拾得物として届けなあかんかったんやろか) と思った。
でも、半紙と豆はもう捨ててしまった。
お金だけはまだ手元にある。

このブログを見た落とし主に告ぐ。
ご一報いただければ 即お返しします。
(故意に捨てたのなら、所有権を放棄しはったんですか?)

2022.2.4

---------------------------------------

追記 2022.2.6
その後、調べてみたら、お金を拾った場合、上のように 『ご一報いただければ 即お返しします』 と私がインターネット上に公告しただけでは不十分で、拾たもんは 1円でも警察に届けなあかん ことがわかった。
そうすると、警察がインターネット上に落とし物(拾得物)の公告をするんだそうだ。

そこで、けさ最寄りの交番に届けた。
「ほんとは半紙と豆も一緒に持って来てほしかった」 といわれたので、
「まだゴミ箱に入ったままなので、取りに帰ります」 といったら、
「いいです、いいです」 といわれた。

拾って2日経っていたが 「1週間以上経っていたらあなたのものにはならなかった」 ともいわれた。

五円硬貨7枚を渡したら 「拾得物件預り書」 がもらえた。
やれやれ。

預り書

「こんなわずかなことでお手を煩わして申し訳ないですね」 といったら、
警察官に 「いやいや、これが仕事ですから」 といってもらえて、肩の荷がおりた。

しかし、仮に私が35円を私物化したら、窃盗罪か横領罪か知らないが、どれくらいの罪になるんだろと思った。
インターネットによると、刑法254条に「遺失物横領罪」というのがあって「遺失物、漂流物その他占有を離れた他人の物を横領した者は、一年以下の懲役または十万円以下の罰金もしくは科料に処せられる」とあるらしい。
35円の私物化くらいでは懲役にはならないと思うが、科料は多分 35円を超えるんだろうな。

2022.2.6







数字が爆発する

コロナ | 新規感染者 | 新型コロナウイルス2022.2.2

新型コロナウイルスに新規に感染する人数が急増しているという。

去年8月13日に、国内の新規感染者数がついに1日2万人を超えたことがあった。
驚いて、そのときにグラフを載せたことがあった( ↓

感染者
国内新規感染者数の推移、8月13日現在、NNN集計 Ⓒ news24.jp

たしかに驚異的な急増だった。
新規感染者数はその後も減少せず、その1週間後 8月20日には1日25,990人に達した。
しかし、8月20日から「緊急事態宣言」が出されたせいか、新規感染者数は急速に減少し、11月下旬には2桁台(100人以下)の日が何日かあった。

ところが 「オミクロン株」 とかいう変異種が出たかと思うと 新規感染者数は1月中頃から急速に増加し、昨今は1日8万人を超えるようになっている。

感染者
国内新規感染者数の推移、2022年2月2日現在、NNN集計 Ⓒ news24.jp

なにごとにおいても、こんな推移はめったにお目にかからない。
ちょっとやそっとで驚かない私だが、これに驚かずしていつ驚くのか。
爆発的に増える、つまり数字が爆発する とはこんなことを言うのだろう。

ところで、この 「オミクロン株」 は感染力は強いが重症にはならないという。
じゃぁ、インフルエンザみたいなもんか。
新規感染者がこんなに増えたら放置できないが、かといって大騒ぎするのもどうか。

私や私の周辺で新型コロナウイルスに感染したという話は聞かない。
感染者の爆発的増加といっても、どこか別世界の話のようだ。
外出する際は、私も人並みにマスクをするが、おつきあいみたいなもんで、もひとつ切迫感に欠けるのも事実である。
不謹慎なこといって申し訳ない。

2022.2.2
---------------------------------------

追記 2022.2.4

けさの新聞報道によると、国内の新規感染者数は、きのう〔2月3日〕10万4470人となり、初めて10万人を超えたとあった。
この急増はなんだ ?!

紙面
© 京都新聞 2022.2.4 朝刊 p.1 から

大騒ぎはしたくないが、『数字』 の推移 (爆発的増大) には驚く。

2022.2.4






筆者のプロフィール ↓

shochan31

Author:shochan31
名前が しょうじ なので障子が背景となっている。ペンネームはアルファベットで shochan(しょうじの愛称)だが数字 31 の由来は不明だ。

最近書いた記事 ↓
月別アーカイブ ↓
このブログ内を検索できます ↓
管理者専用 ↓