雪の庭、命名の由来

2023.1.25

京都には 「雪月花の三庭園」 がある。(註: 面白いことに 北野天満宮は「三庭苑」、妙満寺は「三名園」という表現を使っている)
ところが、正確には 「三庭園があった」 というべきなのだ。
が、ここからちょっと小難しい話なので読み飛ばしてもらっても構わない。

三庭園は、松永貞徳(1571-1654)という人が江戸時代の初めの頃、京都に「成就(じょうじゅ)」と名のつく3つのお寺の境内にひとつずつ庭を作ったもので、具体的には、
「雪の庭」(妙満寺・成就院境内)、
「月の庭」(清水寺・成就院境内)、
「花の庭」(北野天満宮・北野成就坊境内)
の3つの庭だが、当時からいまも現存するのは「月の庭」だけだ。

「雪の庭」(妙満寺・成就院)はというと・・・・
江戸時代、京都市内にあった妙満寺の塔頭・成就院に庭が作られたが、昭和時代に〔塔頭も含めて〕妙満寺全体が京都郊外、岩倉という所に移転 (妙満寺では 「遷堂」 と云う) した際、庭は成就院の境内ではなく妙満寺本坊の東側に移築され、いまは妙満寺本坊の東側にある。
「花の庭」(北野天満宮・北野成就坊)はというと・・・・
北野成就坊は廃仏毀釈の際に破却されたのか明治以降廃絶し、庭も破却された。北野天満宮境内に従来からあった梅林を整備、改称して 庭が 去年(2022年)再興された。

万物流転、何ごともとどまることを知らない。
不変のように思える お寺の庭も 時の経過とともに変化しているわけである。

・・・ と、えらい難しい話になったが、ここまでは読み飛ばしてもらっても差し支えない。

本題はここからだ。
京都はきのう夕方から雪が降りはじめ、下の写真のように かなり雪が積もった。
この冬初めての積雪だ。
それで 「雪月花の三庭園」 のひとつ、「雪の庭」 を見に行った。

妙満寺
山門に向かう、10:00 AM

妙満寺
三寺院代表者による揮毫、雪・月・花 (妙満寺本坊で)

さっそく本坊に向かう。
目の前にはよく整備された庭が広がっていた。

妙満寺
本坊で 「雪の庭」 と名づけられた庭を鑑賞する筆者

けさの雪で、まさに 名前のとおりの 「雪の庭」である。

妙満寺
別の角度 から見た雪の庭

・・・ と思ったが、どの庭だって雪が積もれば 「雪の庭」 じゃぁないか。
そこで、この庭が 「雪の庭」と呼ばれる所以 を考えてみた。
それがきょうの私だ。

妙満寺で貰ったパンフレットにはこう書かれている。

説明

比叡の峰を借景にした冠雪の眺望が最も美しく、これが「雪の庭」と称される由縁である。昭和43年、当山が寺町二条から岩倉へ遷堂した際、成就院より本坊の庭へ移築した。

なるほど、雪の積もった比叡山を借景にするのか
しかし、きょうは雪雲のせいか、私が市内からいつも見慣れている比叡の姿は見えない。
んー、残念 と思ったら 傍に 「本堂から比叡山がよく見えます」 との案内板があった。

じゃぁ、と境内奥の少し高台にある本堂に行ってみると、かすかに比叡山らしき山影が見えた。

妙満寺
本堂から比叡山の方向を望む、正面の饅頭型の山は一条山

比叡山がキレイに写った写真をインターネットで探したら、あった。

妙満寺
ブログ 「京都もよう」 から拝借(2014.11.20 撮影) 掲載許可申請中

「雪の庭」 からは比叡山は見えないのだ。
本坊から見えるのは一条山なのだ。
おかしいなと思って 調べてみたら、成就院がかつて寺町二条にあった当時は、冬には冠雪した比叡山がよく見えたそうだ。
(いまでも京都市内からは比叡山を望むことができる)

なぜ 「雪の庭」 と呼ばれるのか。
きょうの結論 ⇒ かつてはお庭から冠雪した比叡山がよく見え、それを借景にしたので 「雪の庭」 と称した
附記 ⇒ お庭がいまの場所に移築されて以来、冠雪した比叡山は見えなくなったが、伝統的に 「雪の庭」 と呼んでいる

ということで、雪が積もった庭だから 「雪の庭」 と呼ぶのではないことがわかった。(笑)

なお、インターネットを見ているといろんなことが書かれている。
なかには、「雪見障子を通して見る庭なので「雪の庭」という」 などといった "珍説" もあった。(笑)

お寺の中を一巡して帰るころには多くの参拝客でにぎわっていた。
お寺の方も 「きょうは雪が積もったので多くの方が来られてます」 と仰っていた。

玄関
寺務所玄関、11:00 AM

人気の庭である。

2023.1.25

---------------------------------------

付録 2023.1.25

雪の妙満寺に行った帰りに撮った写真を2枚披露します。

妙満寺へは叡山電鉄鞍馬線、木野駅で下車して歩くが、途中長代川(ちょうだいがわ)に架かる橋を渡る。
その橋の名が 「あんた橋」 といって面白いと思ったが、行きしに撮らなかったので帰りに撮った。

あんた橋
あんた橋

あんた橋のことはかつて、知人のY氏から聞いたことがあったようだと思い、調べてみたら、以下の由来がわかった。

このユニークな橋の名前の由来には次のようなほほえましい話がある。
その昔、ここには二本の丸太を並べただけの簡単な橋だったので、お互いが行き合うと「あんたさんからお先にどうぞ」「いや、あんたさんからどうぞ」とお互いに譲り合ったので誰云うとなく「あんた橋」と呼ぶようになった。

昔聞いたことのある橋は、この橋だったのか
ラッキー。

あんた橋を渡って木野駅に向かう道端に大きな雪だるまがこさえてあった。
でも、ふつうの雪だるまとちょっと違う ・・・
よく見るとトトロのようだ。

トトロ
これはトトロに違いない

なかなかの傑作(力作)である。
せっかく作っても もすぐ解けると思うと惜しい気がした。


【過去の関連記事】 京都 雪月花の三庭園
雪の庭(2023.1.25) 雪の庭、命名の由来
月の庭(2022.4.30) なぜ月の庭と呼ぶか
花の庭(2022.3.4) 再興された 花の庭







とにかく間違いない

2023.1.18

私はもともと高血圧で、2014年(9年前)から血圧降下剤(アムロジピン)を処方してもらっている。
従来 10mg 錠だったが、去年6月、陽気が暖かくなり、血圧がそんなに高くないレベルで推移していたので医師に申し入れ 5mg に減らしてもらった。
お金が惜しいのではなく、異物である化学療法剤はなるべく少ないにこしたことないだろ、という私の〔しろと〕考えに医師が同意したものである。

そしたら、従来 1,160円だった医薬品代が 1,070円とちょっぴり安くなった。
(※ 註: 金額は3種類の医薬品の28日分、以下同じ)

ところが、冬になって寒くなったものだから血圧が高くなってきた。
それで、きょう再び医師に申し入れ 10mg に増やしてもらった。

処方箋を持って薬局へ行ったら 「1,070円です」 と言われて えっ?! と声をあげた。
前回と同じ金額なのだ。

薬

増量されたら価格はあがるのが常識だ。(実際、去年6月に減量したときは〔上記のように〕安くなった)
「間違ってませんか?」 と聞いたら 「間違ってません」 という。
「なんでですか?」 と聞いても、理由はいい淀んで、「とにかく間違いない」 という。
「量が倍になっても値段が倍になるとは限りません」 とも言われた。
そりゃそうだろ。

薬

薬剤師の顔も、窓口の方(会計)の顔も その表情が、うるさい客だなぁー と思われているのがアリアリだったので追及をやめ、お金を払って店を出た。

医薬品の代金はとかく不可解だ。
「おくすり手帳」 を持っていかなかったら金額があがる。
医薬品が変わらないのにときによって高くなったり安くなったりする。
(例えば、アムロジピン 10mg で変わらないし、ほかの2種類も変わらないのに、去年2月 1,240円だったのが、3月には 1,550円になり、4月には 1,160円になったことがある)
ま、「とにかく間違いない」 のだから、〔実質的に〕 安くなったのに文句いう筋合いはない。
しかし 私は 文句言ってるんじゃないのだよ。

きょうの私は 増量されても値段があがらないのに 納得できない私であった ・・・ (笑)

2023.1.18






我が国は無法天国か

2023.1.17

先日、フィッシングメールが 絶妙のタイミング で届いたのに舌をまいたことがあった。( こちら、2023.1.4

フィッシングメールはもう慣れっこで、片っ端から削除しているが、きょうたまたま 『迷惑メール』 のメールボックスを覗いてみたら、なんと〔発信者が〕アマゾンのEメールばっかり来ていることに気づいて仰天した。
なんだ これ!

続々と

ためしに けさ来たのを開いてみると、こんな文面だ。(

実例

多分、私はひっからないと思うが、絶対かと聞かれたら自信はない。
例え私が引っかからないにしても、引っかかって個人情報を盗まれ、それを悪用される人もいるんだろう。
フィッシングメールを規制する法律として刑法(246条の詐欺罪)と不正アクセス禁止法の二つがあるらしいが、まったく無力だ。
法律が無力だということは、我が国は無法天国 なのか。
法治国家なのに 思いもよらないことに気づかされた。

法律が無力と言うことは、インターネットが法律で規制できないことを示している。
立法者たる国会議員が怠慢なのか、それとも彼らがITテクノロジーに疎いのか ― 総務省など官庁があるので、立法者がITテクノロジーに無知でも構わないはずだが。

じゃぁIT技術で阻止できないのか。

とにかく、フィッシング詐偽に利用されるアマゾンにとってはえらい迷惑なハナシだ。
有名税といって笑って片付けられないなぁ。

きょうの私は フィッシングメールの無法天国に気づき、アマゾンに同情する私であった ・・・ 

2023.1.17







絶妙のタイミング

2023.1.4

きのう夜遅く、アマゾンで購入注文を入れたら、即座に 「ご注文の確認」 のEメールが届いた。 (
これは正常だ。

amazon_31b.jpg
すぐ届いた「ご注文の確認」メール = これは正常


そしたら、翌朝、もひとつ「ご注文の確認」のEメールが届いた。 (
きのう晩に注文を入れたので納得しそうだが、きのう既に 「ご注文の確認」 のEメールは届いているし、文面におかしいところがある。
  • Amazon プライム ・・・ 私は加入してない
  • 大阪の金田さん ・・・ まったく見ず知らずの人
  • ¥31,600 ・・・ もちろん、注文した覚えがない

amazon
絶妙のタイミングで届いた 別の「ご注文の確認」メール

そこでうっかり 「注文をキャンセル」 ボタンを押しそうになる、という訳だ。
このニセEメールが届く 絶妙のタイミング に感心した。

そもそも、ニセEメールは毎日のように届くので、敵はEメールを 〔タイミングとは関係なく〕 乱発してるのだろう、と思う。
しかし、この 絶妙のタイミング を見ると、敵は当方が発注した事実を把握していると言わざるをえない。
ここが問題だ。
情報が漏れているのだ。

敵は私の名前は把握してないようだが、「お届け先」が大阪になっているのは、当方の地理的情報をつかんでいるのだろうか。(お届け先が単に 「日本」 ということで偶然大阪になったのか、その辺はわからない)

そういえば、昔、ヤマト運輸で私が荷物を発送したら、配達時期ころにタイミングよく 「配達できませんでしたので持ち帰りました」 とのEメールが来て、まんまと引っかかったことがある。
そのときは、乱発しているEメールがたまたまタイミングよく来たものだと思っていたが、今回の事案を考えると、あのときも 〔私が荷物を発送したという〕 情報が漏れていたのか、と思えてきた。
そうでなければ、あの 『絶妙のタイミング』 はなかっただろうに。

うっかり 「注文をキャンセル」 ボタンを押したら、〔クレジットカード情報やパスワードなど〕 私の個人情報を入力させ、それを悪用するんだろう。
他人の通信情報を盗み見るだけでも悪いことなのに、さらにそれを悪用してクレジットカード情報などの個人情報を盗むとなると、これは 二重悪 だ。
・・・ と私が嘆いたところで、こうした悪行がなくなりそうにない。
世も末だ。

2023.1.4
---------------------------------------

追記

その夜、商品が発送された旨のEメール( )が届き、翌5日昼前に配達された。

amazon
商品が発送された旨の通知Eメール

いつもながら、早い配達には舌をまく。









コロナのほうが遠慮

2023.1.1

新しい年が明けた。
関西で初詣の参詣者が最も多いと言われる伏見稲荷大社に詣った。

コロナ(新型コロナウイルス感染症)の新規感染者数は最近増加傾向で「第8波」と言われているらしい。
ところが大層な人混みだった。
人々はコロナに飽きたようだ。(そりゃ当然だろう)
コロナへの関心も薄れたように見受けた。
この勢いだと、コロナのほうが遠慮 して敬遠してくれそうだ。(そうなるといいのだが)

参詣のついでに ”お山めぐり”、即ち稲荷山の頂上にまで行くことにした。
先日豊国廟(ほうこくびょう) に行った勢いで こちらもトライだ。(笑)

そもそも、伏見稲荷大社というのは、白鳥が山に飛んで行き、その(いただき)で子を産んだ(稲が生えてきた)のを契機に、(はたの)伊呂具(いろぐ)という人物がそれをお(まつ)りして伊禰奈利(いねなり)(=稲成り)という名前の神社を創建したのが始まりだという。(山城国風土記逸文)

その山がいまの「稲荷山」だ。
標高 233m だが、ふもとの本殿付近が 30m ほどなので、標高差は 200m 程ある。
(豊国廟のときは標高差 130m だった)

稲荷
伏見稲荷大社公式ホームページ掲載の図を参考に作成

本来なら禁足地(きんそくち)とされるのが当然だが、どういう訳か鳥居や塚を奉納できるようになっており、えらい開放的だ。

山頂直前の急な石段を上ると ・・・

稲荷

人々が行列していた。
人から 「これ、何(の行列)ですか?」 と聞かれた。
事情を知らない人にとっては、異様な光景に見えたのだろう。

稲荷

案の定 稲荷山頂上、一ノ峰 の社への参拝者は長い列を作っていた。

稲荷

”お山めぐり” に外人も多かったが、さすがここだけは列に外人はいなかった。

2023.1.1





筆者のプロフィール ↓

shochan31

Author:shochan31
名前が しょうじ なので障子が背景となっている。ペンネームはアルファベットで shochan(しょうじの愛称)だが数字 31 の由来は不明だ。

最近書いた記事 ↓
月別アーカイブ ↓
このブログ内を検索できます ↓
管理者専用 ↓