名樹散椿を見る

2023.3.23

所用の帰りみち、椿寺(つばきでら)の前を通る機会があった。
このお寺は正式名は 『地蔵院』 というが、境内に有名な椿の木があるので、椿寺という愛称(俗称)で通っている。

話は飛ぶが、速水御舟に 「名樹散椿」 という絵がある。
私は以前からこの絵が気に入っていて、最近では zoom でインターネットミーティングするときの背景画像に使わせてもらっている。

名樹散椿
速水御舟 『名樹散椿』 1929年 山種美術館蔵 (重要文化財)

その椿はこのお寺の椿を描いたものだと聞いており、これまで何度か境内を訪れたことがあるが、いずれも咲いてない頃だった。
いまなら咲いている頃だろうなと思って、立ち寄ってみた。

椿寺
『散り椿 見頃』 の掲示

『見ごろ』 なのに、あいにく雨のためか 境内にはひとりしかいない。

椿寺

これが椿の木だが、いままさに満開だ。

椿寺

木の下は散った花びらでいっぱいだ。

椿寺
『五色 八重 散り椿』

入口の掲示もこの立て札も 『散り椿』 と書かれているので、この椿は、咲いている椿を見るのではなく散ったのが見もの(・・・)らしい。

また、私はきょうまで、あの名画の題名は 「めいじゅ さんちん」 と思いこんでいたが、どうやら 「めいじゅ ちりつばき」 と読むらしい。
きょう初めて気がついた。
ん-、永らく 「めいじゅ さんちん」 と思っていたので 「めいじゅ ちりつばき」 では落ち着かないが、まぁ、仕方ないや。

椿寺

五色とはいかないが、紅白の色とりどりで、なかなかのものだ。
『名樹』 の名にふさわしい。

椿寺

門を出ると 「豐公愛樹五色八重散椿 此寺にあり」 との石柱があった。

椿寺

「豐公」 とは豊臣秀吉のことだ。
右に立つ駒札には 「北野大茶湯の縁により秀吉から当寺に寄進された(といわれる)」 とある。
この説明だけでは、どういう経緯(いきさつ)があったのかわからないが、秀吉が好んだ椿らしい。
(※ 但し同駒札には 「(寄進された木は)惜しくも枯死し、現在は樹齢120年の二世」 ともある)
派手好みの秀吉らしいな、との想像に難くない。

また話は飛ぶが、龍安寺には 「豊太閤朝鮮伝来 日本最古 侘助椿」 といいうのがある。

侘助椿
『日本最古 侘助椿 豊太閤朝鮮伝来』 (2020年2月28日撮影)

桃山時代に「侘助」という人が朝鮮から持ち帰ったことから名づけられたとのことで、何事にも派手好みの豊臣秀吉も賞賛したと伝えられる。
同じ秀吉でも こちらは 「派手」 の対極にある 「詫び」 というのも面白い。

きょうは、いつかは咲いているのを見てみたいと思っていた 椿寺 の椿を見たらそれは思いこんでいた 『散椿(さんちん)』 ではなく 『散り椿(ちりつばき)』 だったとの巻。(笑)

2023.3.23









やっぱり根元から

2023.3.20

京都御苑で、例のフォークのような形になった松の木( こちら )が気になっていた。
その後、まだ立ってるかな? と思って見に行ってみると根元から切られていた。
あらら ・・・

伐られた木
根元から伐られたのを知ったのは先日〔3月17日〕だったが、天候の都合できょう撮影した

根元からスッパリ切られていた。

onsa_024.jpg
こちらは、フォーク型に剪定されたとき(2023.2.28)の様子

植栽の専門家から 「松をあんな形に剪定したらあかん。新芽が出んようになる。そのうち根元から伐られるん違うか」 との声も聞いていたが、一方で 「京都御苑の新しい "モニュメント" として残すのではないか」 との声もあった。

伐られた木

しかし、すっぱり伐られたのだ。
腐食が進んでいたのか、害虫にやられたのか、わからない。

onsa_025b.jpg
フォーク型に剪定されたとき(2023.2.28)の様子

近づいてよく見るときれいさっぱりなっていた。

伐られた木
こちらは根元から伐られたきょうの様子

onsa_027.jpg
フォーク型に剪定されたものの伐採されてないとき(2023.2.28)の様子

伐られた跡を見ていたら、人が寄ってきた。

伐られた木

そして、しげしげと年輪を見ていた。

伐られた木

この松の木は残念ながら "モニュメント" とはならなかったが、奇妙な形の "モニュメント" として残らなかったほうがよかったかもわからない。

2023.3.20







馬鹿とAIは使いよう

2023.3.18

デジタル生活に詳しい知人から、いま話題の ChatGPT をLINEのアプリ上で利用できる、との情報提供があった。
それで、どんなもんか、さっそく 「AIチャットくん」 を友たち登録してみた。

「AIチャットくん」 は(株) picon という会社が3月2日に開始したサービスだそうだ。
そんなサービスを無料提供するとは、太っ腹な会社だなぁ。

友たち登録すると、さっそくメッセージが送られてきた。

ai-chat_318b.jpg

じゃぁ、ということで、いま私が知りたいと思いながら正答に達しなくて悩んでいることを聞いてみた。

ai-chat_319.jpg

即座 (たった数秒後) に回答があった。
「十楽院は花園天皇の妃であり ・・・」 へぇー、そうなの?
私のわからないことを聞いたのだから、反論のしようがないが、私は「十楽院」はお寺か何かの名前だと思っていたので、人物(花園天皇の妃)だとは意外な回答だった。

じゃぁ。答えのわかっている質問をしてみようか・・・
たしか、数日前の新聞広告に「偉人の言葉を収めたCD」の広告が載っていて、そこに坂本龍馬の好きな言葉(歌)が載っていた。
それで、数日前の新聞紙を引っ張り出してきた。

丸くとも

AIはこの歌を知ってるだろうか。
ま、ちょっとおちょくるつもりで聞いてみた。

ai-chat_320.jpg

数秒で答えがこなれた日本語でスラスラと出てくるのには舌をまいた。
しかし、「こころやすらふ 白山の嶺に ・・・」 って、五七五の定型になってないし、ちょっとしっくりこない。
それで、この歌は誰の歌なのか聞いてみた。

ai-chat_321.jpg

わずか数秒で答が返ってきた。
藤原定子(ていし)?
藤原定子が白山(はくさん、加賀・越前・美濃にまたがる霊山)を詠んだのか?
これも十楽院のときと同様、反論できないが、イマイチしっくりこない。
AIが必死になって考えたのか、お得意の「創作」(作文)でスラスラ出てくるのか、なんかおかしくなって噴きだしそうになった。

こういう 「事実関係」 を聞くのは、AIに不得意そうだ。
「AIチャットくん」 の主な使い方に 「人生相談、占い」 というのがあったので、じゃぁひとつ占ってもらおか。

ai-chat_322.jpg

なるほどね。
こりゃ、説得力あるわ。
「AIチャットくん」 はこういう対応が得意なんだろうな。
じゃぁ続けてもひとつ。

ai-chat_323.jpg

なるほど。
ま、無料でAIを使い倒そうなんて虫がよすぎるわ。

『プレミアムメンバーになって回数無制限で使い倒そう!』 との勧誘が送られてきた。

ai-chat_324.jpg

聞くところによれば、AIは小説など創作が得意だという。
ま、それはわかるような気がする。
さぞかし、こっちが感心するようなストーリーを編みだすことだろう。
しかし、上記のような 「事実関係」 を聞くのは、AIにとって不得意なことがわかった。

「馬鹿とハサミは使いよう」 というが、馬鹿とAIも使いようだ、と納得した私でした。

2023.3.18

---------------------------------------

追記 2023.4.7

けさの京都新聞に、専門家が 『チャットGPTは「話のうまいお調子者」』 と形容しているとの記事があって、なるほどうまいこと言うなぁーと感心した。(笑)

記事
© 京都新聞 2023.4.7 朝刊 p.3 総合面「表層深層」 から


2023.4.7






見応えあるしだれ梅

2023.3.11

かつて聞いたことなかったのに、最近 「しだれ梅」 のことをよく耳にするようになった。
「しだれ桜」 ならよく知っているが 「しだれ梅」 とは?

文字どおり "しだれる" 梅で、江戸時代からあるそうで、とくに新種や珍種という訳でもないらしいが、京都の城南宮(じょうなんぐう)が 「しだれ梅」 の名所として売り出しているらしい。
けさの新聞の梅だよりでは、城南宮は 「満開」 (3月10日現在) となっていた。

城南宮

天気もいいし、重い腰をあげて城南宮に向かった。
鳥居のむこうに 「しだれ梅」 らしいのが見える。
ああ、あれが噂の 「しだれ梅」 か。
しかし、「しだれ梅」 は神苑の方にたくさんあるというので、入ってみた。

城南宮

なるほど、「しだれ梅」 の名所として売り出しているだけあって、こりゃ、すごいわ。

城南宮

通路は花見客でいっぱいだ。
猫も杓子もカメラ・カメラ。(そういう私もカメラだが(笑))

城南宮

満開を通り越して、地面は 「花びらの絨毯」 だ。

城南宮

さらに進むと苔の斜面に赤い椿の花が散っていた。

城南宮

あたりからは 「これ、絶対 〔人の手で〕 並べ直してるね」 との声が異口同音に聞こえてくる。
んー、自然のままならこんなきれいに散らばらないだろう。

昔、散った 沙羅双樹(夏椿) を見せてくれるお寺 に行ったことを思い出した。 (
あのときは、あたりから 〔落花を〕〔人の手で〕 並べ直したのか、自然のままなのかの "つぶやき" を聞いた記憶がなかったなぁ~。(笑)

toh-rin-in_559.jpg
東林院では夏椿が散っていた (2019.6.16)

こちらは "外野" がうるさいようだ。
そして、ここでもカメラの放列。
静かに鑑賞していたあのとき(東林院)とはえらい違いだ。(笑)

城南宮

さらに進むといろんな椿の木が植えられていた。
株ごとに椿の名札が立っており、植物園のようだ。
ひとつひとつ名前を確かめながら歩いていくのも楽しい。

城南宮

そして、その先に 「貞明皇后御小休所、大正五年四月八日行啓」 との碑があって、手前の石にひとりの男性が腰かけていた。
男性は苦笑しながら 「私もちょっと一休みやわ」 と声をかけてきた。
私も 「は、は、は」 と笑いながら 「貞明皇后ってどなたでしたか?」 と返した。
「いろいろおられてわからんわ」 との答えに 二人で笑った。

碑の裏を見ると 「大正天皇御大典の翌年、大正5年4月大正天皇の皇后、貞明皇后が、石清水八幡宮へ行かれる途中、ここでご休憩された、云々」 の説明があった。
貞明皇后は大正天皇の皇后だったのだ。

へぇー、大正天皇の御大典は大正4年だが、そのときは皇后は伴われず、ひとりで京都に来られて即位されたのかぁー。
意外だったなぁー

そんなことを思っていて気がついたら、その男性がいなくなった。
そこで、私もその石に腰かけて一休みさせてもらった。

城南宮

なじみのなかった 「しだれ梅」 だったが、きょうの私は充分楽しませてもらった。

2023.3.11








雨庭というアイデア

2023.3.9

きょう所用で目的地に行く途中、京都市内の北野白梅町に、『雨庭(あめにわ)』 が新しくできていた。

『雨庭』 というのは 豪雨のときに一時的に雨水を貯留して、じわじわと地中に吸い込まれるようにする施設だ。
京都市内では、数年目に四条堀川交差点に作られ、側を通るたびに、その機能だけでなく、景観にもやさしいので、いい施設だなあと思っていた。

おやおやこんなところにも出来たんだ。

雨庭

京都の地下には琵琶湖の水に匹敵するほどの水が溜まっていて、その豊富な水か京都のお酒やお豆腐・湯葉、或いはお茶の文化を育てたといわれている。
しかし、いまは地表がアスファルト舗装されているので雨水は地中に浸みこまず、下水道や河川に排出するようなっている。
だから、下水道の能力を超えるようなゲリラ豪雨などのときは、道路が冠水することになる。

雨庭

降った雨は地中に戻すのは持続可能な自然サイクルなので、これは京都市のすばらしい施策だ。

この程度の施設の現状では、地表のほんのわずかなので、文字どおり焼け石に水だが、このような施設をもっと設けるよう、市当局にお願いしたい、と思ったきょうの私でした。

2023.3.9








春の訪れを感じる

2023.3.7

講演会に行ったが、やや早く着きすぎたので、会場の隣にある植物園を覗いてみた。

あ、そうそう、あの 『ラクウショウ(落羽松)』 はどうなったかな・・・ と思って、そちらの方に行ってみた。
〔註: 『ラクウショウ(落羽松)』 の話は、この下にの黄緑で囲まれた画像をクリックすると見られます〕

植物園

去年見に来たときはきれいに紅葉していたが ( )、いまはまだ枝だけの状態だった。

去年秋
去年秋紅葉のとき

気根はきょうも健在だ。

植物園

その隣には大きなしだれ桜があったが、まだ咲くそぶりもないようだ。
(もう一月も経てば満開になるんだろうに ・・・)

植物園
このしだれ桜は、この植物園を代表する大木だそうだ

振り向けば 『アセビ(馬酔木)』 の花が咲いていた。

植物園

早春の植物園はほとんど冬の様相だったが、アセビの花を見て春の訪れを感じ、足早に講演会場へと向かった。

植物園


2023.3.7

---------------------------------------

追記 2023.3.27

上で「もう一月も経てば」と書いたが、各地のことしの開花は早いというので、植物園の大きなしだれ桜を見に行った。

しだれ桜
10:20 AM

なるほど、これが植物園自慢の "大しだれ桜" か。
円山公園の "祇園しだれ桜" の姪にあたるという。

しだれ桜

ちょっと元気がなさそうに見えた。

2023.3.29





西の空に明るい星

2023.3.3

日没後、何気なしに歩いていたら西の空、やや上の方に明るい星がふたつ輝いていた。
童謡に「冬の星座」というのがあるように、冬の夜空は澄んでいて星がよく見える季節なのだろう。

星
京都市内で午後6時44分撮影

先日、月蝕を知らせてくれた知人には、そのときのお返しと思ってLINEで知らせてあげたら、まもなく 「ほんまや~」 との返信があった。
すぐ夜空を見て、喜んでもらえた様子だった。

等級「あっそうだ、写真撮っとこう」 ・・・ 持っていたスマホで撮ったのがこれ。 (

明るいのは "宵の明星" の金星(ビーナス)であることはわかる。
その下に耀くのはなんだろ。
恐らく、一番大きい惑星、木星(ジュピター) だろう。

それで、インターネットで調べてみると、『金星と木星が3月2日に最接近』 との情報があった。
3月2日といえば、きのうじゃないか。
きのうが最接近だったらしいが、あんまり接近しても "絵" にならないだろうから、きょう位離れているのがいいんだろ。(な~んて負け惜しみ)(笑)

まあ、このような "2つの惑星の大接近" は3年に1回はあるそうで、そんなに珍しいとは言えそうにないが、きょうはキレイによく見えた。

---------------------------------------

ところで、金星や木星はどれ位明るいのか調べてみた。
金星は-4等級、木星は-2等級、とある。
星はふつう、数字が小さいほうが明るい。
つまり、1等星が一番明るく、以下2等星、3等星・・・と続く。
マイナス(-)の等級 は どうも変なのでそこで再びインターネットで調べると、右のような表があった。( 出典: 国立科学博物館 ホームページ )
なるほど、この一覧表はわかり易い。

マイナス(-) は逆になるのでわかりにくい(誤解を招き易い)。

首(こうべ)をめぐらせば、頭の上には上弦の月。
そしてそこから少し離れたところにも明るい星。
この星は多分土星(サターン)だろう。

今宵は賑やかな空だった。
(普通は、こんな程度では 「賑やか」 とは言えないが、星があまり見えない昨今の夜空はこんなのでも賑やかと言わざるを得ないとは残念だ)

2023.3.3






筆者のプロフィール ↓

shochan31

Author:shochan31
名前が しょうじ なので障子が背景となっている。ペンネームはアルファベットで shochan(しょうじの愛称)だが数字 31 の由来は不明だ。

最近書いた記事 ↓
月別アーカイブ ↓
このブログ内を検索できます ↓
管理者専用 ↓