思いもよらない答え

2023.8.13
きょう所用で行った場所の近くに松尾(まつのお)大社があったので、すこし足を延ばした。
松尾大社は古代京都に定住した有力豪族「秦氏(はたし)」が創建したという古い神社で、神が降臨したと伝わる磐座(いわくら)があると聞いている。
一度見てみたいものと思っていたので、急に思い立ったのだ。

団ぷ鈴

炎天下(※)、ちょっと小腹が空いたので 磐座に行く前に 境内の茶店に寄った。
(※ あとで調べたら、きょうの京都の最高気温は 37.8℃ という猛暑だった)

団ぷ鈴

この茶店はみたらし団子が名物らしい。

団ぷ鈴

店に入るとみたらし団子の香ばしい香りがした。
さっそく注文すると、焼きたてのみたらし団子が出てきた。

香ばしい団子と甘い醬油のたれとが相まってこの上もなくおいしい。
この味覚は日本独特だろうなー などと考えながらいただいた。

団ぷ鈴
みたらし団子

外があんまり暑いので、かき氷も頼んだ。
私のチョイスは 「抹茶金時」。
この味も日本独特だろう。
日本人の味に対する感覚はすぐれたもんだ、などと感心しながら食べていると ・・・

団ぷ鈴
抹茶金時のかき氷も日本独特の味覚

目の前のメニューに英語が書き添えてあった。
"・Plus 100yen, azuki been is topped on"

団ぷ鈴
英語の添え書き

なるほど、トッピングは topped on か・・・ などと感じ入っていると、おや "azuki been" ?
ま、ご愛敬だ、などと苦笑しながら目を移すと、カウンターの上に一升瓶が置いてある。

「京都洛西乃地酒 酒公杯」
そういえば、ここ松尾大社は京都洛西の地にあり、全国のお酒の神様をお祀りする神社だ。

団ぷ鈴
京都洛西乃地酒 酒公杯

さらにラベルを読んでいくと、
「飛鳥・天平の時より 渡来人「秦氏」の珠玉の技を伝え ・・・ 秦氏の末裔 羽田の蔵人(くろうど)の心意気」 と書かれているではないか。

団ぷ鈴
秦氏の末裔 羽田の蔵人

私の知人に羽田さんという方がおられる。
読み方は 「はだ」。
ここで気づいた。はだ(羽田)=はた(秦) だったんだ!
そうか、〔私の知人の〕 羽田さんんも秦氏の末裔かもわからない。
こんど聞いてみよう。

そんなことを思いながら 「抹茶金時」 を食べ終えた。
かき氷のお陰で涼しくなったので、暑い中、気をとりなおして、所期の目的の 磐座(いわくら) に行こか。
お店の方の 「片道 15分位ですよ」 の声を背に店を出た。

ん? ちょっと待てよ。
この店の名前はなんだ。
『鈴ぷ団(すゝぷだん)』 ?
そこへタイミングよく 店員さんが通りかかったので聞いてみた。

だん、ぷ、りんだんご(・・・)のことを ダンプリンというでしょ?」

団ぷ鈴
「鈴」が上にあるので縦書きかと思ったら、「団」から横書きで読むんだった

思いもよらない答え に啞然とした。
そして、ふーむ、なかなか考えたもんだな!と感心 してニヤリとした。

さて、磐座に向かいかけたら、神社の方に 「台風で木が倒れたので、磐座への山道はいまは一般の通行を禁じてます」 と云われた。
所期の目的は残念ながら達成できなかった。

2023.8.13








土木事務所に通報

2023.8.12

ウチの近所で歩道のブロックが盛り上がっていた。

歩道

危険極まりないが、そもそもなんでこんなになったのか 不可解だ。
珍しい現象だ。(と思う)
ブロックの下は砂が敷かれ、砂は突き固めてあるはずなのに、ブロックが盛り上るってどういうことか。

多分、空洞ができたんだろうけど、起こりえない現象と思われ、頭をひねった。

といっても、このままじゃ危険極まりない。
膨れているところを足で踏んだら、簡単にへっこんだ。
一体、どーなんてるんか。

歩道

とにかく、京都市の土木事務所に連絡し補修してもらう必要がある。
ブロックがへっこんだら、どのブロックが異常だったのかわからない。
土木事務所の補修する人がわかり易いように、近くにあった石て丸いシルシをつけておいた。 (

そして、「みっけ隊」 というアプリで土木事務所に通報した。

みっけ隊


2023.8.12

---------------------------------------

追記 2023.8.14
きょう午後、現場を見たらもう補修済みだった。

みっけ隊

ブロックの目地が白くなっているので補修箇所はスグわかった。
周辺一面のブロックを掘り起こし、地盤に砂を敷きなおしたようだ。
通報したのが土曜午後だったが、きょう月曜、即座に対応してくれたらしい。
京都市土木事務所さん、ありがとう。
「みっけ隊」 でもお礼を送信しておいた。

2023.8.14






雑草に花が咲いた

2023.8.5

春先から ウチの前の歩道に 雑草が生えてきた。
電信柱の根元で公道上だが、狭いので通り抜ける人がいない。
だからすくすく育ってきた。
それが最近大きくなって、花も咲くようになった。

雑草

たしか、去年も生えていて、誰かに抜かれたようだが、はっきりと覚えていない。
花が咲いたのかどうかも記憶がない。
1週間ほど前から、ようやく白い花が咲きだした。
しかし、なかなか 「満開」 とはいかない。
電信柱の根元で、水も栄養も不足しているのかもわからない。
しかし水も栄養も不足していても、この生命力には感嘆する。

雑草

「満開」 になったら撮ろうと思っていたが、なかなか 「満開」 にならないので、しびれを切らして、きょう写真を撮った。

雑草

なんという雑草か。
いや、「雑草と云う名の植物はない」 は昭和天皇の名言だが、この野草は見たところ 「雑草」 の典型のような気がして、つい 「雑草」 と呼んでしまった。
申しわけない。

雑草

調べてみると 「オトコエシ」 という野草らしい。

雑草

otoko_880.jpgも少しキレーな花なら、鉢植えにもし、摘んで花瓶にも活けてやりたいが、そんな気にならないのが惜しい。

2023.8.5
---------------------------------------

追記 2023.8.15
インターネットインサイトによると、「オトコエシ」 はこんなに咲くという。【右図、出典: 草津スカイランドホテル・栖風亭、フロントマネージャーのブログ

なので、その後も毎日、このように 白一色になるのを待っていた。
しかし、花の状況は一向に変わらず、ずーっと同じ様相だった。
(或いは、習性として全体に白くならないのかもわからないが)

それが、きょう台風で根元から折れて倒れてしまった。

倒れた
根元からポッキリ折れた

まぁ、京都直撃だったから致し方ない。

台風
台風7号はけさ和歌山に上陸した(NHKTV画面より)

ことしの 「オトコエシ」 の生態観察は突然お終いとなった。

2023.8.15






筆者のプロフィール ↓

shochan31

Author:shochan31
名前が しょうじ なので障子が背景となっている。ペンネームはアルファベットで shochan(しょうじの愛称)だが数字 31 の由来は不明だ。

最近書いた記事 ↓
月別アーカイブ ↓
このブログ内を検索できます ↓
管理者専用 ↓