ミュクレって何だ

2023.9.28

生まれて初めて(?)滋賀県の堅田へ行った。
浮御堂へ行って、伊豆神社にお参りした。

伊豆神社
ご神木が無患子(むくろじ)

帰りにバス停へ向かう途中で、暑いのでソフトクリームを食べることにした。
連れが「ミュクレ」 を注文するので、「ミュクレって何ですか」 と店員さんに聞いたら 「バニラです」 との答。
「じゃー 私もソレ」 と注文した。

ミュクレ
「いちご」、「ミックス」 と並ぶ< 「ミュクレ」

バニラのことをフランス語かなにかでミュクレと云うんだろうか。
気になったので帰宅後 「ミュクレ」 の意味を調べた。

ミュクレとは、日世(私はソフトクリームのコーンを作っているメーカーだと思っていたら今やソフトクリームの総合メーカーで、ソフトクリームそのものも作って卸しているという)が1983年頃に名づけたバニラアイスの登録商標だそうだ。
英語、というかフランス語綴りは「MieuxCreme」。
Mieux= (仏) より良い。Creme= (仏) クリーム を合わせた造語だそうだ。
日世によれば「バニラの香りと乳脂肪のコクが絶妙なバランス。クリーミーな舌ざわりとほどよい甘さが、永く長く愛されるロングセラー」 という。

へぇー、ミュクレは一般名じゃーなくて商標登録した 「商品名」 だったんだ。
「いちご」(いちごフレーバーのソフトクリーム)、「ミックス」(二種類以上のフレーバーを混ぜたもの) と並んで書いてあったので、私も困惑したようだ。

しかし、食べてるときはそんなこと知らなかったので、おいしいバニラとして味わった。
でも、それで間違いではなかったが、予め「バニラの香りと乳脂肪のコクが絶妙なバランス、云々」 を知っていたら、この商品についてもっと何かコメントできただろうに。

2023.9.28






新しい観光名所誕生

2023.9.24

ウチの近くにある晴明神社に所用があって寄ってみた。
近年人気が出てきた神社だが、とくにきょうは日曜とあって、多くの参拝者でにぎわっていた。

五芒星
晴明神社

ふと見ると、入口の扉のところで写真を撮っている人がいた。
ほほー、なるほど。
扉につけられた五芒星(ごぼうせい)が地面に反射しているのだが、影にするとその五芒星がよく見えるという訳だ。

五芒星

この神社は陰陽師(おんみょうじ)・安倍晴明を祀る神社だが、五芒星は魔除けのシルシとして安倍晴明がよく使っていたというし、この神社のご神紋となっている。
これは面白いと思って、さっそく私も撮らせてもらった。
そしたら、そこにいた男性が 「あの "星" を自分の胸あたりに来るようにして撮るといいよ」 と指南してくれた。

五芒星
右の影の人物が、私に指南してくれた人

なるほどそうか。
と、撮りなおしたのがこれ。 (
うまく撮れた。

五芒星
13時26分だった

その指南してくれたその男性に 「これは意図して作られたものか偶然か」 と聞いてみた。
「そりゃ、偶然でしょ」 「ここへは何度も来てるけど最近まで気がつかなんだ」 と。

きょうは晴天なので、五芒星がくっきり写る。
「午前だったらもう少し左の方に〔反射光が〕写ります」
なるほど、そうだ。
いま午後1時26分なので、少し右に寄っている。

その男性が他の人にも 「胸あたりに来るようにして撮るといいですよとの」 撮り方を説明するものだから、多くの人が次から次へと撮っていった。
その風景を取り巻きながら見ていて、こりゃー 京都の新しい観光名所の誕生 やわ・・・ と感心した。
ふと目を移すと、さっきまで写真の撮り方を指南していた男性はもう姿を消していた。

2023.9.24









雑草かもわからんが

2023.9.22

じつは、おととい所用のため京都府庁に行ったら、植え込みに紫の花が咲いた野草が生い茂っていた。
無造作に咲いているが、これは 「アレチヌスビトハギ」 で、この時期にはちょっとした空き地でも見かける。

雑草
おととい、9月20日 10:30 AM 撮影

真ん中に目玉のような模様があって、よく見ればかわいい花だ。
それが無数に咲いていたので、壮観だった。

雑草

で、きょうも京都府庁に再び行く機会があったので、あの紫の花はどんな具合かな ・・・?と思って行ってみて ぎょっとした。
あの花が すべて刈り取られてしまっているではないか。

雑草
きょう、9月22日 12:30 AM 撮影

まぁ、「アレチヌスビトハギ」 は 雑草かもわからんが、こんなに早く処分しなくてもよさそうに ・・・

でも清掃係が、クレームの来ないうちに早々と刈り取ったのだろう。
いつもきれいにして清々しい気分になれるのはありがたいが、秋の風情として、「アレチヌスビトハギ」 の花をもうちょっと長く楽しみたかった。
そう思うのは私だけで、世間一般の感覚は 「雑草」 だから 「早く片づけてしまえ」 といったところか。

昔の日本人は自然と調和して生きてきたので、雑草をむやみに刈ったりしなかっただろう。
しかし、現代人は清潔好きで、雑草を容認できないという 『狭量な人種』 になってしまったのかもわからない。
また現代は、電動草刈り機というおそろしい武器もある。

雑草

刈られたあとを見ると、咲いていた紫色の花は乾燥してちぢれてしまい、サングラスのような (ブラジャーのような) 種も未成熟のまま放置されていた。

2023.9.22








恐ろしや、恐ろしや

2023.9.21

米メジャーリーグ、ロサンゼルス・エンゼルスで活躍する大谷翔平は今季、打者としてホームラン44本、投手として10勝して大活躍していたが、先月右ひじの靱帯損傷してピッチャーとして登板できなくなり、先週「IL(故障者リスト)」入りしていた。

そして、きのうのニュースで、大谷翔平は右ひじの手術を受けたとの報道があった。
大谷翔平はインスタグラムに 『早朝に手術を受け無事成功しました』 と書き込んだというから、見てみた。

大谷
インスタグラムを見たら 『早朝に手術を受け無事成功しました』 と書き込んであった

手術が終わって早々にインスタグラムに投稿したのをみると、よっぽど軽い手術だったのか。
どんな手術だったんだろ。
けさの朝刊にも、大谷翔平の手術のことが大きく報道されていた。

大谷
© 京都新聞 2020.2.21 朝刊 p.24 から

記事には 「今回の具体的な術式は 明らかにされていない」 が 「〔米メディアは〕 補強材を使って 患部を修復、強化する「インターナル・ブレース」と呼ばれる方式が採用されたとの見方が広がった」 とある。 (

大谷

別のところでも 「従来の手術ではなく、補強材で患部の修復と強化を図る「インターナル・ブレース」と呼ばれる方式が取りざたされている。」 と繰り返し強調している。 (

大谷

その 「補強材」 って何だろ。
体内に埋め込むのか体外につけるのか知らないが、そんなことをしてルール違反にならないのか。
オリンピックではドーピング剤や興奮剤を使って競技に出るのを禁じられている。
もちろんばねを使って高く跳ぶなど、論外だ。
でも、これはアマチュアスポーツの世界のハナシだ。

米メジャーリーグは "プロ" 野球だから許されるのか。
でもこんなことを許したら、人の欲と技術競争はとどまるところを知らないから、一旦タガ(・・)が外れたらスグに目を覆いたくなる状況が展開されること必至だ。
恐ろしや、恐ろしや

2023.9.21





筆者のプロフィール ↓

shochan31

Author:shochan31
名前が しょうじ なので障子が背景となっている。ペンネームはアルファベットで shochan(しょうじの愛称)だが数字 31 の由来は不明だ。

最近書いた記事 ↓
月別アーカイブ ↓
このブログ内を検索できます ↓
管理者専用 ↓