感動の金環蝕

2012.5.22

きのう〔5月21日〕は世紀の天体ショー,金環蝕。
朝6時17分ころから欠けはじめると聞いていた。
朝5時過ぎに起きたら東の空からまぶしい太陽が昇っていた。
白い雲がところどころにあるが,まこの調子ならなんとか見られそうだ。
日蝕が起こる予報計算はかなり昔(17世紀頃 ?)から行われていたらしいが,天気予報は21世紀になってもいまだに難しい。
面白い。

私は礼文島(れぶんとう)の日蝕を見たし(礼文島に行ったんではなく京都・長岡天神境内のつつじが咲いているところで見た)その後も何度か日蝕(といっても部分蝕だが)を見ているが,以前はみんなガラスにローソクの(すす)をつけて見たもんだ。
いまどこを見てもそんな<伝統手法>は書いてなく,とくに今回は金環蝕ということで『観測用メガネ』が広く普及した。他の方法としては「ピンホール(暗箱)」が紹介されている程度だった。

私はあえて<伝統手法>でお月さんが太陽の手前を横切るのを確認することにした。
予想はしていたがやはり最近のローソクはあまり(すす)が出ないので作るのは昔より難しかった。
1箇所で長くローソクの炎を近づけていると熱でガラスが割れそうなので,ローソクの炎を近づけガラスをさーっと動かし,それを何回も繰り返して(すす)を濃くした。

自家製日蝕ガラス
伝統的手法で作った日蝕観測用ガラス

金環蝕の現象は頭ではわかっていたし,これまで何度か部分日蝕を見た記憶があるがやっぱり感動した。
黒点もよく分かった。
(最大蝕は7時31分ころ)

観測中の筆者
お月さんが太陽の手前を横切っているところを見る

お月さんが太陽の前を完全に通り過ぎてしまうまで何度も見た。
きょうは雨。きのう晴れて本当によかった。

2012.5.22











コメントの投稿

非公開コメント

筆者のプロフィール ↓

shochan31

Author:shochan31
名前が しょうじ なので障子が背景となっている。ペンネームはアルファベットで shochan(しょうじの愛称)だが数字 31 の由来は不明だ。

最近書いた記事 ↓
月別アーカイブ ↓
このブログ内を検索できます ↓
管理者専用 ↓