半夏生(はんげしょう)

2013.6.30

きょうは6月30日。今年も半分が過ぎたことになる。
京都の「両足院(りょうそくいん)」というところに半夏生(はんげしょう)という花が咲いていることを聞いたので出かけてみた。

「両足院」は京都の建仁寺(けんにんじ)というお寺の境内にあるという。
私は京都に生まれ育ったのだが建仁寺の境内に足を踏み入れたことがなかった。
祇園(ぎおん)の近くにありながら表通りに面してなくて、行く道順がややこしいのが行くチャンスがなかった原因らしい。
交通整理員がたくさん出て何事かと思わせるJRA(中央競馬会)の場外馬券売り場(ウインズ)の人混みを抜けるとすぐ建仁寺の境内で、雰囲気はガラリと変わる。
建仁寺は『京都最古の禅寺』と書かれてあった。

境内の案内表示に従って「両足院」に入ると、いまが半夏生の見ごろとあってたくさんの人が訪れていた。
池の周りに半夏生が見事に咲いていた・・・ ではなくて、お寺の方の説明によると白いのは花ではなく葉っぱだという。
葉っぱだと聞いて「へぇ~」

半夏生を鑑賞するシルエットの人物は筆者
両足院の書院から半夏生を鑑賞

説明は続く・・・
半夏生の花は、上に1本出てる細い軸に小さなポツポツが付いているのが花です。
でもこれでは地味なので虫が寄ってきてくれません。そこで花が咲くころには、葉っぱも白くなって虫に知らせるのです。
白くなるのは上から3枚だけです。
表面は白くても裏は緑色のままです。
花が終わればまた元の緑色に戻ります。
半夏生は必要最小限のことしかしないので『究極のエコです』・・・と。

池の周りに半夏生が見事
池の周りに半夏生が見事
生れてはじめて見る半夏生だが、これだけ群生してると見ごたえがある

庭に下りて半夏生の葉っぱをひっくり返してみると、説明の通り裏は緑色のままだった。

上から3枚の葉っぱだけ白くなる
上から3枚の葉っぱだけ白くなる

自然の妙だ。

説明は続く・・・
暦の上では夏至から数えて11日目を半夏生といいます。
今年は7月2日です。
花はその頃が見ごろです。と。

きょうは6月30日だから、いまが見ごろだ。ラッキーだった。

書院から半夏生の群生を鑑賞する人々
書院から半夏生の群生を鑑賞する

私にとって「両足院」というのは余り聞いたことのないお寺だったが、説明を聞いていると・・・

室町幕府を開いた足利尊氏が、当時中国(当時は(げん))に渡って40年間も学問をしている日本人僧がいるというのを聞きつけ、日本に帰ってくるよう呼び寄せました。
その人物は「龍山徳見(りゅうざんとっけん)禅師」といいますが、その徳見が京都で創ったお寺がこの「両足院」です。
徳見が日本に帰国するとき、徳見を慕って一緒に日本にやってきたのが林浄因(りんじょういん)という僧で、彼は中に(あん)を詰めた食べ物 「お饅頭(まんじゅう)」 を日本に伝えました。
従って 「両足院」 は<饅頭発祥の寺>としても有名です。
いまでは<半夏生の寺>の方が有名になりましたが・・・ とのこと。

その話を聞いて「へぇ~」

その子孫が三河(いまの愛知県中部)で起こしたのが「塩瀬(しおぜ)」家で、幕府が江戸に移ったのを機に一緒に江戸に移り、江戸でお饅頭屋さんを営んだのが、現在築地市場の向かいにある「塩瀬総本家」で、明治になってからは宮内省御用達となっています。・・・ と。

またも「へぇ~」

さらに説明が続く。
今年のNHK大河ドラマの新島八重さんはクリスチャンですが、晩年はこの「両足院」のお坊さんと親交を深め、毎月「両足院」に来ては説法を聞きました。世間から「キリスト教から仏教(禅宗)に改宗した」と非難されても八重さんは「他の宗教の話を聞いて何が悪い」と相手にしませんでした。
『ほら、そこにかかっている軸は八重さん直筆の書です』・・・ と。

うん、確かに掛軸がかかっている。「へぇ~」

さらに説明が続く。
来年のNHK大河ドラマは軍師黒田官兵衛ですが、「両足院」は黒田官兵衛ともゆかりがあります。
黒田官兵衛は毘沙門天に帰依していました。
息子の黒田長政は関ヶ原の合戦の折、毘沙門天像(高さ2寸余)を兜の中に忍ばせて出陣して大活躍し、東軍を勝利に導きました。
黒田長政の功績が認められ、中津藩主12万5千石から福岡藩主52万3千石に出世しました。
その毘沙門天像が祀られているのが「両足院」の隣にある毘沙門天堂です。
お帰りの際、お参りください・・・。 と。

またも「へぇ~」

毘沙門天堂
毘沙門天堂

今年も来年も大河ドラマに縁があるとのこと。

説明員の方に「このお寺は説明するネタがいっぱいあり過ぎますね」と声を掛けたら、『余り話すと飽きられるので簡単にしてます』とのこと。
聞いてる方としては「へぇ~」「へぇ~」の連続だったが。

「両足院」を出て建仁寺の境内の境内に出ると『茶碑』と書いた大きな石碑があった。
見ると、建仁寺を開いた栄西(ようさい)禅師が中国からお茶の種を持ち帰って来て日本で広めたのを記念する、と書かれている。
またも「へぇ~」。

境内にある池の周りでは近所の子供たちが糸の先にスルメをぶらさげザリガニ取りに走り回っていた。
京都最古の禅寺も子供たちにとっては恰好の「遊び場」だ。

2013.6.30













コメントの投稿

非公開コメント

筆者のプロフィール ↓

shochan31

Author:shochan31
名前がしょうじなのでしょうちゃんという訳です。

長年 埼玉県越谷市に住み馴れましたが 最近京都市に転居してきました。

最近書いた記事 ↓
月別アーカイブ ↓
このブログ内を検索できます ↓
管理者専用 ↓