スコットランドの屈辱

2014.9.19

あまりテレビを見ない私だが、昼休み、きのう住民投票があったスコットランド独立のことが気になりテレビをつけた。

ちょうど開票作業中で、BBCの画面を交えて開票結果を伝えていた。
見ると、2~3の自治体では「独立賛成票」が反対を上回ったらしいが、ほとんどの自治体では「独立反対票」が上回っていて ホッとした
政治はもとより住民自決で、私のようなヨソ者が口出しすべきでないが、イギリス、もとい、正確には連合王国は分裂してほしくなかった。
予想される幾多の混乱は避けてほしかった。

カメラを構えて待っていたら、しばらくしてNHKニュース速報が流れた。
BBCが「反対多数が確実になった」と報じたという。


1時17分、NHKニュース速報が流れた

個人的には3年前にエジンバラに行ったことがある。
観光コースのエジンバラ城に行ったとき、城内の一室にスコットランド王が代々戴冠してきたという石が展示されていた。

その石は昔イングランドに奪われ、ロンドン・ウエストミンスター寺院に置かれ、イングランド王はその石の上で代々即位してきたという(戴冠式?)。つまり、イングランド王はスコットランドも支配するという意味になる。
しかし、その石は最近エジンバラ城にもどされ、いまここにある、という説明を受けたのを思い出した。
スコットランドは昔からイングランドから 屈辱を受けてきた のだ。

観光旅行だったので現地住民の声を聞いたわけではないが、イングランドとは異なるいろんな風習がスコットランドにはある話はガイドさんの説明にもたくさんあった。

今回の投票で 「スコットランド独立反対多数」 と言っても数字は拮抗している。
最近ではサッチャーさんの時代に、スコットランドをいじめる政策がとられたらしいと聞く。
独立賛成派の不満はくすぶり続けるだろうから、今後はスコットランドをなるべくいじめないで、仲よくやっていただきたい。

今回私が感心したのは、投票率が 90% という自治体もあり、軒並み投票率はとても高かったことだ。
日本の選挙だと30%台というのも珍しくない。
しかも投票日は日本と異なり平日である。
いくら「住民の関心が高かった」とはいえ、じゃ日本で憲法改定の賛否を問う国民投票になったらどうか。
60%もいけばいいとこじゃないか。
スコットランド人の政治意識の高さには脱帽した。

2014.9.19










コメントの投稿

非公開コメント

筆者のプロフィール ↓

shochan31

Author:shochan31
名前が しょうじ なので障子が背景となっている。ペンネームはアルファベットで shochan(しょうじの愛称)だが数字 31 の由来は不明だ。

最近書いた記事 ↓
月別アーカイブ ↓
このブログ内を検索できます ↓
管理者専用 ↓