安倍さんのアイデア

2015.3.29

きのうの新聞に、安倍さんが『夏季の始業時間を1時間程度早める』という夏の生活スタイルの変革を指示したという記事が小さく出ていた。
外交に内政に超多忙な方が、こんなことまで気にされているとは驚きだったし、敬服もした。

きのうの新聞記事
きのうの新聞記事 (© 産経新聞)

欧米先進諸国で実施されている「サマータイム」(実際は Daylight Saving Time )をわが国でも取り入れようという動きがあるのに対し、私はかねてから反対だった。

彼らの主張は「省エネになる」「サマータイムを実施していない日本は、先進国のライフスタイルに後れをとって恥ずかしい」等々だ。

私が反対する理由は、サマータイムは<地球1周360°を24時間に振り分けた時差の秩序を乱だす>というものだ。
先人が決めた秩序を乱すと混乱をきたす。
私が初めて(日本から)アメリカに行ったとき、地図で計算したら〇〇時のはずがどうも1時間ずれてるみたいで、何度計算し直しても、私がどこで間違っているのかまったく分からず、しばらく当惑した。そのときは5月下旬だったが、アメリカは夏時間( Daylight Saving Time )だったのだ。まわりの人に恐る恐る尋ねてやっと謎が解けた。もう44年も前になるが、そのときのことは鮮明に覚えている。
このように、いまでも国際航空会社各社は、飛行時間と現地到着時間を表すのに苦労していると思う。
ほとんどの乗客も、航空会社がいうのを鵜呑みにして自分の腕時計を調節してるんではないだろうか。

余談だが、私は国際的な仕事をしている関係で、いま相手は何時か知る必要があるときがある。
そんなとき便利なのが、昔 海外旅行するときに空港で貰った「時差早見ダイヤル」だ。
使い古してボロボロになっているが、いまも重宝している。

愛用の「時差早見ダイヤル」
いまも重宝している「時差早見ダイヤル」
日本が朝9時のとき ニューヨークは(前日の)夜19時だ
だたし サマータイム期間中は20時だというわけ

時刻表示の下に私が書き加えたのがいわゆるサマータイムの時間だ。
<秩序を乱す>サマータイムがなければ、こんな手間も要らないんだけど・・・ 。

話を本題に戻して・・・
欧米式サマータイムで最近私が問題視するのは時計とタイマーの時間調整のことだ。
言うまでもないことだが、春(サマータイム開始時)秋(サマータイム終了時)の2回には、すべての時計はもちろんこと、目覚まし時計やテレビの録画予約など、すべてのタイマーを調整しなくてはならない。
これは私個人のレベルだが、産業界や公共事業など社会全体を考えると膨大な作業となる。
ま、そのうち自動調整機能でちゃんとなるかも知れないが、これは膨大な労力のロスだ。

さて、安倍さんのアイデア。
これは<地球1周360°を24時間に振り分けた時差の秩序>を変えずにサマータイムを行おうとするアイデアだ。
私はかねてからサマータイム導入には反対だったが、どうしてもサマータイムを導入するなら、時差の世界秩序は変えずに自分たちの生活を変えたらいいと考えていた。
わが意を得たり ! と思って 溜飲を下げた

ところで日本も昔マッカーサーの時代に「サマータイム」を実施したことがあるという。
昭和23年から26年まで4年間だったという。
私の小学校1年から4年までのことだが、記憶にない。
私の親は「みんな、サマータイムではいま〇時やけど、ほんまは〇時や、と考えて ちょっとも根付かへんかった」と笑っていた。
そんな記憶だけが残っている。

日本人はアタマがいいから、〇時だと言われても、「ほんとは〇時だ」とすぐ計算してしまう国民性が邪魔したんだろう。
そんなことを思った。

2015.3.29










コメントの投稿

非公開コメント

筆者のプロフィール ↓

shochan31

Author:shochan31
名前が しょうじ なので障子が背景となっている。ペンネームはアルファベットで shochan(しょうじの愛称)だが数字 31 の由来は不明だ。

最近書いた記事 ↓
月別アーカイブ ↓
このブログ内を検索できます ↓
管理者専用 ↓