滋賀県に感謝

2018.3.24

京都の街なかに掘割りがある。
滋賀県のびわ湖から 『びわ湖疏水』 をとおって京都市内に入ったところで水路の幅が広くなって、掘割りのようになったところだ。
その掘割りに船を浮かべて遊覧船が春の観光シーズンだけ運航される。
ことしは3月24日(土)から5月6日(日)まで。

題して 『 岡崎 さくら・わかば回廊 十石(じっこく)舟めぐり
桜の頃を過ぎて若葉の頃にも運航されることにちなむ名前らしい。

調べてみたら、2003年に運行され翌2004年から桜の頃に定期的に始まった遊覧船らしい。
5年前私が京都に引っ越してきたときにはあったことになるが、関心なかったので、乗ったことはなかった。
きょう初日で、招待券をいただいたので乗せてもらった次第だ。

ご招待券
いただいた乗船券

むかし物流の多くを船運に頼っていた日本。
大阪から京都までは三十石船で来たらしいが、京都は川が狭いので小さい船に積み替えたらしい。
それが 「十石船(舟)」 の名前の由来だとか。

まず救命胴衣をつける。

救命胴衣
まず救命胴衣をつけて ・・・

救命胴衣はとても小さいので、こんなんで体が浮くんですかと聞いたら、「これはスグレモノで、センサーは水を感知すると自動で膨らみます」 との説明。
あー、そうですか。
紐を指さして 「もし開かないときはこの紐を引っ張ってください」 とのことだった。

いよいよ出発。
往復 3 km 約 25 分の遊覧だ。

十石舟めぐり
別の十石舟とすれ違う

惜しいことに、まだ初日なので掘割りの両岸に植えられているソメイヨシノはまだだ。
京都ではきのう 「開花宣言」 が出たばかりだ。

十石舟めぐり
低い橋の下をくぐるときは天井が下りてくる

でも天気に恵まれて、顔に当たる風も心地よい。

明治時代に作られた 『びわ湖疏水』 は京都市民の飲料水だけでなく、このような船運や発電にも使われた。
飲料水はいまも京都市民の貴重な水源だし、発電も少量ながら行われているという。

そんなことに感謝しながら船旅を楽しんだ。
ただし、桜には早かったことが悔やまれた。
桜は来週ぐらいには見ごろをむかえ、30日(金曜)から4月10日までは夜のライトアップもあるという。

2018.3.24

---------------------------------------

追記

京都市は琵琶湖の水を貰ってるので滋賀県に 『疏水感謝金』 として年間2億3,000万円支払っているとのこと。(※ 2016年度以降の年額)
『感謝金』 だから、お水を購入した “代金” ではなく、貰っている感謝の意味を込めた “お礼” ということになる。
私も京都市民だし、市民税を払っている。
だから、私も滋賀県に感謝している訳だ。
いやホント感謝してますよ。
滋賀県に。





コメントの投稿

非公開コメント

筆者のプロフィール ↓

shochan31

Author:shochan31
名前が しょうじ なので障子が背景となっている。ペンネームはアルファベットで shochan(しょうじの愛称)だが数字 31 の由来は不明だ。

最近書いた記事 ↓
月別アーカイブ ↓
このブログ内を検索できます ↓
管理者専用 ↓