なぁんだ珍しくない

2019.4.7

我が家のプランターに植えてあるゼラニウム。
かつては赤い花がよくついたが、気のせいか最近は花があまり咲かなくなっていた。
それでも背丈だけは大きくなるし、1年以上もほったらかしにしてあった。

そのプランターのゼラニウムの土に雑草が繁り、薄紫色の小さな花がたくさんついていた。
春の訪れ だ。

雑草
雑草が繁り、薄紫色の小さな花がたくさんついていた

おやおや? なんの花だろう。

雑草
特徴ある形をしている

ぐっと近づいて見ると、花は近くの京都御苑でよく見かける 『ムラサキサギゴケ』 みたいだ。
この形は 特徴ある形をしているからすぐわかる。

雑草
ムラサキサギゴケ みたいだなぁ

ムラサキサギゴケ私のアルバムから ムラサキサギゴケ の写真を引っ張り出してきた。

うーん、とってもよく似ている。
ん? これも ムラサキサギゴケ だろうか。
でも、ムラサキサギゴケ の花( )に比べてやや小さい気がする。

念のためインターネットで調べてみた。
ムラサキサギゴケ によく似た花として 『トキワハゼ』 という雑草が載っていた。

そして、そこには
「トキワハゼとムラサキサギゴケは花ばかりでなく,全体の感じもよく似ている」
「ムラサキサギゴケは基部から細長い ほふく(匍匐)する枝をだして繁殖するが、トキワハゼは ほふくする枝をださず、花茎を直立させる」
などと書かれてあった。

もういちどプランターに戻って生え方を見ると、花茎が直立していた。

雑草
花茎が直立している

この雑草は やっぱり トキワハゼ だろう、ということになった。
花茎が直立しているというのが決め手になった。

へー、こんな草が我が家にも !! と思って感心していたら、「東アジアの熱帯から温帯に広く分布し、庭や道ばたに普通にみられる雑草」 だと書かれている。

なぁんだ、ちっとも珍しくない んだ。
しかし普段はあまり見かけないから、貴重な存在と言っていいのだろうか?

2019.4.7





【過去の関連記事】 なぁんだ、珍しくなかった
三日月と金星が並ぶ (2017.1.2)
庭や道ばたに普通にみられる雑草 (2019.4.7)






コメントの投稿

非公開コメント

筆者のプロフィール ↓

shochan31

Author:shochan31
名前が しょうじ なので障子が背景となっている。ペンネームはアルファベットで shochan(しょうじの愛称)だが数字 31 の由来は不明だ。

最近書いた記事 ↓
月別アーカイブ ↓
このブログ内を検索できます ↓
管理者専用 ↓