英断 ! 和風バス停

2020.6.21

きょう夕方 所用で外出したら、ウチの近所にある京都市営のバス停 「一条戻橋・晴明(せいめい)神社前」 が新しくなっていて驚いた。

市内にはこれまで切妻の和風公衆トイレや、瓦葺の公衆電話ボックスはあったが、和風デザインのバス停は初めてではないか (私が知らないだけかもわからないが)。
歴史と伝統文化の町京都にふさわしいデザインだと思うし、私としてはうれしいアイデアだ。
京都市交通局の英断に拍手を送りたい。

バス停
軒下には 「晴明神社」 の標識板(額?)

バス停は 堀川通、9号系統、12号系統の「一条戻橋・晴明神社前」の北行きバス停だ。

バス停
文字どおり晴明神社前だ

軒下には 木製の 「晴明神社」 の標識板(額?)も掲げられている。
そして、軒瓦や巴瓦には晴明神社の神紋「五芒星」がついている。
これらの瓦は誂えて焼いたようだ。

バス停
巴瓦には 五芒星 が見える

バス停
軒瓦にも 五芒星

map233.jpgデザインが変わっただけでなく バス停の位置も、従来は一条通北詰にあり、一条戻橋の真ん前にあったが、約 100m 北へ移動し、晴明神社の前に設置された。

バス停は、堀川今出川と堀川中立売間 約 500m の中間にあり、堀川中立売からは約 120m しか離れていなのに、地元の市会議員の働きで一条通(堀川一条)にこのバス停が設けられたと聞く。

一条通にあるし、目の前にある一条戻橋にちなんで、バス停の当初の名前は 「一条戻橋」 だったが、晴明神社が観光地として注目を浴びてからは 「一条戻橋・晴明神社前」 となった。

しかし、バス停の位置は依然として「一条戻橋」の真ん前だった。

この度、晴明神社に引かれて、バス停の位置が晴明神社の真ん前に移動してきた。

そのうち一条戻橋がうしろにまわされて「晴明神社前・一条戻橋」となったり、或いは一条戻橋が抜け落ちて「晴明神社」または「晴明神社前」となるやも知れない。

まこと、有為転変は世の習いであることよ。

2020.6.21









コメントの投稿

非公開コメント

筆者のプロフィール ↓

shochan31

Author:shochan31
名前が しょうじ なので障子が背景となっている。ペンネームはアルファベットで shochan(しょうじの愛称)だが数字 31 の由来は不明だ。

最近書いた記事 ↓
月別アーカイブ ↓
このブログ内を検索できます ↓
管理者専用 ↓