なぜ月の庭と呼ぶか

2022.4.30

京都検定で、京都にある「雪月花の三庭園」は各々どこにあるか、という問題が出たことがあったそうな。
それは、「雪の庭」(妙満寺・成就院)、「月の庭」(清水寺・成就院)、「花の庭」(北野天満宮・北野成就坊) で、江戸時代の初めの頃に松永貞徳(1571-1654)という人が、京都に「成就(じょうじゅ)」と名のつく3つのお寺各々にひとつずつ庭を作ったのだという。
京都観光では常識問題らしいが、私には殆んど関心がなかった。

おとといの新聞に 「月の庭が特別公開(・・・・)される」 と載っていた。

紙面
© 京都新聞 2022.4.28 朝刊 p.18 から

へぇー、特別公開 かぁ。
なかなか見せてもらえないのか ―

それなら、 「月の庭」 も見てみようかという気になった。
先日は 北野天満宮の 「花の庭」 に行っていることだし ・・・
ちょうどきょうは好天気。

月の庭
緑の庭を飽かず眺める訪問者

ところで、この庭を なんで 「月の庭」 と呼ぶのか

上記の新聞記事には 『池に映る月を眺めることから名付けられた』 と書いてある。
庭はこちらの建物(書院)の北側にある。
月は見えないし ・・・
尤も 庭に出て南の方角を見れば月が見えないことはなさそだが、建物が邪魔だろ。
おかしいなぁ。

それで、お寺の方に聞いてみたら 『月の明かりでこの庭を見るのです』 と即答。
なるほど。
まぁ昔は、(庭の作られた江戸時代は) 夜は明かりがなければ漆黒の闇だ。
でも、満月あるいはその前後なら月明かりもけっこう明るかったろう。
しかし、月明かりで庭の何を見るというのか。
むむー、これも正解ではなさそだ。

結局のところ、雪月花と三拍子そろって縁起がいいから名づけた ― という単純な動機だけで、とくに意味はなさそだ。

いまは新緑のまぶしい時期だから、明るい庭は美しい。
「月の庭」 ならぬ 「新緑の庭」 だ。
とり立てて趣向を凝らした庭とは言い難いが、この庭には珍しいものが配されている。

烏帽子岩 ― つるつるした岩だがなるほど烏帽子の恰好をして珍しい石だ。
手毬燈籠 ― 火袋が手毬のようにまんまるで変っていて珍しい。
三角燈籠 ― 「竿」(さお)の部分が三角柱で、これは珍品だ。

そして極めつきは
誰が袖手水鉢 ― 細長い手水鉢に面白い形、上記の新聞記事には 「袖の形に見える」 とある。袖の形らしき水溜りは実にユニーク。これも珍品だ。

誰が袖
誰が袖手水鉢 ( 清水寺-御朱印.jinja-tera-gosyuin-meguri.com から)

この風変わりな手水鉢は、案内書に 「豊臣秀吉の寄進と伝える」 とある。
青蓮院の 一文字手水鉢 も風変わりな手水鉢で、こちらも 「豊臣秀吉の寄進」 という。
事実とすれば豊臣秀吉はなかなかの数寄者ではないか。

珍品といえば、この建物(書院)の室内と縁側を仕切る戸はすべてガラス戸だが、波打って見える昔のガラスだ。
尤も、明治か大正か、いずれにしても戦前のものだろうけど、江戸時代のもんじゃない。
とはいうものの、こんな大きな板ガラスは貴重だ。
お寺の方は 「西側の窓ガラスは、波は縦ですが、北側は波が横です」 と自慢げだった。

まぁ、そういった珍品を眺められたのが、本日の収穫だった。

2022.4.30


【過去の関連記事】 京都 雪月花の三庭園
雪の庭(2023.1.25) 雪の庭、命名の由来
月の庭(2022.4.30) なぜ月の庭と呼ぶか
花の庭(2022.3.4) 再興された 花の庭






コメントの投稿

非公開コメント

筆者のプロフィール ↓

shochan31

Author:shochan31
名前が しょうじ なので障子が背景となっている。ペンネームはアルファベットで shochan(しょうじの愛称)だが数字 31 の由来は不明だ。

最近書いた記事 ↓
月別アーカイブ ↓
このブログ内を検索できます ↓
管理者専用 ↓