変幻自在の日本語

2022.10.30

またも日本語の話題におつきあいください。
きょう或るコンビニの壁面に 『#めちゃハピ ハロウィン』 という表示を見て、ハハーン、あしたはハロウイーンだからな・・・ と思ったが、その表現に恐れ入った。

コンビニ

#めちゃハピ」 というたった6文字に惹きつけられ、とっても興味深く見つめた。

」 はハッシュタグ記号で、インターネットでこのことば検索して!という意味だ。
めちゃ」 は 「滅茶苦茶」 の省略形だと思うが、国語辞典による語義説明は 「まったく筋道のたたないこと」「どうにもならないほどこわれること」 だが、転じて 「程度のはなはだしいさまを表わす語」 となっている。つまり、「非常に」「とても」 という意味だ。
はぴ」 は英語で 「嬉しい」「楽しい」 を意味する 「はっぴー(happy)」 を短縮したもので、日本語にはよく見られる現象だが、英語ではもちろん通じない。

こんな日本語表現ができるのも、フレキシブルな日本語のおかげだが、それが却って 〔外国人には〕 難解と感じられるのだろう。

この掲示は 〔ハロウィーンを楽しむ〕 子供向けと思われるが、こんな常軌を逸した(?)日本語に慣れ親しむ次世代の日本人は、日本語をさらに多様化していくことだろう。

2022.10.30










コメントの投稿

非公開コメント

筆者のプロフィール ↓

shochan31

Author:shochan31
名前が しょうじ なので障子が背景となっている。ペンネームはアルファベットで shochan(しょうじの愛称)だが数字 31 の由来は不明だ。

最近書いた記事 ↓
月別アーカイブ ↓
このブログ内を検索できます ↓
管理者専用 ↓