やっぱり根元から

2023.3.20

京都御苑で、例のフォークのような形になった松の木( こちら )が気になっていた。
その後、まだ立ってるかな? と思って見に行ってみると根元から切られていた。
あらら ・・・

伐られた木
根元から伐られたのを知ったのは先日〔3月17日〕だったが、天候の都合できょう撮影した

根元からスッパリ切られていた。

onsa_024.jpg
こちらは、フォーク型に剪定されたとき(2023.2.28)の様子

植栽の専門家から 「松をあんな形に剪定したらあかん。新芽が出んようになる。そのうち根元から伐られるん違うか」 との声も聞いていたが、一方で 「京都御苑の新しい "モニュメント" として残すのではないか」 との声もあった。

伐られた木

しかし、すっぱり伐られたのだ。
腐食が進んでいたのか、害虫にやられたのか、わからない。

onsa_025b.jpg
フォーク型に剪定されたとき(2023.2.28)の様子

近づいてよく見るときれいさっぱりなっていた。

伐られた木
こちらは根元から伐られたきょうの様子

onsa_027.jpg
フォーク型に剪定されたものの伐採されてないとき(2023.2.28)の様子

伐られた跡を見ていたら、人が寄ってきた。

伐られた木

そして、しげしげと年輪を見ていた。

伐られた木

この松の木は残念ながら "モニュメント" とはならなかったが、奇妙な形の "モニュメント" として残らなかったほうがよかったかもわからない。

2023.3.20







コメントの投稿

非公開コメント

筆者のプロフィール ↓

shochan31

Author:shochan31
名前が しょうじ なので障子が背景となっている。ペンネームはアルファベットで shochan(しょうじの愛称)だが数字 31 の由来は不明だ。

最近書いた記事 ↓
月別アーカイブ ↓
このブログ内を検索できます ↓
管理者専用 ↓