珍しい不思議な停電

2012.11.22

きょう午前11時頃瞬間停電があった。
日本では停電はほんとに珍しいハプニングだと思う。
(尤も、去年3月11日に起きた東日本大地震のときは私は埼玉に住んでいましたが、地震のあと「計画停電」というものを3回ほど経験しましたが。)

パソコンがダウンし、照明も消えた(瞬間停電だったためすぐ点いたが)。
パソコン画面が真っ黒になったので一瞬たじろいだが、照明も消えたので珍しいけどこれは停電に違いないと思った。
だがこれは我が家だけのハプニングなのかどうかすごく気になった。
もし我が家だけの現象なら原因究明と対策が必須だから。

私の住んでいる地域(京都市上京区)一帯の停電なら関西電力のウェブサイトに速報されるだろうと思ってすぐ見てみたが、何にも出ていなかった。

関西電力のウェブサイト

念のため関西電力の近くの京都営業所に電話してみた。
問い合わせの電話が殺到しているのかどうかは分からないが、なかなかつながらなかった。
やっと電話がつながって聞いてみると「確かに京都市全域で瞬間停電がありました」との説明。
「原因は何ですか」と聞いてみたら「原因はいま究明中です」との答えだったので電話は一旦切った。

日本の電力は安定していて停電などまず起こらない。
だからきょうの停電はほんとに珍しいと思う。
一体どうしたんだろうと思うと同時に、原因が分からないとは不思議なことだなぁ、と思った。

2012.11.21

【追記】
きょうもう一度関西電力の上記のウェブサイトで『停電履歴情報』をチェックしてみたら1件でていた。
▲ 2012年11月21日22時20分 発生
● 2012年11月22日02時51分 復旧
(停電地域)大阪府 大阪市 西区 江戸堀2丁目
(発生軒数)約280軒

この大阪の情報だけで京都のことは出ていなかった。
瞬間停電といえども「京都市全域」がほんとなら大事件だと思う。
新聞記事になってもいいくらいだ。

大事件なのに報道されない(みたいだ)し、関西電力のウェブサイトも黙殺している。
原因不明だった。

どうしたんだろう、というきのうからのもやもやした気持ちが払しょくできない。

2012.11.22










コメントの投稿

非公開コメント

筆者のプロフィール ↓

shochan31

Author:shochan31
名前が しょうじ なので障子が背景となっている。ペンネームはアルファベットで shochan(しょうじの愛称)だが数字 31 の由来は不明だ。

最近書いた記事 ↓
月別アーカイブ ↓
このブログ内を検索できます ↓
管理者専用 ↓