近づくと水が出ます

2023.12.30

年の瀬も押し迫ったきょう、所用で近くを通ったので晴明神社に立ち寄った。
こんな時期と云うのに、いやこんな時期だからか、参詣者でにぎわっていた。

晴明神社

境内にある手水舎(ちょうずしゃ)の手水鉢には水がないし、筧(かけひ)から水も出てない。
おや?

晴明神社

と思って近くに寄ると 「近づくと水が出ます」 との表示。
ナルホドぉー、センサー式か。
そりゃいいわ。
古来京都は水が豊富で、清冽な地下水がいくらでも出る土地だった。
しかし、いまや水は貴重な存在だ。

晴明神社

などと、思って見ていると参詣者がやってきた。
この写真ではカメラのシャッタースピードの加減で水はちょろちょろとしか出てないように見えるが、実際はじゃぁーっと出る。
こりゃ、柄杓(ひしゃく)も要らんから便利だ。 (口を漱(すす)ぐのには不便だが)

晴明神社

当然ながら人が去れば水は止まる。

晴明神社

どこか上にでもセンサーがあるのかなと探してみたが、セキュリティーカメラしか見当たらなかった。

2023.12.30







コメントの投稿

非公開コメント

筆者のプロフィール ↓

shochan31

Author:shochan31
名前が しょうじ なので障子が背景となっている。ペンネームはアルファベットで shochan(しょうじの愛称)だが数字 31 の由来は不明だ。

最近書いた記事 ↓
月別アーカイブ ↓
このブログ内を検索できます ↓
管理者専用 ↓