鳳凰とはいかないが

2024.3.18

先日、入院している家内との面会を終え、京都御苑の中を通って帰る道すがら、西の空に飛行雲が見えた。
たった3本だし、まぁ大したことないわ・・・ と思ったけど一応カメラに収めた。

雲
3月16日午後17:25 撮影

と云うのは、数日前 知人から 「こんな写真が撮れた」 と私に送ってきたことがあった。

天女
知人がスマホで撮った写真、3月14日午前11時頃京都・金戒光明寺境内で

うーむ、なるほどこれは珍しい瞬間を撮った写真だ。
「人に見せたら "天女が舞い踊ってるみたいやね" と云われた」 とのことだった。
それが頭にあったので、この光景を見た私は (飛行雲がたった3本で、あんなにたくさんの筋はないけど ・・・) と思いながらも 3本の飛行雲を撮ったのだった。

雲

そして、「たった3本やけど、私もこんな光景を見た」 とコメントをつけてその知人に送った。
そしたら、その知人から 「後光と共に鳳凰が天空を舞っているように見える」 との返事が返ってきた。

指摘されて初めて気づいたが、上空の雲の塊は、見ようによっては鳥のような形に見える。
ま、鳳凰というのはちょっと言い過ぎ(褒め過ぎ)だけど。

西空
鳳凰とはいかない

鳳凰とはいかないが、偶然撮れた面白い写真の話でした。

2024.3.18






コメントの投稿

非公開コメント

筆者のプロフィール ↓

shochan31

Author:shochan31
名前が しょうじ なので障子が背景となっている。ペンネームはアルファベットで shochan(しょうじの愛称)だが数字 31 の由来は不明だ。

最近書いた記事 ↓
月別アーカイブ ↓
このブログ内を検索できます ↓
管理者専用 ↓